CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ハーモニック伊藤財団 2022年度助成 | Main | ぶらりっと 10月号 2021 No.108»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
楽天未来のつばさ プロジェクト支援(団体向け支援事業) [2021年09月27日(Mon)]
公益財団法人 楽天未来のつばさ
プロジェクト支援 団体向け支援事業

児童養護施設や里親委託家庭で生活する子ども達は、家庭復帰や高校卒業などを機に施設を退所し、社会へ巣立っていきますが、今日の厳しい社会経済状況においては、社会的養護のもとで育った子どもが、次代を担う一員として自立していくためには、家庭で育った子どもと同じスタートラインに立って自立していけるように支援していくことが必要です。

また、社会的養護を必要とする子どもを減らし、本来的な家庭の温かさを感じ、より豊かな夢のある子ども達の未来を実現することも大切です。

楽天 未来のつばさでは、これらの主旨に沿った活動を実施する団体に対し、助成を行います。



団体向け支援事業とは

自立奨学支援、また自立した人たちの相互扶助と交流を行う団体が企画する事業案件へ支援を行います。

支援対象事業は、児童養護関連事業で、そのテーマや内容が子どもの権利擁護、子どもの最善の利益に資するものであることとしています。申請方法等は、毎年4月にお知らせする実施要項をご覧ください。

1.支援対象プロジェクト

  • 児童養護関連プロジェクトで、そのテーマや内容が子どもの権利擁護、子どもの最善の利益に資するものであること。
  • 児童養護関連プロジェクトに於いて、そのプロジェクトの計画性及び方法が目的を達成するために適切で、かつ支援によりプロジェクトの効果が十分発揮できると認められたものであること。
  • 当該支援プロジェクトは、営利を目的としないものであること。

2.申請条件

支援を受けようとする団体は、日本国内における児童養護関連団体で事業計画に従って遂行に足る能力を有する団体であり、また、それを過去の実績等で証明できること。申請は1団体、1プロジェクトとする。また原則2年連続の助成は行わない。

3.申請方法

支援を希望する団体は、所定の「支援交付申請書」に申請に必要とする書類を添えて申請する(申請書類の返却はいたしません)。

4.交付申請時期

申請期間

 2021年9月1日(水)〜2021年10月29日(金)必着

※申請希望の初回ご連絡は遅くとも10月15日までにお願いいたします。


ひらめき実施要項等、詳細は、財団ホームページをご覧ください

照会先
この支援事業の主旨に賛同し、支援を要望また資金交付を希望する団体は、お問合わせフォームよりお問い合わせください。申請可能と判断された団体に申請書様式を送付いたします。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント