CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月10日

切り絵と刻字が展示されています

シルバー大学校同窓会真岡支部34期生の小暮周平さんの切り絵と刻字の作品展が始まりました。
IMG_1.JPG
縁起の良い七福神や十一面観音などの緻密に切られた切り絵と桂材に彫られた般若心経や祥雲瑞日・騎虎之勢など居間や玄関などに飾られたなら素敵なことでしょう。
定年後の仲間作りと認知症予防ために始められたそうです。切り絵は愛好会に入会し、刻字はシルバー大学校の講座から始められ継続されているそうです。
IMG_2.JPG
経験年数は約3年になるそうで、作品はシルバー大学校同窓会真岡支部文化祭・各クラブ施設・地区文化祭・日刻展・栃刻展など多くの催しに出展されているそうで、一部は自宅にも飾られているそうです。
DSCN3.JPG
こらぼひろばには、奥様同伴でこられ仲良く飾られました。
お仲間は切り絵が14名ほど、刻字は2グループに所属し55名ほどおられるそうです。
IMG_4.JPG
小倉周平さんの展示期間は11月4日(火)〜11月22日(日)までです
是非、丹念に創られた作品の数々をご覧に「こらぼひろば」にお越しください。
次回のこらぼひろばは11月24日(火)より日光彫りが展示される予定です。
 ご来場をスタッフ一同お待ちしています m(__)m
 T.K
posted by コラボーレもおか at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | こらぼひろば展
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック