• もっと見る

シエルの会

自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害の子どもをもつ宮城県の親の会です。
お問い合わせはメールで(アドレスはプロフィールにあります)


最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/ciel/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ciel/index2_0.xml
プロフィール

シエルの会さんの画像
シエルの会
プロフィール
ブログ
最新コメント
講演会の案内 発達障害のある人の再出発をサポートする仕組み、支援の現場の人たちから学びませんか? [2024年01月06日(Sat)]
 「更生保護」を知っていますか? 
 犯罪や非行をした人たちの立ち直りを助け、再出発をサポートする仕組みです。その活動は、法務省管轄の公的な機関のほか、たくさんの民間団体や市民のボランティアによって行われています。
 今回の学習会は、更生保護の活動に携わっている保護観察所と地域生活定着支援センターの方々から、更生保護の仕組みとその支援の内容についてお聞きし、支援の中で感じていることや保護者への期待とアドバイスなどについてもお伺いします。

 発達障害と犯罪に、直接の因果関係はありません。
 しかし、社会の理解や支援が十分でないために、発達障害のある人が、その特性や二次障害が影響して、犯罪の世界に引き込まれたり、非行に走ったりしてしまうことがあります。更生保護の活動に関わる方々もそうした事例に直面することもあり、できるだけ本人に寄り添いながら、一人ひとりに合った支援に取り組んでおられます。
 社会の中で生きづらさを抱える人への支援の場や相談の窓口がいろいろな分野にあることを知り、つながって生きていくことの大切さを学びたいと思います。

 この企画は、主催は「シエルの会」ですが、宮城県地域生活定着支援センターとの共催です。
 参加は自由ですが、資料を準備する都合があるので、事前にメールでご連絡ください。
 メールアドレスは、このブログの「プロフィール」のページにあります。

【 「シエルの会」 2023年度 第2回定例会のご案内】
一人ひとりの再出発のための支援
 〜犯罪や非行の防止、立ち直り支援の活動、そして支援の現場から見えること〜

【日時】2024年2月25日(日) 13:30〜15:30
【会場】仙台市太白区中央市民センター 中会議室(長町駅前「たいはっくる」内) 
【講演】
●石坂真美さん(法務省仙台保護観察所 社会復帰対策官)
 「再犯・再非行防止について 〜次のあやまちを防ぐために考えていること」
●白鳥貴寛さん(宮城県地域生活定着支援センター センター長)
 「もしも、自分のこどもが犯罪をしてしまったら」―小グループワーク  

主催:シエルの会  
共催:宮城県地域生活定着支援センター

チラシのダウンロードはこちらから
右矢印1240225 シエルの会 学習会案内.pdf

240225_blog.jpg
2月4日の定例会は「成人期の支援」をテーマに、実例から学びます。就労支援等で豊富な実績をもつNPO法人「グループゆう」の実践を紹介していただきます。 [2022年12月31日(Sat)]

「成人期の支援、サービスを利用するとは」
―就労支援等の実例から学びましょうー

<ご案内>
 NPO法人「グループゆう」は、仙台市から事業を受託して、自閉スペクトラムをもつ人の自立活動とそれを通しての自己理解を進め、就労支援で実績を積み重ねています。社会参加に向けての相談支援、家族支援、就労後の自立支援も手がけています。
 保護者として、どんな福祉サービスがあるかを知り、「サービスを利用して生きる」とはどういうことかを考えてみましょう。

日時:2月4日(土)13時30分開会
会場:仙台市福祉プラザ・第一研修室
講師:佐藤裕信さん(グループゆう)

※会員以外の方も見学参加できます。
 あらかじめメールでご連絡ください。ciel.asape★gmail.com(★を@に)
 新型コロナの感染対策に留意してご参加ください。

シエルの会.jpg
9月11日の定例会は延期します。 [2021年08月30日(Mon)]
 新型コロナの蔓延で緊急事態宣言が宮城県にも発出されたことを考慮して、9月11日に福祉プラザで開催を予定していた第1回定例会は延期いたします。
 次の活動予定は、感染状況を見ながら、三役会議で協議いたします。しばらくお待ちください。
2021年度の第1回定例会は9月12日(日)に福祉プラザで。 [2021年08月01日(Sun)]
きょう三役会議を開催しました。
今年度の第1回定例会は、9月12日(日)13時30分より、仙台市・福祉プラザで開催することを決めました。顧問の梅田真理先生に参加していただき、茶話会を予定しています。
お問い合わせはメールでお願いします(アドレスは、プロフィールのページにあります)。
不登校、ひきこもり、ニート等に関わって「子ども・若者総合相談センター」の取り組みを伺います−7月7日、宮城県民会館で [2019年06月17日(Mon)]
【2019年度第1回定例会 公開講演会のご案内】
 「子ども・若者総合相談センター」を知っていますか?
 0歳から39歳までの人を対象に、主に社会生活上困難を抱える方や、その家族の相談にワンストップで対応しています。幅広い年代を対象としているので「切れ目のない支援」が可能です。石巻圏域で同センターを宮城県から受託しているNPO法人TEDICは、指定支援機関として、関係機関と連携して問題解決までの支援をめざしていることが特徴で、アウトリーチ支援(訪問支援)や居場所づくりにも取り組んでいます。経済的困窮、虐待、ネグレクトなど、様々な困難が複雑に絡み合ったケースに対応されています。
 宮城県では、現在、石巻市・東松島市・女川町で暮らす方々を対象とした石巻圏域でのみ、センターが開設されています。
 「シエルの会」がとくに関心をもっている不登校、ひきこもり、ニート等について、その背景には複合的な要因があり、当事者とともに家族に対する支援が重要な場合が多いと言います。その取り組みから学びたいと考え、講演会を企画しました。

【日時】2019年7月7日(日)13:30〜15:00まで
【会場】宮城県民会館 4階 会議室
【講師】門馬 優さん
   (NPO法人TEDIC代表理事、石巻圏域子ども・若者総合相談センター長)
    〜子ども・若者総合相談センターと指定支援機関の活動について〜

<「シエルの会」会員以外の人も参加できます>
 この講演会は公開で開催します。入場は無料です。
 資料準備の都合があるので、事前にメールでご連絡ください。
※参加のご連絡、問い合わせは以下のメールアドレスに。
 ciel.aspe★gmail.com (星を@に変えて下さい)

●チラシのダウンロードはこちらから右矢印1190510 第1回定例会(7月7日)チラシ 改正版.pdf
梅田真理・宮城学院女子大学教授をお招きして7月9日に第一回定例会 [2017年06月01日(Thu)]
 第1回定例会の開催が決定しました。
 日時は7月9日(日)13時30分開会。
 会場は仙台市・福祉プラザの第3研修室(10階)
 宮城学院女子大学教授の梅田真理さんを講師にお招きして、「自立に向けて大切にしたいこと〜教師として、親として」というテーマでお話を伺います。

案内チラシはこちら右矢印12017年 第一回定例会.pdf

170709.jpg
11月8日、「自己肯定感って、何だろう」をテーマに公開講座 誰でも参加できます [2015年10月12日(Mon)]
チラシのダウンロードはこちら→151011.doc

151011.jpg

 11月8日(日)13時30分より、仙台市福祉プラザの第2研修室で公開講座を開催します。
テーマは、「『自己肯定感』って、何だろう 『自分が自分であって大丈夫』って、どういうこと?」。
 京都教育センター所長で、「登校拒否・不登校問題全国連絡会』代表をつとめている高垣忠一郎氏を講師にお招きします。
 入場は無料です。誰でも参加できます。
11月8日(日)13時30分より、仙台市福祉プラザで「自己肯定感」をテーマに公開講座 [2015年07月16日(Thu)]
 2015年度の第2回定例会を11月8日(日)に開催する予定です。
『自己肯定感』をテーマに、公開講座を開催する計画です。会場は、仙台市福祉プラザ第2研修室、13時30分開会。
 詳細が決まり次第、ご案内いたします。
7月19日に藤原加奈江・東北文化学園大学教授を講師に、『親の悩みをTEACCHの視点で読み解く』 [2015年07月15日(Wed)]
「親の悩みをTEACCHの視点で読み解く」をテーマに講演と懇談の会

【日時】2015年7月19(日)13時30分より15時30分まで
【会場】仙台市・福祉プラザ11階 第1研修室 (地下鉄・五橋駅で下車)
【講師】藤原加奈江氏(東北文化学園大学教授)

<ご案内>
 「TEACCH」についての基礎的な講話をしていただいたあと、藤原先生との対話形式で、参加者それぞれが抱えている悩みと問題に焦点をあてます。「いま困っていること」「将来の不安・見通し」「支援の方向性」などを藤原先生と一緒に考えます。
 藤原先生は、「TEACCHは、あらゆる年齢層、あらゆる機能層の生活全体にわたって支援を提供するもの」と、自身の著書の中で述べています。学齢期から青年期にいたるまで、幅広い年代の子どもの親の悩みに応えていただける内容になります。

<見学参加ができます>
「シエルの会」の定例会は見学参加が自由です。無料です。誰でも参加できます。

発達障害の理解をリセットしてみませんかー診断基準の改定を機に、学び直す公開講座を6月8日に開催 [2014年03月07日(Fri)]
チラシはこちら→140608.doc

【日時】2014年6月8(日)13時30分より15時30分まで
【会場】仙台市・青年文化センター 2階 研修室第2 (地下鉄・旭ヶ丘駅で下車)
【講師】福地 成氏(児童精神科医)
    公益社団法人 宮城県精神保健福祉協会「みやぎ心のケアセンター」地域支援部長
【ご案内】
 発達障害を知っていますか? この講演会は、初めて学ぶ人のよい機会です。また、学んだことがある人には、学び直す絶好の機会です。
 昨年、発達障害の診断基準が「DSM―4」から「DSM−5」に改定されました。では、どこが、どのように変わったのでしょうか。なぜ改定されたのでしょうか。
 そもそも診断とは何でしょうか、そして診断基準とは何でしょうか。発達障害は問診で診断しますが、診断では何を診ているのでしょうか。私たちの発達障害観に、何が問いかけられているのでしょうか。
 診断基準の発展の背景には、発達障害の理解と支援の蓄積があります。診断基準の改定を機に、発達障害の理解をリセットしたいと考え、企画いたしました。

※この公開講座は会員以外の方も自由に参加できます。
※参加費は無料です。
※お問い合わせはメールでお寄せ下さい。
 ★を@に変えて、送信してください。
 ciel.aspe★gmail.com
| 次へ