CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月20日

新潟県弥彦村の農家がコミカフェの運営者とパティシエを急募!!

 新潟県弥彦村の安達とも子さんは、自宅の敷地内にある建物と農地をつかって、パン工房や米粉工房、コミュニティカフェ(農家レストラン)の設立を計画しています。このうち、パン工房と米粉工房は社会福祉法人が知的障害者の作業所として活用することが内定していますが、今回、コミュニティカフェを運営してくれる団体やパティシエ(菓子職人)を募集するそうです。
 コミュニティカフェでは、カフェの脇の農園で採れる野菜や果物も素材に使い、パン工房で働く人たちや利用者のランチや野菜ベーグル、野菜スイーツなどを提供します。また、農園で保育園児や小中学生に農作業の体験をしてもらったり、野菜ソムリエによる子育て世代への食育セミナーなどを行い、子育て世代と高齢者の交流の場にもしたい、と話しています。
 現在、弥彦村を通じて国の「地域支え合い体制づくり事業」や日本財団等に助成金の申請を行っており、今秋、遅くとも来春から建物の改修を始め、その後の営業開始を考えています。内装は運営団体の希望に応じるそうです。その他、建物の貸与条件等のお問い合わせや現地見学のご希望は、安達さんまでお願いします。下記に、敷地全体やコミュニティカフェの図面、建物の写真を示します。

●所在地・連絡先
 新潟県西蒲原郡弥彦村矢作1753
 安達とも子さん
 TEL:080-5403-5343
 E-mail:mimi-teri@jp.bigplanet.com
(なるべく、電話でご連絡ください)

●参考資料




中央のブルーシートが見える建物の奥の2棟がコミュニティカフェに使う建物。その奥が農園と駐車場。

posted by こんぶ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2011年05月31日

昼間から「夜の茶の間」交流会開かれる―新潟市のうちの実家

 5月21日(土)、新潟市中央区の万代シルバーホテルで、同市東区の常設型地域の茶の間「うちの実家」(代表:河田珪子氏=コミュニティカフェ全国連絡会共同代表)の「夜の茶の間」の交流会が開かれ、県内から約80名、県外からも三重県菰野町の8名をはじめとして東京、長野市などから約20名が参加しました。コミュニティカフェ全国連絡会からも共同代表の坂倉杏介氏(東京都港区の「芝の家」主宰、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・教養研究センター 特任講師)と事務局の昆布山も列席し、皆さんと交流させていただきました。
 夜の茶の間は、高齢者が中心の「昼の茶の間」に時間的にも参加できない勤労者が、ネットワークづくりと情報交換の場として毎月第3金曜日の午後6時半から8時半まで、軽くお酒を飲みながら交流するもので、2009年10月に始まりました。昨年10月、有志の間から「1周年記念のイベントをやりませんか」という声が湧き起こり、実際は1年半経ったこの日に行われたものです。
 交流会では全員が自己紹介したり、河田さんと交流のある福島市のコミュニティカフェ「ふらーっと茶の間・方木田」の武田美恵子さんが、福島県飯舘村の日常を描いた本「までいの力」や「HAIKU&PHOTOGRAPH 愛あふれる村いいたて」の販売支援活動をしていることを紹介。会場でも義援金が6万円余り集まり、それを武田さんに託しました。


交流会であいさつする河田さん(右)と、その左隣が坂倉さん、手前に立っているのは武田さん


 参加者は30代の比較的若い世代も多く、約30名が2次会に流れ、また、その半数が3次会に残り、酒どころ・新潟らしく、地元の日本酒を中心に飲み続け、活発に懇談していました。県内加茂市出身の昆布山も県人とネットワークを広げられた、楽しい会となりました。

●関連記事
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/253
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/238
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/121
など。
posted by こんぶ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2011年05月01日

芝の家が仲間、募集。

 東京都港区と慶應義塾大学が共同で運営するコミュニティづくりの活動拠点「芝の家」の渡辺久美(ベベ)さんから、「仲間、募集。」のご案内が届きました。毎年春に、芝の家という場を一緒につくってくれるスタッフを募集しているというものです。5月12日(木)10時〜11時半と14日(土)18時半〜20時に説明会を開きます。詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.shibanoie.net/2011/04/26/nakama-boshu/

●問い合わせ先
 芝の家(担当:渡辺)
 東京都港区芝3-26-10
 TEL・FAX:03-3453-0474
 E-mail:mita(@)feel.ocn.ne.jp
 (@)を@に打ち直してください。

●芝の家関連記事
 https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/221
 https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/172
 https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/160
 https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/25
posted by こんぶ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2011年04月12日

『アスポットなべよこ』プレ・オープンのお知らせ!

東京の桜も満開を過ぎて、桜吹雪が舞い散る風景があちこちにみられます。
新年度もスタートしてもうすぐ2週間。
「新入生」「新入社員」…と新しいスタートを切った方も多いことでしょう。

今日のご案内は私どもWACの「NEW」な話題です。

東京メトロ・丸ノ内線「新中野」から『鍋横商店街』のアーケード街を歩いて5分ほどのところにあるウェルカーサ新中野という新築マンションの1階に「COMONS CAFÉ NAKANO アスポット なべよこ」というWACが運営・管理するコミュニティカフェがこの4月18日(月)にプレ・オープンします!
6月の本格オープンの前でまだまだ内装なんかも出来上がっていませんが、少しでも地域の方に知って頂きたいために≪ちょっと気の早い≫オープンとなりました。

今回プレオープン企画第1弾としましては、4月18日(月)〜5月1日(日)【会期中は無休・10:00〜16:00】は・・・
『被災地応援チャリティイベント・よりそう展』@アスポットなべよこ
・・・と題しまして、女優の東ちづるさんが企画しましてエーブルアーティスト佐々木卓也さんの作品を展示いたします。
さらにチャリティイベントとして、4月23日(土)、30日(土)14:00〜17:00には東ちづるさんと佐々木卓也さんのトークイベントも開催されます。
なお、このイベントの収益の一部は今回の東日本大震災の被災地支援に使わせて頂きます。

場所等は下記のファイルをご覧ください。




「アスポット なべよこ」は子どもからお年寄りまでも集える場所として、これから様々な取り組みを考えています。
本格的なオープンまでの間にこのブログを通じて、何度か「アスポット なべよこ」のご紹介もしていきたいと思っております。

どうかお近くにお越しの際はぶらっとお立ち寄りください。
「アスポット なべよこ」は東京メトロ・丸ノ内線「新中野」から歩いて5分です。
商店街を通り抜け、『十貫坂交差点』角にある真新しいマンション、ウェルカーサの裏側の路地にまるで隠れ家がのようにあります。

なお、「アスポット なべよこ」は本格的なオープン前ですので、電話がございません。
お問い合わせはWAC内コミュニティカフェ事務局か下記のアドレスまでお問い合わせください。
E-mail::uspot.nabeyoko@gmail.com

2011年04月07日

お知らせ

この4月より全国コミュニティカフェ・ネットワーク(コミュニティカフェ全国連絡会)の事務局を担当致しますコシバです。

今回の未曾有の被害を出した東日本大震災では、多くの方が犠牲となり数多くの方々が不自由な避難所生活を余儀なくされています。

改めましてこの場を借りまして、被害を受けられた皆様には謹んでお見舞いを申し上げます。

今後何らかの形で私どもコミュニティカフェ連絡会でも被災された方々への支援も考えていかなければと思っております。

今回の震災の復興過程においても地域の「たまり場」「居場所」「情報の発信拠点」としての『コミュニティカフェ』が重要になってくると思っております。

その「カフェ」はおしゃれなテーブルや座り心地のいい椅子もなく、香り立つコーヒーや甘いケーキもないでしょうが、どんなハイカラな「カフェ」にも負けないほどの人間味あふれる「カフェ」であるはずです。

こんな小さな「コミュニティカフェ」をつなげ、大きなネットワークで結びつけることが大きな力を生みだすでしょう。

そのお手伝いをすることが私たちの使命だと切実に感じております。

ですので、被災地はもとより全国の「コミュニティカフェ」にまつわる話題がありましたら、どんな些細なことでもかまいませんので、事務局 コシバ E-mail: :com-cafe@wac.or.jpまでご一報頂ければ幸いです。
被災を受けられた「コミュニティカフェ」の関係者の方でご連絡がつく方がおりましたら、どうかご一報ください。

「コミュニティカフェ」の話題にとどまらず、私個人の身の回りの出来事なども配信していきますので、皆様のご意見・ご感想も遠慮なくお寄せください。

このブログが多くの「コミュニティカフェ」関係者やファンの皆様をつなげるツールになるように努めます。

どうぞこれからもよろしくお願い致します。



2011年01月24日

大分大学のコミュニティカフェ調査にご協力ください

 長寿社会文化協会(WAC)と長年さまざまな協力関係にある大分大学福祉科学研究センター椋野美智子教授が、全国のコミュニティカフェの実態調査を行うことになりました。

 同センターでは、2008年度から文部科学省の支援を得て、地域との連携のもとに「福祉のまちおこし調査研究事業」を進めてきて、「福祉の基盤となるコミュニティの活性化には、交流の場が重要な役割を果たすことがみえてきた」そうです。このような観点で同センターでは2009年度、別府の中心市街地でコミュニティカフェ「まちなかカフェ」を実際に運営し、ほかのいくつかのコミュニティカフェを調査したところ、「さまざまな方がさまざまな思いと志でコミュニティカフェの運営を始め、その運営はそれぞれ異なる特徴を持つとともに、また共通の課題も抱えている」ことに気づきました。こうしたことから、全国的な実態調査を行うものです。

 WACでは、今回の調査が今後のコミュニティカフェの運営に大変有益で参考になる結果が得られるものと期待し、コミュニティカフェ全国連絡会が把握しているコミュニティカフェの住所情報等を提供し、協力することとしました。調査対象は、地域的バランスを考慮し、約500カ所としています。

 調査にご協力いただいたコミュニティカフェには4月以降、同センターから調査結果報告書が送られる予定です。調査対象のカフェには近日中に調査用紙が届きますが、調査の意義をご理解いただき、ぜひとも回答にご協力くださいますよう、当協会としてもお願い申し上げます。
posted by こんぶ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2010年12月13日

早朝から開いているコミュニティカフェを探しています!!

 ある全国紙の記者の方から、早朝から開いているコミュニティカフェを取材したいので、紹介してほしいという依頼がありました。下記は、あくまで事務局が考えた例ですが、
・6時に集まってラジオ体操をしている
・7時に集まって一緒に朝食をとっている
・8時半に集まって、読書会を開いている
といったものです。 思い当たる方は事務局(TEL:03-5405-1501、com-cafe@wac.or.jp)までご連絡ください。できましたら、高齢者が朝よく集まっているといったカフェがベストですが、条件から多少外れていてもお問い合わせください。
posted by こんぶ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2010年10月22日

20、30代の運営者や、参加者が多いコミカフェやNPOを探しています!

 金沢大学の先生から、20〜30代の人が運営していたり、若い人の参加者が多いコミュニティカフェやNPOの事例を探してほしいという要望が寄せられました。できれば、金沢から近いところがベストですが、ネットに出ているところでしたら、全国のどちらでも構いません。
 事例を推薦できる方は、事務局の昆布山(こんぶやま)までご連絡ください。
●連絡先
TEL:03-5405-1501  E-mail:com-cafe@wac.or.jp
posted by こんぶ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2010年10月05日

第二の人生で生き生きと活動している人を探しています!

 コミュニティカフェ全国連絡会がお世話になっている映像制作会社から第二の人生で生き生きと活動している人を紹介してほしいという要望がありました。
 主に50歳代の地方公務員等を視聴対象者にして、「生きがいづくりにつながる活動等」を行っている人に、活動の内容、活動を始めた動機、それによって得られた満足感、具体的な成果、他人に勧められるポイントなどをインタビューしたいそうです。
 元公務員の方がベストですが、民間企業出身者でも可です。「生きがいづくりにつながる活動等」は、例えば、コミュニティカフェを始めた、観光ボランティア、田舎暮らし(農業)、蕎麦職人、ガーデニング・スケッチ・油絵・写真などの趣味・芸術、登山・水泳などのスポーツなど、分野や地域は問いません。自薦・他薦、いずれでも結構です。思い当たる方は事務局(TEL:03-5405-1501、com-cafe@wac.or.jp)までご連絡ください。条件から多少外れていてもお問い合わせください。
posted by こんぶ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2010年09月01日

「第2回敬老の日写真コンテスト」作品募集開始―日本財団

 長寿社会文化協会(WAC)のコミュニティカフェ事業の助成元である日本財団(東京都港区、会長:笹川陽平氏)は、「第2回敬老の日写真コンテスト」を開催し、作品を募集します。募集には、WACも協力しています。

「第2回敬老の日写真コンテスト」作品募集
〜人生最高の笑顔を一枚に〜

 日本財団は高齢者が生き生きと暮らせる社会づくりを目指して、福祉車両や福祉施設の整備など高齢者福祉の充実や、終末期を迎えた人々などが尊厳をもってよりよく生きるためのホスピス・プログラムの推進、ゲートボールや高齢者からの聴き書きプログラムを通じた世代を超えた交流活動などを長年にわたって支援してきました。
 今回、9月20日の「敬老の日」を記念して、「敬老」をテーマにした写真コンテストを昨年に続き、開催します。おじいちゃん、おばあちゃんの生き生きとした姿や親子三代・四代などの写真を募集します。グランプリ1作品に賞金20万円、優秀賞10作品に商品券1万円分、佳作30作品に図書カード3千円分が贈呈されます。

 詳しくは、「第2回敬老の日写真コンテスト」ページ
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/photo/contest/index.html
をご覧ください。
posted by こんぶ at 21:10| Comment(1) | TrackBack(1) | コミカフェトピックス