CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«富士のふもとの大博覧会「ふもと博」 | Main | 【終了】誰でもチラシが作れるツールCanva入門講座»
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
第143回ふじのくに防災学講座 [2022年04月28日(Thu)]
第143回ふじのくに防災学講座
テーマ:「避難者のいまをみつめる〜原子力災害から10年〜」

日時:令和4年5月21日(土)
    10:30〜12:00
会場 :静岡県地震防災センター2階なおふるホール
        (静岡市葵区駒通5丁目9−1)
    ※駐車場は限られていますので、公共交通機関を御利用ください。
対象・受講:どなたでも
      受講料:無料

申込み締切日  5月17日(火)

開催方法:新型コロナウイルス感染症拡大に伴い受講方法は2通りです
     ➀会場での受講 (定員80人)
     Aオンライン(Zoom)受講(定員450人)

第143回ふじのくに防災学講座を下記のとおり開催いたします。
県民の皆様の多数の御参加をお待ちしております。

20220428161928239_0001.jpg

(講演概要)
震災から10年となった去年、政府は復興施策について「第2期復興・創生期間」と位置づけ、避難者の心のケアなど、ソフト面の支援の強化を掲げました。
特に原発事故のあった福島県は、今も全国で約2万5000人が避難を余儀なくされています。各市町村で避難指示解除の面積や、時期が異なり、避難者の孤立などが懸念されています。岩手・宮城と異なり、復興の位置づけが見えづらい中で、避難者を取り巻く環境や、それぞれの「気持ち」がどう変化し、県外にいる私たちができることは何なのか。福島県浜通りで取材をしてきた記者が伝えます。


申込方法

(1) 会場での受講を希望の方
 電話又はメールで、

「1.会場受講、2.住所(市区町)、3.氏名(ふりがな)、4.連絡先電話番号」を

 お知らせください。
(2) Zoom配信での受講を希望の方
 メールで、

「1.Zoom受講、2.住所(市区町)、3.氏名、4.Zoom情報受信希望のメールアドレス」

 の4点についてお知らせください。
・メールの場合は
・行政機関に勤務する方は、県または市町名と所属部署もお知らせください。


問合せ先

静岡県地震防災センター
 〒420-0042 静岡市葵区駒形通5-9-1
  電話 054-251-7100  
  Email bousaigaku@amail.plala.or.jp 
 ※電話の場合は火曜日〜日曜日の9:00〜16:00におかけください。



Posted by コミュf at 17:13 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント