CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月20日

コロナに負けない市民活動応援記Bにじいろもおか

活動応援記第3弾は、
真岡市内でシトラスリボンプロジェクトの活動を行っている
「にじいろもおか」の皆さんです。
コロナ禍で生じた差別をなくすために活動しています。
メンバーの皆さんから活動の経緯などをお聴きしました。

〜〜〜〜〜

――まずは自己紹介をお願いします。

にじろもおかです。
よろしくお願いします。

@IMG_4924_R.jpg

私たちは、令和2年の11月に結成したばかりの団体です。
もともとPTAやボランティアでのお母さん仲間で結成しました。
活動のきっかけは、コロナ禍で起きている差別をなくすためシトラスリボンプロジェクトという活動があることをメンバーが知ったことでした。
その後、真岡西ロータリークラブでの活動などを通じ、私たちに出来ることがあるのではと思い立ち、みんなで作り始めました。
作るだけでなく、真岡中学校を皮切りに学校で作り方を教える活動に繋がりました。
ロータリークラブの支援をうけたり、コラボーレもおかに登録したり、活動の幅を広げています。

――まさしくコロナ禍らしい活動として一気に広がっていますね。とはいえコロナ禍での活動で、気を遣うことも多いのではないでしょうか

そうですね。
感染拡大防止の対策はもとより、活動時にはいろいろ気を使っています。
特に学校に教えに行く際は、行く人をしっかり伝え、人数も相手の規模に合わせ最低限にしています。
また、活動時にはしっかり記録をつけ、振り返りも行って、次に生かしています。

AIMG_8781_R.JPG

――活動の振り返りまでしっかりされているのですね。それも踏まえてこれからの活動はどう考えていますか。

見通しが通らず、難しいと思っています。
少なくとも2年は続くと思うので、活動も続いていくと思います。
まだまだ求められていくと思いますから。
逆にコロナ禍で時間ができて活動もやりやすいので(笑)

今後取組んでみたい活動としては、動画配信や作成キットでしょうか。
視点を変えながら進めてみたいです。
また銀行や病院からもシトラスリボンを欲しいとのお話をいただいてます。

BIMG_8870_R.JPG

学校では児童会や保健委員の子たちが継続してくれているみたいなので、繋げて行きたいです。
そうそう、つい先日は図書館の皆さんにも作り方お教えしたんですよ!
新しいボランティアさんがどんどん増えていって欲しいです。
落ち着いたら、止まってしまっている一般向けの講座なんかもやっていきたいですね。

――仲間増えるといいですね。それでは最後に仲間の募集でPRしたいことはありますか

興味をもったらTwitterやメールでお問合せ下さい。
市内に、もっとリボンを置いてもらいたいと思っているのでご協力お願いします!

――コロナ禍だからこその素晴らしい活動を紹介いただきました。ありがとうございました。

YouTubeでは、活動の様子やシトラスリボンの作り方を配信しています。
併せて、どうぞご覧ください!

YouTubeリンク
https://youtu.be/30B949vVf2U


コロナ禍という大きな災害の中で、そこから生じた地域の困りごとをみんなで解消したい。
「ただいま、おかえりって言いあえるまちに」
このスローガンにすべての想いが込められている気がします。

センターでも配布キットを置かせてもらっています。
興味が沸いたらぜひチャレンジ&普及を試してみてはどうでしょうか

CIMG_4947_R.jpg

ぜひ仲間の皆さんと共に、
シトラスリボンの普及と差別の解消により一層立ち向かっていって欲しいと思います。

(インタビュー:長野)
posted by コラボーレもおか at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック