CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年10月01日

10月5日(月)、いたばしコミュニティスペース連絡会が新しい総合事業勉強会

 東京都板橋区内の「コミュニティスペース」を運営する14団体で構成される「いたばしコミュニティスペース連絡会」は10月5日(月)、「新しい総合事業を考える緊急勉強会―介護保険改正での新しい総合事業を学ぶ〜通所サービスBはコミュニティスペースが担う!!〜」を開催します。
 新しい介護予防・日常生活支援総合事業は2017年4月までにすべての市町村で実施することが定められており、サービスも多様化します。このうち、「通所型サービスB」は住民主体で行われることが期待され、コミュニティカフェもその担い手として注目されています。
 講師は服部真治氏(厚生労働省老健局総務課長補佐)、コーディネーターは浅川澄一氏(長寿社会文化協会常務理事、福祉ジャーナリスト、元日本経済新聞編集委員)が務め、地域包括ケアなどについて質問できます。
 申し込み不要、参加費500円(資料代)。詳細は、下記のチラシをご覧ください。
20151005新しい総合事業勉強会.pdf
20151005新しい総合事業勉強会_01.jpg
posted by こんぶ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック