• もっと見る

シエルの会

自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもをもつ宮城県の親の会です。
お問い合わせはメールで(アドレスはプロフィールにあります)


最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/ciel/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ciel/index2_0.xml
プロフィール

シエルの会さんの画像
シエルの会
プロフィール
ブログ
最新コメント
公開講演会(2月16日)で、石浦章一氏(東京大学教授)を講師に、発達障害が脳科学の分野でどこまで解明されているか、お話を伺います。入場無料、誰でも参加できます。 [2014年01月13日(Mon)]
<ご案内>
 発達障害は「脳機能に起因する障害」(発達障害者支援法の定義)です。では、どのような仕組みで発症するのでしょうか。
 発達障害は、多くの遺伝子が関係する多因子疾患とされています。近年、精力的な研究が進められています。
 そこで、脳科学の研究、とくに認知を専門としている石浦先生を講師にお招きすることにいたしました。脳機能障害の発症の仕組みをやさしく解説していただき、最近の自閉症研究の状況についてもお話していただきます。

<演題>
原因は 遺伝? 育て方? 発達障害を生物学的側面から考える
〜脳機能障害の遺伝と発症の仕組み〜


【日時】2014年2月16日(日)13時30分より
【会場】仙台市・福祉プラザ 大広間(地下鉄・五橋駅で下車)
【講師】石浦章一氏(東京大学教授、分子生物学)

<石浦章一氏の横顔>
 1950年生まれ。1979年東京大学理学系大学院相関理化学博士課程修了。国立精神・神経 センター神経研究所疾病研究室長、東京大学 分子細胞生物学研究所助教授を経て、1998年 より東京大学大学院総合文化研究科・教授。 現在、東京大学生命科学構造化センター長、 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専 攻・専攻長。
 主な著書に、「老いを遅らせる薬」(PHP新書 2011年)、「遺伝子が明かす脳と心のからくり」(だいわ文庫、2011年)ほか、脳に関する著書が多数あります。

チラシはこちら→140216.doc
6月23日(日)の定例会 テーマは「不登校」 悩んでいる方、心配がある方はご参加ください。 [2013年05月10日(Fri)]
「シエルの会」は2013年度の第1回定例会を6月23日(日)に予定しています。会場は仙台市・福祉プラザの大広間、13時30分開会です。
 テーマは「不登校」。助言者として、松谷三喜子さん(宮城県教育相談センター)と、植村暢子さん(NPO煌の会)の2人をお招きします。
 松谷さんからは、「教育相談の現場から見えること」を、植村さんからは「フリースクールでの取り組み」を、まずお話ししていただき、その後は懇談の時間とします。
 「シエルの会」の定例会は、会員以外の方も見学参加できます。自閉症スペクトラムと診断され(あるいは疑われ)、不登校を心配している保護者の方はどうぞこの機会をご活用ください。
今年度の第3回定例会は、「就労支援の現状と障害者職業センターの役割」をテーマに2月10日に開催 [2013年01月03日(Thu)]
 「シエルの会」の第3回定例会は2月10日(日)13時30分から、会場は仙台市・福祉プラザの第1研修室です。
 講演は宮城障害者職業センターの三谷幸代さん(障害者職業カウンセラー)にお願いし、「発達障害のある人の就労支援の現状、障害者職業センターの役割」について、約90分、お話していただきます。
 会員外の方も見学参加できます。

ciel_4.jpg
定例会(10月21日)のお知らせ―成人の当事者の方々と懇談します [2012年09月18日(Tue)]
 第2回の定例会では、高機能自閉症の成人当事者の方々と懇談します。
 仙台市の発達相談支援センターにご尽力いただき、「青年の会(高機能自閉症青年グループ)」のメンバーにおいでいただき懇談します。2名においでいただく予定です。
「定例会」の後半はグループ別のミーティング等を行います。

【日 時】2012年10月21日(日)午後2時〜午後5時まで
【会 場】仙台市・太白区中央市民センター 大会議室
     地下鉄・JR、仙台市営バス・宮城交通バスの長町駅前で下車