CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«障害者と防災【1】 | Main | 価値観の違う生き方»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
障害者と防災【2】 [2009年02月09日(Mon)]
【本人・家族向け】
http://www.autism.or.jp/bousai/bousai-hb-honninkazoku.pdf



《以下、本書から抜粋》

長年、自閉症の人たちに接してきて、この人たちが社会で暮らしていく上で、基本的に人間としての「関わり合いの難しさ」を痛感しています。
私も支援者の一人として、多くの研究者の意見を取り入れて実践はしていますが、現実の生活の中で自閉症の人たちが直面する事態は、受け身にされていることが多いのです。出来るだけ、一つずつ自分から学べるように援助することが重要だと思っています。そこには、どうしても日常的にしっかりした交流出来る人間関係を作っていることが望まれるのです。それが一番はっきりと表れてくるのが災害時だと思います。「どうするか」「何をしたらいいか」「こうしてみよう」「ああしてみよう」などという咄嗟の判断は、そこにいる複数の人たちが共通に認識出来るものでなければならないのです。
『防災ハンドブック−支援する方へ』が好評であったことは、私どもの協会が、関係のつきにくい自閉症の人たちを大変困難な災害という事態から助けるという文化に辿り着いたからです。そして本書は、その内容を本人・家族向けにまとめたものです。関係者たちの真摯な気持ちのこもった内容を熟読玩味していただきたいと思います。
社団法人 日本自閉症協会会長 石井哲夫

《目 次》
・はじめに
・災害のいろいろ
   災害がおきたら自閉症の人は?
・災害がおきたら こうしよう
   家族の方へ−練習していないことはイザというとき役に立たない!
   要援護者名簿に登録しましょう
・Q&A
・避難所とは
   家族の方へ−ひとりで悩まないで
   早めに支援を求める
   自閉症の人と避難所生活
・避難所での生活はこうなります
   福祉避難所とは
   「車中泊・テント泊」アウトドアの知恵
・心のケアと心の健康管理􀀀
   助かってよかったね
   大丈夫だよ、元気になるよ
・復興に向けて
   仲間同士の支えあい
   ネットワークを作ろう
   日頃からきょうだいへの配慮を
   被災後の健康管理
・日頃からの準備を
   防災のための訓練を
   日頃の生活が防災の基礎になる
   その時、障害者は弱者でなかった
   本人の生活を一日も早く日常に戻すこと
・家族で防災会議をしましょう
・「助けてカード」の作成