CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 経営・産業»
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
カテゴリアーカイブ
最新記事
岡安賢治さん 3.人と自然の絆を育む「志民農園」へ 〜大人から子どもへつなぐ文化と風土〜 [2013年01月17日(Thu)]

−−岡安賢治さんデータファイル−−

●出身地/普段活動している地域
京都府舞鶴市/舞鶴市野村寺

●所属等
1978年 舞鶴生まれ
京都大学大学院工学研究科修了
野村寺から笑顔を広げていく てるてるぼうずFamilia代表理事
丹後若狭虫の会会員

●参考情報 Reference information
てるてるぼうずFamilia
ブログ/岡安賢治随想録
Facebookページ

●その他(座右の銘、メッセージ等)
■座右の銘・好きな言葉:
鋭敏な感性は節度を生み、智慧が加わり幸せができる

■師匠と呼べる人,人生に影響を与えられた人:
大学時代にお世話になったカウンセラーの先生

■お気に入りの本・漫画・映画・テレビ番組:
岩波文庫など

■趣味、興味関心、特技:
書道

■仕事の苦労、魅力、やりがい:
農作物生産は人間の生存を根本で支える営みですから、計り知れないやりがいを感じることができます。さらに、農業は「人と人」、「人と他生物や風土」、「古人と現代人と未来の人」を「つなぎ」、よりよく生きていくための要となる文化的行為でもあります。日々、人工と自然のインターフェイスで翻弄されつつ、主体的に身体を動かし、心を動かし、頭を使うことのできる素晴らしい仕事です。


●3つのキーフレーズ
  1.てるてるぼうずFamilia
    〜野村寺から広がる笑顔と輝き〜
  2.「身体と心の調和」で賢く幸せに!
  3.人と自然の絆を育む「志民農園」へ
    〜大人から子どもへつなぐ文化と風土〜

岡安賢治さん 2.「身体と心の調和」で賢く幸せに! [2013年01月17日(Thu)]

−−岡安賢治さんデータファイル−−

●出身地/普段活動している地域
京都府舞鶴市/舞鶴市野村寺

●所属等
1978年 舞鶴生まれ
京都大学大学院工学研究科修了
野村寺から笑顔を広げていく てるてるぼうずFamilia代表理事
丹後若狭虫の会会員

●参考情報 Reference information
てるてるぼうずFamilia
ブログ/岡安賢治随想録
Facebookページ

●その他(座右の銘、メッセージ等)
■座右の銘・好きな言葉:
鋭敏な感性は節度を生み、智慧が加わり幸せができる

■師匠と呼べる人,人生に影響を与えられた人:
大学時代にお世話になったカウンセラーの先生

■お気に入りの本・漫画・映画・テレビ番組:
岩波文庫など

■趣味、興味関心、特技:
書道

■仕事の苦労、魅力、やりがい:
農作物生産は人間の生存を根本で支える営みですから、計り知れないやりがいを感じることができます。さらに、農業は「人と人」、「人と他生物や風土」、「古人と現代人と未来の人」を「つなぎ」、よりよく生きていくための要となる文化的行為でもあります。日々、人工と自然のインターフェイスで翻弄されつつ、主体的に身体を動かし、心を動かし、頭を使うことのできる素晴らしい仕事です。


●3つのキーフレーズ
  1.てるてるぼうずFamilia
    〜野村寺から広がる笑顔と輝き〜
  2.「身体と心の調和」で賢く幸せに!
  3.人と自然の絆を育む「志民農園」へ
    〜大人から子どもへつなぐ文化と風土〜

岡安賢治さん 1.てるてるぼうずFamilia 〜野村寺から広がる笑顔と輝き〜 [2013年01月17日(Thu)]

−−岡安賢治さんデータファイル−−

●出身地/普段活動している地域
京都府舞鶴市/舞鶴市野村寺

●所属等
1978年 舞鶴生まれ
京都大学大学院工学研究科修了
野村寺から笑顔を広げていく てるてるぼうずFamilia代表理事
丹後若狭虫の会会員

●参考情報 Reference information
てるてるぼうずFamilia
ブログ/岡安賢治随想録
Facebookページ

●その他(座右の銘、メッセージ等)
■座右の銘・好きな言葉:
鋭敏な感性は節度を生み、智慧が加わり幸せができる

■師匠と呼べる人,人生に影響を与えられた人:
大学時代にお世話になったカウンセラーの先生

■お気に入りの本・漫画・映画・テレビ番組:
岩波文庫など

■趣味、興味関心、特技:
書道

■仕事の苦労、魅力、やりがい:
農作物生産は人間の生存を根本で支える営みですから、計り知れないやりがいを感じることができます。さらに、農業は「人と人」、「人と他生物や風土」、「古人と現代人と未来の人」を「つなぎ」、よりよく生きていくための要となる文化的行為でもあります。日々、人工と自然のインターフェイスで翻弄されつつ、主体的に身体を動かし、心を動かし、頭を使うことのできる素晴らしい仕事です。


●3つのキーフレーズ
  1.てるてるぼうずFamilia
    〜野村寺から広がる笑顔と輝き〜
  2.「身体と心の調和」で賢く幸せに!
  3.人と自然の絆を育む「志民農園」へ
    〜大人から子どもへつなぐ文化と風土〜