CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月08日

広重東海道を行く

「寺久保切り絵愛好会」の皆さまの、
「歌川広重の東海道53次」から抜粋した11景を、
コラボーレもおかの「こらぼひろば」に展示いただきました。

歌川広重といえば我が栃木県には「馬頭美術館」が有名ですが、
「愛好会」代表のOさんは広重の作品になった場所を、
何か所か訪れたそうです。
広重の作品をなぞるだけではないのですね。
「愛好会」では地域の公民館に10人位で月2回集まり、
会話を楽しみながら、切って作る造形美を楽しんでいます。
1.JPG
5番目の宿場 戸塚宿
2.JPG
7番目の宿場 平塚宿
3.JPG
16番目の宿場 由比宿
4.JPG
蒲原 夜の雪
5_R.JPG
5月31日「寺久保切り絵愛好会」の皆さまに、
700点位ある作品の中から11点を展示いただきました。

展示期間は6月19日(日)までとなります。

これからは梅雨に入り、お出かけするには二の足をふみますが、
コラボーレもおかに、お気軽にお立ち寄りくださり、
「こらぼひろば」をお楽しみください。
次回は、6月21日(火)より、7月10日(日)まで、
二宮コミュニティセンター内にて、
藤倉さんの「押し絵〜和紙に魅せられて」です。
ご来場をスタッフ一同お待ちしています。 m(__)m
T.K
posted by コラボーレもおか at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | こらぼひろば展
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック