• もっと見る

シエルの会

自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもをもつ宮城県の親の会です。
お問い合わせはメールで(アドレスはプロフィールにあります)


最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/ciel/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ciel/index2_0.xml
プロフィール

シエルの会さんの画像
シエルの会
プロフィール
ブログ
最新コメント

シエルの会

名前シエルの会(シエルはフランス語で大空という意味です)
誕生日発足は2000年9月です
都道府県宮城県
自閉症スペクトラムの人たちへの理解と支援が進むこと
【会の趣旨】
 「シエルの会」は、高機能自閉症、アスペルガー、高機能広汎性発達障害児(及びそれが疑われる児)をもつ親の会です。
 相談に従事する人、及び発達障害に理解を示す人も加入できます。
 高機能自閉症、アスペルガー、高機能広汎性発達障害の子どもたちは知的には正常範囲にありますが、コミュニケーションや社会性に困難さを抱えた子どもたちです。保護者や相談支援、教育に携わる人を中心に、子どもたちがその子らしく、よりよい人生を歩んでいくことを支えていく会です。

【会員数】
 宮城県内 40名(2021年5月現在)
 仙台市の会員が多いのですが、会員は全県にいます。

【会の活動】
 会員の相互の親睦を図ることや情報交換を行うこと、及び研修会・勉強会を通して子どもたちの支援、保護者と家族の支援、社会の理解と支援を進めること。 具体的な活動は以下のとおり。

・ 総会(年1回)  毎年5月に開催しています。
・学齢期の子どもを持つ親のグループミーティング
・会の全員による研修会(年3回程度)
 会員外の人の見学参加を認めています。
 『シエルの会』に関心がある人は見学参加をご活用下さい。
・会員のうち希望者による活動
 新年会のほか、女子会、オヤジの会を随時開催しています。
・会報の発行 年1〜2回程度発行しています。
・発達障害の理解と支援を進める働きかけを必要な時に行政機関等に随時行っています。
・各種の情報提供
 メーリングリストで、学会・行政・支援機関・他団体等が開催する講演会の情報、行政情報、その他の役立つ情報を詳しく紹介しています。

【 参加しているネットワーク 】
・「発達支援ひろがりネット」
 宮城県の発達障害に関わる団体によるネットワークです。
 調査や共同事業を行っています。
 『発達障害啓発週間』(4月2日〜8日)に、啓発行事を毎年開催しています。
・日本発達障害ネットワーク
 発達障害にたいする理解と支援を進めている日本の発達障害を代表する団体です。
 「シエルの会」はエリア会員として参加しています。
 2012年度と2013年度、会長が日本発達障害ネットワークの協議員を務めました。

【会  費】
  年会費 3,000 円

【連絡方法】
 メールでご連絡下さい。★を@に置き換えて下さい。
 ciel.aspe★gmail.com

【入会方法】
 研修会や総会の際などに、入会の手続きを受け付けています。
 入会を考える方は、研修会・総会に見学参加していただくか、あるいはメールでご連絡下さい。

【2021年度役員】
会 長=中嶋 廉
ほか、副会長、事務局長、会計で役員会を構成しています。
保護者による自主的な会なので、名簿管理、会場の予約、連絡(郵送)、会計、研修会の受付など、事務局の仕事は手分けして行っています。