CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月13日

同級生の輪でつくるコミカフェ「よろずや余之助」

 日本経済新聞は2011年12月7日付夕刊のらいふプラス欄に「第二の人生は旧友と―団塊世代、同級生と復縁」と題した記事を掲載し、群馬県太田市の「よろずや余之助」などを取り上げました。
 桑原三郎氏を中心に県立太田高校を卒業した同級生たち20人で営む余之助では、銀行員や社会保険労務士など、それぞれの経験を生かした「よろず相談」や、土曜日に開く歌声喫茶、フォーク喫茶、映画喫茶といった行事に、同級生や同窓生が次々とつながってきているといいます。
 記事は、下記pdfをご覧ください。
posted by こんぶ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック