• もっと見る

2014年05月30日

2013年度東京受講生が「赤門テラス・なゆた」をオープン

 長寿社会文化協会(WAC)が、2013年度に福祉医療機構の社会福祉振興助成事業(WAM助成)を活用して行った「コミュニティカフェ開設講座」の東京受講生、野々部利弘さんが、自身が住職を務める豊島区の寺の境内に5月24日、「赤門テラス・なゆた」をオープンしました。
 近年深刻化する少子高齢化、単身時代にあって「独居高齢者」「親子、世代間のコミュニケーション不足」「ご近所づきあいの減少」等の中で、さまざまな地域問題を解決したいという思いから、老若男女問わず気軽な気持ちで立ち寄ることができ、さまざまなイベントや人々のつながりを通して、一人ひとりの笑顔を生むコミュニティスペースを目指しているそうです。
 2階にイベントスペースがあり、6月7日(土)15時から「まちのお寺の学校」キックオフミーティンング、6月15日(日)10時から「親子限定参加型のワールドカップ観戦(日本対コートジボワール戦)」などのイベントを予定しています。このスペースを利用して、ヨガやフラダンスの教室も行っていくそうです。

●赤門テラス・なゆた
 営業時間:10〜19時、飲み物・ケーキ、ランチ等の営業あり
 定休日:毎週火曜日
 所在地:東京都豊島区長崎1-9-2 金剛院内
     (西武池袋線椎名町駅北口徒歩1分)
 TEL/FAX:03-3530-8824
 ホームページ:http://nayutacafe.com/
posted by こんぶ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェ紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック