CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« イベント報告 | Main | ボランティア»
第4・5回講座は移動教室 [2012年05月11日(Fri)]

 5月10日(木)

テーマは、「生物多様性と生態系概論」、「病害虫入門」
       千葉県立中央博物館での移動教室

5月10日県立中央博物館.JPG

 シニア自然大学の講座には、学習テーマによってフィールドでの学習が組み込まれており、移動教室が多くある。固定された教室を望む人には煩わしいかもしれないが、移動先でも学べるから楽しさが増す。千葉の自然を展示する県立中央博物館の講堂が本日の教室。ここでこれから7回授業を受ける。弁当持参者が多い移動教室となった。

 10:00〜12:00 第4回講座「生物多様性と生態系概論」
   講師 由良浩氏(千葉県生物多様性センター副主幹)
 13:00〜15:00 第5回講座「病害虫入門」
   講師 竹内妙子(NPOちば農業支援ネットワーク調査役)

 上野館長(中央博物館)の挨拶によると、平成元年にオープンした館は収蔵物の多さや、自然誌系学芸員(50名)や人文系学芸員の数など日本でも有数の自然系博物館であるとのこと。昼休みの時間を利用して常設展示場を覗いてみたが、確かにじっくりと時間をかけての見学に値する博物館のようだ。館に隣接して自然と触れ合える「生態園」もある。これからの講座に加え、館内見学や生態園の観察も愉しみとなる。

5月10日第4回講座由良氏.JPG

第4回講座 人間にとっても恵みとなる、生物多様性のめぐみ

 由良浩氏(千葉県生物多様性センター)による「生物多様性と生態系概論」の講義。千葉県の生物多様性については、日本で誇れるものであり、それは世界でも通用するものであると第2回講座(中村俊彦氏)で紹介された。知っているようで説明が難しい「生物多様性」、「生態系」という言葉、マスコミに頻繁に登場する用語である。その意味や関係性について、氏が専門とする植物生態学の知識を駆使して興味を駆り立てる解説が行われた。ここ10年の爆発的な種絶滅の危機に直面しているとの冒頭の指摘、一方で、生物多様性のめぐみは人間にとっても恵みのものであり、そのめぐみは衣食住に及び、最近ではバイオミミクリー(生物模倣)による新しい活用例も多くあるとの紹介、総ての生命存立の基礎であり、豊かな文化の根源、有用性の源泉、安心・安全の基礎は、生物多様性によってもたらされていると括られた。後半は生態系(エコシステム)の用語解説。

5月10日第5回講座竹内氏.JPG

第5回講座 野菜の病気や害虫が発生するしくみを知る

 竹内妙子氏(NPOちば農業支援ネットワーク)による「病害虫入門」の講義。氏は30数年間、千葉県農業試験場で野菜病害の発生形態と防除に関する研究と取り組みを行ってこられたベテラン専門家。植物の病気は、原因となるウイルスや細菌、菌類などの病原体によって引き起こされるもので、ウイルス病は昆虫、汁液、土壌、種子によって伝染する。又、昆虫、ダニ、線虫などの害虫によっても異常症状が伝染するが、その被害は茎葉の食害、葉への侵入、茎葉からの吸汁、根の食害・吸汁、果実、花、いもなどへの加害に及ぶ。その防除対策については豊富な例を紹介して解説され、“家庭菜園は、植物と昆虫や微生物が共に棲んでいる世界”、“観察そして早期発見、原因の調査、対策”が肝心という締めの言葉が印象的であった。市民農園や家庭菜園を営んでいる受講生も多く、具体的な質問が多く寄せられた。
シニア自然大学 4月26日講座 [2012年05月01日(Tue)]

4月26日シニア自然大学 017.jpg

4月26日講座は、千葉の自然と食について

 10:00〜12:00 「千葉の自然概論」
講師 中村俊彦(千葉県立中央博物館副館長(併任)千葉県生物多様性センター副技監)
 13:00〜15:00 「健康な暮らしと食」 
講師 渡辺智子(千葉県立保健医療大学教授)

第2回目講座。今日からの講座は、午前(10時〜12時)と午後(1時〜3時)の2本たてとなる。午前の「千葉の自然概論」(講師中村俊彦氏)と午後の「健康な暮らしと食」(講師渡辺智子氏)の講座が行われた。会場は前回と同じく千葉駅前の塚本ビル8階の教室で、下の写真のようにスライド上映の関係で講師を椅子が囲んだ。

4月26日シニア自然大学 004.jpg


“世界一”もある自然環境の豊かさと生物の多様性 
中村俊彦氏の講義は、シニア自然大学が学習テーマとする「自然、環境、農漁業」など全般に及んだ。親潮と黒潮の海がぶつかり合う房総沖の海、落葉広葉樹林と常緑針葉樹林が共生する房総の台地と里山、これらは普段見慣れた自然環境であるが、実は地球規模でみても特別に恵まれたものであり、生物の多様性と連続性を育んでくれる自然環境である。名古屋で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の場でも専門家からも認められた、千葉県が世界に誇れる自然環境である。
講義の前半は自然環境の特色について、後半はこの自然環境がもたらす生物多様性が意味するものについて、そして、都市化の進展がもたらす影響とこれからのあるべき社会の方向性にまで話題は広がった。
こう書くと堅苦しく聞こえるが、こよなく千葉の自然を愛する中村氏の話は、“世界一”をキーワードに、独自の見解も交えながら房総の自然と環境の魅力を語るものであり、2時間で話し終える内容ではなかったが、ユーモラスな話術といろいろな例を引いての楽しい話に受講生は熱心に耳を傾けた。

4月26日シニア自然大学 013.jpg

実践の勧め・ちば型食生活 
渡辺智子氏の講座は、科学的で、文化的な側面からの豊かな食卓づくりのための望ましい食事に関する話の後、基礎代謝基準値や望ましい体重表の数値から必要なエネルギー量を計算し、食べたエネルギーを計るために食事チェックシートに個人データを記入する実践的な講義となった。シートはチェックされた後、講評されるとのこと。
元気な毎日を過ごすために、千葉の豊かな恵みを生かした「ちば型食生活」を提唱しておられる氏は、仲間と一緒に作成した「ちば型食生活・食事実践ガイド」を教材に、健康維持のために必要なエネルギー量の計算式、健康管理のための望ましい体重管理について細かい解説を加えた。受講生はこうした資料に基づき食事チェックシートの空白欄を埋め、提出した。実践ガイドブックにある“主菜はグウー、副菜はパー”とは、おかずの量をイメージするために考案されたものだが、判りやすい目安だ。
定年後、メタボの指導で地元の栄養士さんにお世話になることがある。患者の立場で聴くことになるのでどうしても構えてしまうことが多いが、今日の講義は第三者の立場で聞くことができた。テーマのせいだろうか、気のせいだろうか、女性の方が男性に比べより真剣に聞き入っておられたように見受けられた。男女を問わず全員が講義に集中して聞き入ったのは、話題がサプリメントに移ったときだ。同世代の関心事は似ているのだと妙なことに納得し、なるほどとうなずいてしまった。

シニア自然大学講座が開講しました [2012年04月20日(Fri)]

4.19開講式3.JPG

シニア自然大学が開講


一年がかりで準備を進めてきたシニア自然大学が開講しました。開講に先立ち体験講座が2度開催され、いずれも有料の講座にもかかわらず多くの申込者が参加して実施されるなど、その関心の高さに驚かされ、期待が高まる中での開講となりました。

第一期生42名が受講

平成24年4月19日午前、県内では初、全国でも3番目となるシニア自然大学が千葉に誕生しました。開講式は40名の受講生と千葉県や関係団体の来賓や千葉自然学校理事が出席し、千葉市内の施設(きぼーる)で行われました。来賓を代表して、千葉県立中央博物館中村俊彦副館長と産経新聞千葉総局長羽成哲郎氏から祝福のスピーチとメッセージが寄せられました。

午後からは、会場を駅前の塚本ビルに移して、佐藤初雄氏(NPO法人自然体験活動推進協議会代表)による講義「自然体験活動の理念」が早速始まりました。最初の1時間は緊張を解き解すアイスブレークに当てられ、これで受講生はリラックスし、講師の話に熱心に耳を傾けていました。これから一年間、毎週木曜日(1日4時間)に開催される講座の始まりです。

4.19アイスブレーク6.JPG
4.19アイスブレーク14.JPG
 冒頭はアイスブレークの時間です。アイスブレークは自己紹介を通して、知らない者同士が仲間となるためのコミュニケ一ションを促すものです。これで受講生の緊張感がすっかり解けました。