CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人CRファクトリー

NPO・市民活動・サークルのマネジメント支援の専門家集団
CRファクトリーによるブログです。
コミュニティマネジメントに関するコラムの掲載、
団体運営に役立つセミナー・イベント情報の発信等を行います。


最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
コラム「人を幸せにするコミュニティ」 [2016年05月26日(Thu)]

コミュニティキャピタルの3つの因子.jpg

こんにちは、代表の呉です。
上智大学との共同研究で「コミュニティキャピタル研究会」というものをやっています。

そこでは「コミュニティの状態」を測定して、それが「団体のパフォーマンス」や
「個人の健康・幸福」などにどう関連・影響するかを明らかにしようとしています。

2013年と2014年の2回のアンケート調査(合計約1,000人)によって、
コミュニティの状態を測定する3つの因子が浮かび上がってきました。
(統計手法は因子分析)

■第1因子 理念共感と貢献意欲
 第1の因子は、団体の活動理念への共感とその活動への貢献意欲に関するものです。
同じ集団に属する人間として、仲間と目的や目標を共有し、共にそれを目指そうと思えること。
「この団体を自分も一緒に担っていきたい」「とことんがんばりたい」と思える感覚が第1の因子です。

■第2因子 自己有用感
 第2の因子は、団体の中で自分が役に立っている、必要とされているという感覚です。
ただ団体の活動に参加するだけでなく、活動・関わりを通して「自分は役に立っている」
「必要とされている」と感じられること。
欠かせない存在であり、自分は重要であると思える感覚が第2の因子です。

■第3因子 居心地の良さ
 第3の因子は、居場所としての団体の状態です。
それも物理的に快適であるということではなく、「人間関係が良好である」
「メンバーと一緒に活動することが楽しい」「仲間といると落ち着く」と感じられること。
これらによる「居心地の良さ」が第3の因子です。

統計的な手法を通して浮かび上がってきたこの3つの因子は、
現場寄りの私達としてもとても納得のいくものでした。
そして、それぞれの因子得点を上げるためには、
どんな施策・打ち手を講じて行けばよいのか、についても設計もいま進めています。

みなさんの団体・組織・コミュニティはどのような状態でしょうか?どの因子が高そうですか?
(ちなみにCRファクトリーも診断したのですが、「第3因子:居心地の良さ」が非常に非常に高く、
「第2因子:自己有用感」が全体平均よりも低かったです。(苦笑))

いま診断実施団体を募集しています。
10名以上のメンバーがいる団体であれば、どの団体でも参加できます
(NPO・市民活動団体・サークル・PTA・自治会・株式会社も)。
今なら無料です。簡易なレポートも提供いたします。
もしご興味のある方はぜひご一報ください。
メールでご説明差し上げます。
上智大学で説明会も開催予定です。

※お問い合わせ先:info@crfactory.com

「この団体を自分も一緒に担っていきたい」「自分は役に立っている」
「メンバーと一緒に活動することが楽しい」
とみんなが思えるような組織・コミュニティをぜひつくっていきましょう。

(代表 呉 哲煥)



<CRファクトリー/講座・イベント情報>

【1】全10回の短期集中プログラム「コミュニティ塾」
〜「団体運営」に必要なマネジメントを網羅的に学ぶ!〜

★仲間とともに最高のコミュニティを創る
 徹底的に熱い/あたたかいチームづくりにこだわるリーダーになる
詳細・申込:http://www.crfactory.com/communityjuku/
=========
【2】“NPO法人コモンビート”の事例から学ぶ
非営利団体の『人と組織のマネジメント勉強会 』
〜人の「こころ」を動かす、愛着と関係性づくり〜

日時:2016年6月22日(水)19:30〜21:45
詳細:http://www.crfactory.com/wp/2016_event02/
=========

Posted by NPO法人CRファクトリー at 20:00 | コラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント