CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

屋久島町立中央中学校

世界自然遺産の島「屋久島」の中学校

<校訓>
  自主・友愛・鍛錬


若い目 [2016年03月11日(Fri)]
新聞掲載!

11日の南日本新聞「若い目」コーナーに3年前田夏希さんの「可能性を意識する」の文(PTA進路講演会の内容)が掲載されました。是非御一読ください。

 私はまだ将来の夢が見つかっていません。行きたい大学も決まっていません。しかし、2月16日にあった3年生生徒・保護者を対象にした進路講演を聞き、ゆっくり考えたいと思いました。講演会は、校区内高校の教頭先生が来校され,「将来の進路選択に向けて,今何を考え,何をすべきか」というタイトルで先生の学生時代の体験や今の仕事に就いた理由などを具体例をまじえながら話をしていただきました。卒業も間近になった私ですがとても考えさせられ,大変有意義な時間となりました。講演後、家に帰って講演会に来ていた母と「今日はとても参考になる話を聞けて良かったね」と進路についての話をする機会になりました。
 「中学3年の今,是非やってもらいたいこと」として、@仕事の種類や中身について興味関心に従い調べてほしいこと。A世の中の動きに常に好奇心を持ち続けてほしいこと。などの話が印象に残りました。特に講話の後半で、先生が強調されていた「自分の可能性にふたをしない」「素直に物事や人のアドバイスを柔軟に受け入れ改善する姿勢を持つ」ことを意識して、さらに自分らしさを出して頑張ろうと思いました。話がとても深くわかりやすく、そして、自分のためになる話が聞けてとてもうれしかったです。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント