CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« 未来予想図、ビジョン | Main
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
名古屋の微熱ー長期出張用ホテル[2010年11月04日(Thu)]
名古屋で開催したCOP10に長期出張。
十数日間ホテル住まい。
事務局が予約してくれたホテルはお城近くのシティホテル風?。ロビーも部屋だって広く眺めも最高、バスタブだってそれなりに。
しかし、ぼくはついよく利用するビジネスホテルと比べてしまった。
まず、大浴場が無いー疲れが溜まる。
コインランドリーがないー洗濯物が溜まる。バイキング形式の朝食でないー野菜不足になる。
そして、衣服用消臭スプレーがないー衣類や靴のの臭いが気になる、だって三日間程着続けてから着替えるんだから〜、などなど、長期滞在にはこの上なく不便。

その点ビジネスホテルは激戦市場だから、出張族にはありがたいサービスが一杯。
改めてビジネスホテルの機能の凄さを見直した。
シティの良さって、体操ができるスペースがあったことかな。
それともぼくが利用方法を知らないだけ?
名古屋の微熱ー出られない出口[2010年11月01日(Mon)]
名古屋の栄駅出口。ある焼き鳥屋に二度目に行った時のこと。
店から最寄出口を聞き、出口に急ぐ。
聞いた出口は8B。8番出口は簡単に見つかった。さて、Bはと捜すも、近くには全く見当たらない!おかしい!絶対あるはず!しかし、無い!

冷静になり地下鉄出口の地図を探し確認。地下鉄出口に8はあるがBは無い!
呆然!
再度焼き鳥屋に確認の電話。間違いない!

今度は地下街の地図も見る、と全く方向が違う所に8Bがあるではないか。

ウーンメー。何とも声にならないうめき声が、
名古屋の場合、地下鉄と地下街の出口表示に一貫性がなく、てんでんばらばらに記号を振っているのだろう。
ほろ酔い気分なら嫌になってしまうはずだ。
微熱はまだ続いている。
名古屋の微熱ーあの資料の行方[2010年11月01日(Mon)]
COP10が終わったが、気になっていることが。

あの会議場内の何箇所かに置いていた資料の数々は、一体どこに行ったのだろうか。
一堂に展示してあると、関係のありそうな資料を片っ端から手にとり、パラパラめくり、役に立ちそうな物をかばんへ。便利なのだが。
事務局からは各自が持ち帰るように、とのメールが流れていたが、あのうずたかく積まれた中から、ピックアップするのは至難。
海外から参加の方は、あえて印刷物を送り返したくはないだろうし。

あの資料の原料は殆どは紙、木材である。この会議で議論している生物資源である。こんなに無駄になっていいかと思いつつ、ぼくのかばんは資料で一杯。
世界中の人類の研究成果や知恵が詰まった貴重なドキュメントがこの場で入手できるーだから、と。

どこかの図書館で公開・頒布してはどうだろうかー。この際、世界の生物多様性フェアなんて図書館で催しては。既に実行しているといいが。

⇒この種の解決法はエコプロダクツ展を参考にするといい。主催者が配布物を電子データで預かり、会場や自宅でダウンロードできる
名古屋の微熱ー救急車までも[2010年10月27日(Wed)]
町中が生物多様性締約国会議対応になっている名古屋市内。
救急車までもCOP10仕様。会場近くで常時待機している。
会議は連日深夜に及び体調を崩す方もいることだろう。公共交通機関が終わっている時間まで会議が延びた場合は、バスなどで宿泊場所まで送迎する決めごともあるようだ。

知らない土地でも安心して交渉に当たれるような環境を用意するのも開催地の役割なのだろう。当然かー!
名古屋の微熱ー桑名の奇跡千羽鶴[2010年10月25日(Mon)]
千羽鶴と聞くとあの糸に通した折り鶴を思い浮かべるが、これはちょっこし違う。
会場内のブースで実演、ぼくは偶然出会った。
一枚の紙から数羽の繋がった連続した鶴を折る独特の連鶴。最大97羽までの鶴を一枚の紙に切り込みを入れて折っていく。目の当たりにしたが、!?!
面白い〓

何となく熱中しそうな予感が。こんどは知恵熱かー。
江戸時代に桑名・長円寺住職によって考案されたようだ。桑名市の無形文化財に指定され広める会が普及に努めている。
名古屋の微熱ー埃も分別?[2010年10月24日(Sun)]
生物多様性フォーラム会場は公園、つまり屋外、毎朝の作業は雑巾がけからスタート。展示台、展示物、椅子に貯まった泥を水拭きする。ザラザラしていた物達が輝き出し、今日もお客様を迎える。
⇒写真は真っ黒になった雑巾

⇒COP10会議場内の廃棄物は11に分別されている。市内のルールとほぼ同じ。リサイクルチャートも表示されており判りやすい。常時担当者がついているので、普及啓発活動にもなるかなー。

名古屋の微熱ー食事が目的?[2010年10月20日(Wed)]
会議場ないでASEAN関係のフォーラムの取材へ出動!ぼくはなんでもやである。もしかして多能?!
フォーラム会場まえはごった返していた。よほど人気のテーマかと思い気や、主催者が昼食をだしていたのだ。
会場内で食べる人もいて、まさに国際会議の雰囲気。

しかしである、会議が始まると人は半分以下にいなくなったー!
更に報告が始まってからも、食べている人も。
何だろうーこれがこれが国際会議の常識なのかなー。微熱が続く。
名古屋の微熱ー給水ポイント[2010年10月20日(Wed)]
COP10会議場内には写真のような水汲場があちこちに設けられている。冷たく冷やしてあるので、白熱した議論の後のクールダウンにいいか!
会場内への入館パスを持っている人にはマグボトルが予め配られているので、空になったら何度でも入れられる。
ぼくも持っていたのだが、あまりにも荷物が多いので、置いてきた。残念!代わりにペットボトルに繰り返し入れています。
名古屋の微熱ー生物多様性配慮麦[2010年10月19日(Tue)]
COP10開催を記念してアサヒビールから、生物多様性に配慮した生ビール・オーガニックプレミアムが発売。早速買ったが飲んでいない。何だか嬉しいから、しばらく飾ってから戴こう。
通信販売のみで、期間限定発売中。

微熱続く。
名古屋の微熱ー天敵高知の農業[2010年10月19日(Tue)]
高知県の展示に目が点。野菜や果物を狙う害虫から守ってくれる小さな虫たち。高知県では農家が天敵を使うことで、農薬を使う量が減り、高知の自然と生物多様性を守っいる。
キューバの取り組みは聞いたことがあったが、高知県でこれまで進んでいたとは、話を聞いて興味津々。
そうだ高知に行こう!名古屋の微熱が続く。
| 次へ
プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml