• もっと見る
« その他 | Main | 子育て団体»
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
孤立しない シェアする子育て・地域結び 「HappyはぐHeart」 [2023年01月05日(Thu)]
孤立しない シェアする子育て・地域結び
「 Happy はぐ Heart 」

image_123986672.JPGimage_123986672 (1).JPG

『遊び×食育×生活』をテーマに、親子で楽しく「共に学び」「成長する」人と人とのつながり広げる「ほっとできる場の提供」「情報発信」と、ニーズに合わせた講座やワークショップ、遊びイベントなどの企画、開催をしています。

●Happy はぐ Heart とは、どんな団体?
孤立しない「みんなでシェアする子育て・地域福祉」を目指し、サポート仲間が集い2013年3月3日に設立。地域で子育て仲間や応援者を増やし、生活の中での喜び・不安・疑問などを共感し合いながら、「自分らしい子育てや生活」を見つけ、人と地域がつながるカフェ会や交流会を通してお互いの価値観を認め、地域や社会へつなげる学びの各種ワークショップを開催しています。


〜メンバー募集について〜
●はぐフレンズメンバー
講座やイベントの参加を楽しむ。特技や資格を形にしたい!など、事務局と一緒にシェアする子育て・地域結びの手伝いをしたい方(各種特典あり、入会費300円)。

●はぐサポートメンバー
あまり活動はできないけど、活動に協賛・応援したり、富士市の子育て地域支援活動を応援して頂けるという個人や団体、法人、企業の方。
個人、市民団体 一口300円〜(負担にならない程度のご協力をお願いします)
法人企業 一口1000円〜
※LINEグループに参加可能

●はぐLINEメンバー
入会費無料のLINEメンバーに招待。皆とシェアしたいことや気になる情報、イベント等の投稿が可能。

協同代表:大貫薫子 & 大村里美
事務局:〒416-0901 静岡県富士市岩本168-11

富士市のページにも詳細があります!
メンバー募集や活動などの詳しい内容は事務局までお問合せ下さい晴れ
富士市・富士宮市で不登校・ホームスクールお話し会を開いている団体さんです [2022年08月18日(Thu)]
不登校・ホームスクールお話し会を開いている団体さん
 ゆ る り と 

おうちの人の横の繋がりが出来、おうちの人が安心し、それが子どもの安心に繋がっていきますように。
そんな願いから、会の名前が「ゆるりと」となりました。
「ゆるりと」ではお話し会や様々なイベントを通し、お子様のことで日頃思っていること、感じていることを語り合う貴重な時間を提供しています。

例えば・・・
・学校とどんな話し合いをしている?
・登校登園を嫌がっている時、どうしたらいいのかな?
・休み癖ってあるの?
・休んだ時の連絡は?給食費は?
・休んだ日の過ごし方は?
・お留守番や親の働き方
・進路は?勉強は?
・ホームスクールって何?

などなど。
ひとりじゃないよ。もやもやしていることを一緒にお話ししましょう!


20220818140314704_0001.jpg

会は当日キャンセルもOK、途中参加途中解散もOK。
その日の体調や気分を第一に考えて行われています。

お話し会やイベント開催情報は下記にて掲載されています。
是非ご覧ください!

↓Facebookはこちら↓

↓Instagramはこちら↓


かわいいかわいいモヤモヤして気分が沈んでいる時は、誰かと会って話をするだけで、心が晴れたり穏やかになりますよね!
このような貴重な機会、是非参加されてみてはいかがでしょうかかわいいかわいい
【団体紹介】パパスイッチ [2021年12月02日(Thu)]
父親育児応援団
パパスイッチ
パパが子育てを正しく学ぶと、家族がもっと笑顔になる

活動内容
・パパ同士の情報交換・勉強会
・親子イベント
・子育てに関するセミナーや講演会

会員募集
一緒にイベントの企画、団体を盛り上げてくれる会員を募集してます。


20211202161305380_0001.jpg20211202161305380_0002.jpg
ふじ応援部 [2021年11月01日(Mon)]
「ふじ応援部」
ふじ応援部とは鷹岡まちづくりセンター講座「ママ部!」から誕生。
現在、ふじ応援部は富士市ブランドメッセージ
「いただきへの、はじまり 富士市」のもと、市の魅力を発信し、まちを盛り上げる市民チームです。
平成29年度に発足 市の公式Facebook「いただきへの、はじまり富士市」を市職員と一緒に運営しています。
全6回養成講座を修了した受講生の皆さんが市長から任命を受け
「ふじ応援部」として活動しています。

「ふじ応援部の活動紹介の冊子を配架しました。
20211101193610895_0001.jpg

ふじ応援部」任期を終えたら「ふじ応援部NEXT」として、卒業後も富士市の魅力を発信し続けています。

ぴかぴか(新しい)あなたも「ふじ応援部」で富士市の魅力を発信して
みませんか?ぴかぴか(新しい)

毎年4〜5月ごろ「ふじ応援部養成講座」の受講生を募集!

■募集要項等詳細は広報ふじや市ウェブサイトで
 お知らせします。

お問合せ
富士市総務部シティプロモーション課
電話0545-55-2958
FAX0545-51-1456
Eーmail:so-citypro@div.city.fuji.shizuoka.jp






『 Happy はぐ HEART 』ってどんな団体? [2021年08月31日(Tue)]
つなぐ♡つながる♡つなげる
『 Happy はぐ HEART 』


「 遊び × 食育 × 生活 」をテーマに親子で楽しく遊べる
イベントやワークショップを企画・開催しています


団体概要
共同代表 大貫薫子、大村里美
Mail   happyhugheart@gmail.com
事務局  416−0901 富士市岩本168−11

孤立しない「みんなでシェアする子育て・地域福祉」を目指し2013年3月3日に設立。
活動や講座イベントに参加や応援してくださる方!
スキルを活かして講座を開催したい方! 随時募集しています。





44960060_461987940874122_5951841541357043712_n.jpg



『 Happy はぐ HEART 』の由来
誰もが健康で幸せ(Happy)な自分らしい生活を育て(はぐ)、
互いに心(Heart)が共感できる繋がりと、子育てしやすい「まち」
を目指しています。


活動内容
・スマイルサロン
・子育て親支援プログラム
・食・健康ワーク
・環境ワーク
・防災ワーク
・ハッピーワーク
・地域応援
・情報発信 など

子どもの笑顔を守る会 [2021年05月18日(Tue)]
子どもの笑顔を守る会

コロナ感染症でマスクをつけていると、どうしてもこどもの表情が見えないし、見せられないいまだからこそ「子どもの心の発達に影響はでるの?」などの不安や「マスクがないと不安になる」と言った意見もあります。

この会では小さい疑問をオンラインにて周りの人とそれぞれの思いを尊重しあい交換を行っておりますわーい(嬉しい顔)

子どもたちの笑顔が見たい
こどもたちに笑顔を見せたい

今までの「当り前」に捉われることなく
子ども達と一緒に
曇りなきまなこで世界を見つめてみませんか?

20210518140507177_0001.jpg

子どもの笑顔を守る会

団体紹介90【ボーイスカウト富士地区】 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介90

ボーイスカウト日本連盟  静岡県連盟
    (ボーイスカウト富士地区連絡協議会)


◆活動趣旨</span>
ボーイスカウト運動の始まり

創始者
ロバート・ベーデン- パウエル卿
(1857年〜1941年)

ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成する世界的な運動です。
この運動は、1907年にイギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートしました。
かねてから少年たちの教育に大きな関心をもち、このキャンプを主宰したイギリス人のロバート・ベーデン-パウエル 卿 は 、インドや南アフリカでの体験をもとにさまざまな野外教育を通じて、少年たちが男らしさを身につけ、将来社会に役立つ人間に成長することを願い20人の子どもたちとともに実験キャンプを行いました。
このキャンプの体験をもとに、翌年『スカウティング フォア ボーイズ』という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどの中で発揮させ、「遊び」をとおして少年たちに、自立心や協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。

日本には、1908(明治41)年にボーイスカウト運動が伝わり、全国各地に色々な少年団が数多く作られましたが、その後、全国的な統一結成への動きが起こり、1922(大正11)年4月13日に「少年団日本連盟」が創立され、ボーイスカウト国際事務局に正式加盟し、世界の仲間入りを果たしました。これが日本におけるボ ーイスカウト運動の始まりです。

ボーイスカウト静岡県連盟は、14地区・103の団で
約5000人のスカウト・指導者が活動しています

静岡は、ボーイスカウト日本連盟誕生の地

ボーイスカウト運動が日本の各地に生まれたのは大正の初めでした。 大正10年(1921年)11月に「少年団静岡連盟」が結成されました。次の年大正11年4月に静岡市城内尋常高等小学校(現静岡市立葵小学校)で「第1回全国少年団大会」が開催され「少年団日本連盟」を結成、ボーイスカウト国際連盟に加盟登録し世界中のボーイスカウトの仲間入りをした。この歴史的行事を記念した「スカウト像」が、誕生の地である静岡市立葵小学校の正門横に昭和47年(1972年)に設置されています。


富士地区の紹介 
     富士地区には1団・2団・4団・6団・8団・9団・10団
           11団・14団・15団が活動しています。
    下記WEBページに構成が掲載されていますのでご覧ください。

    http://www.techtron.co.jp/bs6/fuji-chiku.htm

  富士地区連絡協議会の連絡先
        電話 0545-51-6445  (伊藤)

    



団体紹介93 一般社団法人 まちの遊民社 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介93
一般社団法人 まちの遊民社


◆発足
まちの遊民社は、平成21年3月24日に富士地区初の一般社団法人として認証登記、
非営利型一般社団法人として公益事業を推進するための活動を開始しました。
一般社団法人とは、公益法人制度改革に伴い、
平成20年12月より営利を目的としない団体であれば、
一般社団法人としての法人設立ができるようになったものです。


◆趣旨
まちの遊民社は、中高生世代や青少年時代の皆さん、
更に多様な視点での市民の社会参画の実現を図るための事業に取り組んでいます。
そのために、各分野の市民活動団体や支援組織及び企業・
行政等の連帯・ネットワークの拡充を図ります。
また、情報誌発行やウェブサイトでの発信、講演会やセミナー等のイベント企画を通して、
市民の皆さまへの広報活動にも活発に取り組んでいます。
そういった活動を基に豊かなまちづくりのための活動を展開していきたいと考えます。


◆目的
まちの遊民社は、市民の皆さまの社会参画の機会を豊かに大きく広げていくことにより、
人が人として豊かにくらすことのできる地域社会を育んでいきたいという願いのもと
設立、市民の皆さまと共に、豊かなまちづくりのための活動を展開していきたいと思っております。


詳しくはこちらをご覧ください。
団体紹介91 【富士市観光ボランティアの会】 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介91  
【富士市観光ボランティアの会】


平成15年の夏に開催された「若富士国体」の際、行政が主導してメンバーを集め、来訪者への観光ガイド活動を行いました。

■活動趣旨
富士市に訪れた方に魅力など観光案内を行う。
市内のガイドコースなどの作成。

■活動内容
・JR主催の「さわやかウオーキング」のコース設定の提案や拠点でのガイド活動に取り組んでいる。
・観光ボランティアガイドの養成講座を開き育成させ会の継続に繋げている。


過去
・2010年8月市内の古民家武家屋見学ツアー
・2013年8月文化財巡るツアー
・2013年12月活動記録を集録「10周年のあゆみ」を発行



HP http://fuji-kvg.jp/
団体紹介92 平和富士市民の会 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介92
平和富士市民の会


1985年11月に富士市が「核兵器廃絶平和都市」を
宣言したことをうけ、この宣言の内容を具体的に実施していこうと、
翌1986年8月、「核兵器廃絶平和富士市民の会」が発足しました。

宣言1周年の「平和講演とコンサートの夕べ」、
宣言2周年の「市民の集い」などの取り組みを経て、
1988年に第1回「戦争展」を開催。
以後、毎年恒例の行事となりました。

核兵器廃絶平和富士市民の会は、映画会や講演会、
平和講座、戦争展、語り部の会などを通して、
核兵器廃絶平和宣言都市たる
富士市の平和と発展のための運動を推進しています。


「核兵器廃絶平和都市宣言」とは?
地方自治体が核兵器の廃絶を内外に訴える宣言を表明することです。

本来、外交や国防は国の専管事項ですが、
住民の生命と財産を守ることを使命とする自治体が、
全面核戦争の危機が高まった1981年末にヨーロッパで
「非核地帯をつくろう」という運動を起し、その後、
非核都市宣言自治体協議会が作られました。


詳しくはこちらをご覧ください。
| 次へ