CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年09月13日

新潟市の「うちの実家」が来年3月末で活動終了

 居場所やコミュニティカフェの「元祖」「先導役」などと言われ、カフェを開きたい全国の人たちの手本となってきた新潟市東区の常設型地域の茶の間「うちの実家」が来年3月末をもって活動を終了することが、関係者に届いた手紙や地元紙の報道で明らかになりました。
 うちの実家の河田珪子代表は、「4年目ころから後継者について聞かれることが多くなりましたが、10年を区切りにしようと思っていました。うちの実家だけでなく、自分の足で歩いていける範囲に『地域の茶の間』がたくさん出来ればよいと頑張ってきましたが、市内各地や県内に茶の間が広がり、うちの実家を訪れる人の受け皿が整ったことから、やめることにしました」と話しています。
 既に先月、篠田昭・新潟市長に活動を終了する方針を知らせたのを皮切りに、終了に向けて準備を進めています。しかし、必ずしも来年3月で活動がすべて終了するわけではないようです。「子ども向けの茶の間の2回目を11月14日午後2時から行います。毎月第2金曜日の午後6時半から行っている『夜の茶の間』は場所を変えて行おうと、有志が話しあっています」(河田さん)。見学・視察については、変わりなく受け付けています。
 うちの実家は閉じても、河田さん自身は請われれば、講演や研修の講師、各団体の役員、行政の委員など対外的な活動は続けていくそうです。

8月30日付新潟日報記事
20120830niigata-nippo.pdf

9月8日新潟日報記事
20120908niigata-nippom.pdf

●うちの実家関連記事
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/267
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/260
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/253
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/180
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/136
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/121
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/112
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/96
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/95
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/51
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/23
https://blog.canpan.info/com-cafe/archive/2

平成23年度「高齢者の居場所と出番に関する事例調査」
P1:常設型地域の茶の間「うちの実家」(新潟市東区)
http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h23/kenkyu/zentai/pdf/jirei_1-5.pdf

月刊「地域づくり」2011年12月号
「いつでも人に会え話ができる『たまり場』―地域やご近所に助けられ広がる支え合いの輪―」
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/book/monthly/1112/html/f05.htm
posted by こんぶ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック