CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年06月04日

コミュニティビジネスの手法で、シニアサロンを運営

 5月25日付の毎日新聞東京本社発行版は、シニア世代が、地域課題をビジネスの手法を用いて解決するコミュニティ・ビジネスの一例として、相模原市中央区の「シニアふれあいサロン in 西門(にしもん)」を取り上げました。
 料理やウクレレ、フラダンス、健康マージャンなど6教室と、うたごえサロン、おしゃべりサロンを開催し、年間延べ3,000人が利用。参加料を1回300〜1,500円程度集め、講師にその半額程度を支払い、補助金に頼らない運営を続けているそうです。
 記事は、下記をクリックして、ご覧ください。
http://mainichi.jp/feature/news/20130525ddm013040012000c.html

 掲載終了に備え、テキストを下記に載せます。

==========================

日々是好日:町の資源を事業に コミュニティービジネス、仲間も増え
毎日新聞 2013年05月25日 東京朝刊

 まちおこしや高齢者、子育て支援など、地域の課題や困りごとに、市民が主体となって取り組む「コミュニティービジネス」。最近は人生経験を重ねたシニア世代が担い手として活躍している。

 「うまそうな匂い」「おいしそう」。5月中旬、相模原市中央区のビルの一室にある「シニアふれあいサロンin西門(にしもん)」(電話兼ファクス042・810・6172)で開かれたシニア健康料理教室。出来上がったキノコのおこわや鶏の照り焼きを前に、参加者から歓声が上がった。

 料理教室のほか、ウクレレやフラダンス、健康マージャンなど6教室と、うたごえサロン、おしゃべりサロンを開催。年間延べ3000人が利用している。講師も参加者も60〜70代が中心だ。

 参加料は1回300〜1500円程度。サロンは公設でも補助金による運営でもなく、同市在住の阿部毅さん(70)が2008年、ビジネスの手法を用い、自己資金を投じて開設した。「セカンドライフを充実させるため、シニアの楽しい居場所、生きがい作りをしたかった」。講師には参加料合計の半額程度が支払われる。

 現役時代は会社を経営していたが、体を壊したことなどをきっかけに事業をたたんだ。療養中に新聞で見たコミュニティービジネスに興味を持ち、勉強会に通って手法を学びながら、約3年の準備期間を経てサロンをオープンした。

 家賃や光熱費などの負担が重く、事業の黒字化はなかなか厳しい。しかし阿部さんは「最初は集まっておしゃべりしたり、歌ったりするだけだったが、互いに特技を教え、教えられる中で、次々と新しい教室ができた。活動をきっかけに外で音楽会を開いたり、旅行に出ることもあり、70歳を過ぎて新しい仲間ができるとは予想もしなかった」と手応えを感じている。

 今後はサロンを基盤に、まちづくりや独り暮らしの高齢者の生活支援など、社会貢献活動につなげていきたいと夢は広がる。

 団塊の世代が大量退職時期を迎える、いわゆる「07年問題」が話題になった頃、「地域活動の受け皿が必要」とコミュニティービジネスの勉強会が各地で盛んに開かれた。その結果は、就労を継続する人が多く、勉強会の参加者たちも学ぶだけで事業を始める例は少なかったという。

 しかし、NPO法人「コミュニティビジネスサポートセンター」の永沢映(えい)代表理事は「団塊世代も65歳に突入し、ここ1年くらいでシニア層の関心が高まってきた。学ぶだけでなく、実際に創業する人も増えている」と指摘する。

 コミュニティービジネスはうまくいくと、シニア世代には生きがいと多少のお金が得られ、地域も活性化できるという可能性がふくらむ。その成功の秘訣(ひけつ)は? 永沢さんは「我が町には空き店舗が多い、保育所の待機児童が多いなど、地域の課題を見据え、それをマーケットと捉えることです。私はこれをやりたい、という思いだけで始めても、本当に住民が必要としていることとミスマッチが起きて長続きしない」と説明する。

 近年は都市部では空き店舗などを使ったコミュニティーカフェやレストランなど食を通じた取り組み、地方ではB級グルメやゆるキャラなど地域資源を活用した商品化、事業化がはやりだ。長野県小川村では、郷土料理のおやきをブランド化し、高齢者を雇用して年商は約8億円にも上っているという。仲間を見つけ、あなたも一歩踏み出してみては。【山崎友記子】

==============

 ◇主な関連サイト
 ▽コミュニティビジネス事例集(関東経済産業局)
 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/community/index_cb-example.html

 ▽NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター
 http://cb-s.net/

 ▽ソーシャルビジネス・ケースブック(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/local_economy/sbcb/casebook.html

 ▽ソーシャルビジネス・ネットワーク
 http://socialbusiness-net.com/
posted by こんぶ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック