CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

札幌クローバー会さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
ご挨拶 [2010年02月01日(Mon)]
障がい者の社会参加、そして子供たちの心のつまずき、共に本来なら地域の人たちの理解が大きな支えとなるものです。しかし、障害者も支える側も「心」という、普通に暮らしている人たちにとっては分かりづらい部分を問題としています。そのために現状としては、障害者は家の中や病院内にしか居場所がないことになりがちです。
そこで、まずこのような問題を地域ぐるみで共有していくことが必要なことと考えています。その場合、欠かせないことは必ず問題の当事者の声を反映させるということです。「障害者」「心の悩みを抱える人」そして「その家族」の実際の声を広く集め、それを周囲の人たちと共有していくことが、障害者の社会参加を実現させることとなり、また心のつまずきを抱えてしまった若い人たちの立ち直りを実現させていくことになると思います。
 その当事者や家族の人たちに広く参加していただき易い環境を作るとともに、就労することが困難な障害者に対して、通所による生活訓練・作業訓練等を行ない、就労の場を提供し、地域社会や関係機関と一体となって障害者の自立の促進と福祉の向上に寄与することを目的として、「札幌クローバー会」を設立いたしました。
私たちは、どんなに大きな「差」であろうとそれを「個性」と認め、一人一人の個性的な自己実現を尊重し、人が人として認めあい理解しあうということの意味を探求し続け、すべての人たちの幸福につながる活動を行っていきたいと願っています。私たちはこの個性豊かな人々と共に生き、この活動を行っていくために、次のことを大切にしたいと考えます。
1)障害があろうとなかろうと、社会の一員として一人一人を大切にし、お互いに助け合いながら生きていこうとする人々の集まりであること。
2)「札幌クローバー会」を活動の拠点として、広く地域に在住の障害者のみならず あらゆる社会的弱者への支援をしていく。
3)一般社会との相互理解をすすめながら、地域の障害者福祉計画ならびにその実現に協力していく。
                         以上
Posted by クローバー at 10:36 | ご挨拶 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)