CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月13日

◆栃木県・県央地区防災対応訓練に参加してきました◆

10月25日(日)県立宇都宮北高校にて開催された
「栃木県・県央地区防災対応訓練」に参加してきました!

当日は宇都宮・真岡・益子・市貝・壬生・鹿沼・上三川・茂木・芳賀の各自治体と
社会福祉協議会、宇都宮・鹿沼・芳賀・石橋の消防本部、
栃木県トラック協会・栃木県生活協同組合連合会・栃木県LPガス協会と
宇都宮北高校生・宇都宮大学生・作新大学生
一般参加者・避難者役で自主防災組織の方も加わり、
宇都宮市でM6.9の直下型地震が発生し、
家屋の倒壊や土砂崩れが発生している想定で
100名以上の参加で開催されました。
DSCN01.JPG

実際に災害ボランティアセンターの設置運営、
土砂崩れや水害を想定し土嚢袋作成と設置訓練
応急処置訓練・避難所支援訓練
支援物資の受入訓練などを行いました。
DSCN02.JPG
朝7時に真岡市社会福祉協議会を出発し、
訓練は朝9時から行いました。
常日頃の運動不足解消と思いましたが、
帰る頃にはふくらはぎが痛くなり、
やっとのことで家路につきました。
年齢のせいか回復するのに一周間要しました。(笑)
DSCN03.JPG
炊き出しのトン汁・おにぎりは格別においしかったです。
DSCN04.JPG
今回は初めての参加でしたが、
土嚢の作り方や積み方など多くのことを学ぶことができ、
“いざ”という時にはとても役に立つ経験でした。
また、地域で防災に取組んでおられる方たちも参加していたので、
ためになるお話も聞くことができました。
私たちの住む真岡でも9月の関東・東北豪雨では、
市内の河川が氾濫危険水位にあとわずか2pだったそうで、
避難指示が出される寸前でした。
こうした中で真岡から一般市民の参加が二人という寂しい結果で、
次回はより多くの方に参加いただけるように、
声をかけたいと思いました。

報告者 T.K
posted by コラボーレもおか at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼのニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック