CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«安全登山セミナー | Main | 静岡陶芸美術館 特別企画展「人間国宝のすべて」 »
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
https://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
アジア健康長寿イノベーション賞2021 [2021年02月27日(Sat)]
20210227110859946_0001.jpg20210227110859946_0002.jpg

日本と同じく長寿化が進むアジアに
あなたの知見を紹介しませんか?
アジア健康長寿イノベーション賞2021

日本はアジアにおいていち早く長寿化を達成し、現在では世界で最も高齢化が進んだ国となりました。一方、他のアジアの国々でも長寿化がこれまでにない速さで進んでいます。誰もが健康で活動的な高齢期を過ごすことができる「健康長寿社会」の実現は、もはやアジア各国共通の課題となっています。
日本国際交流センター(JCIE)と東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)は、2020年に「アジア健康長寿イノベーション賞」を創設しました。本賞は、日本を含むアジア14か国・地域より、高齢化による様々な課題の解決となる革新的な取り組み(プログラム、サービス、製品、政策)を、以下の3分野で募集・表彰することにより、アジア地域内で優れた知見を共有し、その実際の応用を後押しすることを目的としています。
昨年は、日本を含むアジア12か国・地域から134件の応募を頂きました。本年も日本全国からの意欲的な取り組みのご応募をお待ちいたします。


求める取組み

アジア諸国に知見やノウハウを共有する意思のある組織(企業、民間団体、自治体など)の取り組み

(プログラム、サービス、製品、政策)


分野

  1. テクノロジー&イノベーション:革新的な技術や手法、発想等により、安全で効率的に高齢者の自立を促している事例、あるいはそれにより介護者の身体的・精神的・時間的な負担軽減につながる事例
  2. コミュニティ:高齢者を地域で支える取り組みや世代間交流の機会を通して、その地域に住む高齢
    者の健康、活動的な社会参画、安全な暮らしの維持に貢献している事例
  3. 自立支援:高齢者が日常生活動作(ADL)を維持しながら、住み慣れた地域で生活し続けられ
    るよう心身機能を維持・向上、あるいは回復させることを目的とする事例

応募期間
2021年1月11日(月・祝)〜2021年3月12日(金)

主催 日本国際交流センター(JCIE)
   東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)

応募方法、その他詳細は

Posted by コミュf at 10:54 | 募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント