CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年12月07日

大大神楽

個人登録 和田昌直さんの功績が
11月28日木曜日の朝日新聞に掲載されました。

和田さんは大前神社に伝わる「大大神楽」を後生に伝える為
10年かけて笛の音を採取し、舞台上の動きも写真と図に落とし込んだ
物を完成させました。

後継者不足で、あと数年で神楽がなくなってしまうという話を各地で聞き
何とか力になれないかと考え、趣味の尺八と奥さまのピアノを生かし
もし途絶えても後々復活する資料として
五線譜ではない和楽器の楽譜を一般的な五線譜にして
メロディがわかるようにしたそうです!

新聞に載るとは聞いていたがこんなに大きく載るとは思わなかった
と顔をほころばせ報告に来てくれた和田さん
R0011310_R.JPG
「妻や協力者がいなければとてもできなかった。みんなのお蔭」
と感謝の言葉を口にしていました。

他にもツル植物の研究などもしているそうで
「まだまだやりたいことがたくさんある、あと10年は生きたい」
と少年のような笑顔で語ってくれました。


「この記事に興味がある人がいたら連絡してほしい」そうですぴかぴか(新しい)


益々のご活躍を期待しています!!


【問い合わせ】真岡市市民活動推進センター
栃木県真岡市石島893-15 真岡市二宮コミュニティセンター2F
TEL:0285-81-5522 FAX:0285-81-5558


SZ
posted by コラボーレもおか at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼのニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック