CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月24日

開設講座受講生が「西千葉アトリエカフェ・ぴりーぶ」をオープン

 2019年9〜10月に千葉県福祉ふれあいプラザ(指定管理者:長寿社会文化協会)が行った「コミュニティカフェ開設講座(千葉)」を受講した宮崎重美さんが2020年1月20日(月)、カフェをオープンしました。

IMG_1676.JPG

 カフェには軽い発達障害を持つ息子さんが絵を描くアトリエが併設されており、大胆な色遣いのアクリル画などを眺められます。

IMG_1683.JPG

301FB568-4488-41E8-A1E0-EE1F9211FD73.jpeg

 金・日曜の10:00〜16:00と土曜の10:00〜14:30はカフェの営業があり、月〜木曜はカフェスペースやキッチンが貸し出されます。レンタル料金はそれぞれ1日3,000円、両方で5,000円。飲食やセミナー、ギャラリーなどで営業の場合は、売り上げの10%または20%がプラスされます。

IMG_1693.JPG

カウンターに立つ宮崎さん(右)

 詳しくは、毎日新聞千葉県版1月18日付記事の画像や下記をご覧ください。
◎Facebookページ
https://www.facebook.com/pelieve/
◎千葉の地域情報サイト「まいぷれ」の紹介ページ
https://chiba.mypl.net/shop/00000359912/
◎西千葉アトリエカフェ・ぴりーぶ
 千葉市中央区松波2-4-21
 JR中央・総武線(各停)西千葉駅から徒歩5分
 090-9843-1766

IMG_E1691.JPG
posted by こんぶ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェ紹介

2020年01月09日

2月2日(日)、朝日新聞東京本社で認知症カフェのフォーラム。カフェの活動報告も募集中

※定員に達したため、申し込み受け付けは終了しました(1月21日)。
 助成団体やフォーラム参加者の認知症カフェの活動報告書の原稿は、1月24日(金)まで募集しています(下記参照)。


◎詳細ページ
http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2019/12/ninchisho-202002-tokyo.html
◎チラシ
http://www.asahi-welfare.or.jp/news/pdf/ninchisho/ninchisho_202002_tokyo.pdf

 朝日新聞厚生文化事業団などは2020年2月2日(日)10:00〜17:00、朝日新聞東京本社・読者ホール(東京都中央区築地5-3-2)でフォーラム「認知症カフェからの出発 2020」を開催します。
 下記の方々が講師を務め、話題提供や対談、ワークショップなど、内容が盛りだくさんです。
武地一さん(藤田医科大学医学部認知症・高齢診療科教授)
矢吹知之さん(認知症介護研究・研修仙台センター研修部長)
服部万里子さん(服部メディカル研究所所長)
中澤まゆみさん(ノンフィクションライター「認知症カフェ」主宰)
平みきさん(レビー小体型認知症のある当事者)
鈴木和恵さん(株式会社ゆずり葉の会代表取締役)
浜井秀子さん(相模原市若年性認知症家族の会 じゅりの会事務局長)
中島珠子さん(渋谷区若年性認知症の会 マリエ代表)
 定員100人、参加費1,000円(当日支払い)。

 また、各地の認知症カフェの活動報告をまとめ、フォーラム参加者に配布するため、原稿を1月24日(金)まで募集しています。
◎2019年度にまとめた「全国にある認知症カフェの活動報告」(参考)
http://www.asahi-welfare.or.jp/cafe/ninchisho/

◎主催
・フォーラム「認知症カフェからの出発2020」実行委員会
(青山1000人会、うたせ認知症を考える会、江部乙まちづくりコミュニティ行動隊女子部、住まい・まち研究会、ダイヤモンドクラブ、鳩山ぽっぽ会)
・朝日新聞厚生文化事業団

ninchisho_202002_tokyo_pages-to-jpg-0001.jpg

ninchisho_202002_tokyo_pages-to-jpg-0002.jpg
posted by こんぶ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報