CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« おいしい生活 | Main | COP10 »
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
貸し借りができる関係[2010年12月16日(Thu)]
立派な野菜たち!一円も持たずに買えてしまったお話を。
会社勤めの娘の、この大根美味し!の声に反応して目覚めた。大根の煮物はぼくの手料理なのだ。一手間かけると美味しく・簡単な。レシピは後ほど掲載。

さて、ゴミ出しのついでにちょっこし散歩。知り合いが、
丸丸さんで野菜売っているよ、と。
お金持ってきてないしー。
貸しますよー。返すのは今度会った時でいいからー。
それでは甘えてー。と200円借りる。

目の前の丸丸さんで野菜を見る。立派な三浦大根、白菜、キャベツ!!
野菜たちが、私を連れ帰って! と叫んでいるよう。
よっしゃーっ。みんな連れたったるわー。
しかし、お金が150円足りない!
丸丸あばさま、いいわよ、今度ポストに入れといて。
合計350円借りてしまったが、何だか嬉しくなった。

金がないわけじゃないけど、持ち合わせがない時に出会った心の融通。

ぼくのちょい筋社会像が、ここにあった。

⇒レシピはあとで
続きを読む...
多様性なき新聞の未来像!?[2010年12月14日(Tue)]
あの中国の記者に反社会的組織と言われてしまった、我が国の記者クラブ制度。
報道が単一化して、利権事業を守る為なら、冤罪を造り続ける今の社会。
中国の記者に指摘されたくはないが、実状はまさにその通り。
記者クラブなど彼等を税金で何故養う必要があるのかー。彼等だって高等教育を受けているはずなのに。
長いものに巻かれたい人間が、入りたいのが報道という民間会社なんだろうか。

近頃、新聞を熟読することがない。テレビの報道番組もまともに見る気にならない。ましてやおちゃらけ政治バラエティーなんて電気の無駄そのもの。つまらない番組スポンサーの商品は絶対買わないと決めている。

なんでだろうか?信頼を失った会社は潰れる運命にあるのに、新聞社はひたすら洗剤を配っている。

⇒新聞販売店は将来像を描いているのだ、きっと。新聞紙が無くなった後の事を。
ご用聞きをし、物品を配達するという、ビジネスモデルを描いていたんだー。その手初めが洗剤だ!流石だね!
マスコミでは生物多様性が叫ばれているが、彼等がいますべきことは、情報の多様性が緊急課題のはずだ。
平日の午後、何の行列[2010年11月14日(Sun)]

平日の午後、授業の合間に池袋の大型家電店へ、名刺用紙を買いにいく。
1階に長蛇の行列、ざっと4.50人か。
平日の午後に、よほど特典がある商品に並んでいるのか??と思い、店員さんにインタビュー。
すると全く予期せぬ返答。「テレビの説明を聞くための順番待ちです」と。

「??????」何のことやらと、しばし考える。
そうかー、家電エコポイントが半減するので、その前の駆け込み需要か。
1階はテレビ売り場、テレビの前ではすでに店員が顧客に説明中、その順番を待つ列、レジの行列はよく見るが、説明を聞くための行列とは。

景気は上向くのだろうか、そして省エネ社会は進むのだろうか。

ぼくも、エコポイントを利用して、地デジテレビと冷蔵庫を買い、さらに住宅ポイントで北側窓をペアサッシに変えた。快適だ。さらに節水型トイレも検討中。

我が家も日本社会も省エネ型へシフト中か。未来社会に着々と進んでいる実感がちょっこし。
民主党へのお手紙ー闘う相手を間違うな[2010年09月03日(Fri)]

民主党党首選が行われているが、あまりにも低次元な発言が相次いでいるので、思い余って民主党本部と、選挙区の代議士に苦情と要望のメールを出した。

その内容を掲載します。民主党の選挙権は無くとも一国民として見過ごすわけにはいかないし、ましてや先の選挙で投票した人に意見を言うのが筋かと、メールをした次第だ。

件名: 無能化せよ、空き缶首相そして冴えない閣僚たち
一連の党首選を拝見して、管さんの無知、役不足が露見。
この人、元々野党体質であり小団体の代表なら能力を発揮でき適任かも知れない。
しかし、権力を手にした途端迫力が全くなく、日本国をしきるにははっきり言って役不足です。
記者会見など見ていても見るに堪えない…。闘う相手が誰なのかすら分からなくなっている状態では。真の相手は官僚制度や旧権力既得権者であろうに、仲間に感情むき出しの悪態をつく。

早めに辞任して相応の役に付いた方が、能力が発揮できるはずです。うがった見方をすればすでに能力を吐きだしてしまい、残っている能力がナイナイ状態ということですね。
首相には向かないということがはっきりした。このことはよくあることです。あるポジションでは最大の力を発揮しても、ポジションが変わった途端、それも昇任したようなポジションに付いた途端、駄目になる奴って一杯見てきたから。今度もその例ですね。早く気付いてよかったと思えるだけ、国民にとっては幸せなことかと思います。

それにつけても、党内で小沢さんの「資金の問題」を、感情的に発言するのはとても見苦しいこと。推定無罪が原則である法治国家で、また、あの東京地検も無罪と言っているのに、なぜ党内でこんな感情的な女々しい意見を言っているんだろう。これが攻撃と思っているならその人格を疑うね。弁護士出身の参謀きどりの官房長官がいるようですが、本当に噂通りお馬鹿なんですか。

こんなことも分からずに参謀きどりして知恵を授けているらしいが。弁護士らしい法律論を展開してほしいね。感情任せに発言、陰謀していると、ぼくのように前回の選挙で民社党に入れた人たちがどんどん離れていきますよ。覚悟してね。一度も選挙を棄権したことが無いのが自慢だったのにね、今度は考えちゃうな。

さて、話を戻して、マスゴミ・メディアを動員して小沢氏反対キャンペーンを行っているらしいが、この人、民主党員なの??疑問!!!! 閣僚にもおバカ発言を繰り返している人がいるが、ちゃんとした教育を受けているんだろうかーと。法治国家のはずだし、それを掲げてきた党なのに、権力に付くとみんな忘れる、都合のよさ。

これが民主党の限界なのだろうか。自民党とどっちもどっちかなー、と思ってしまいそうな今日のこの頃ですよ。
せっかく官僚主導から生活者・政治主導の政治に60年ぶりに、国家の枠組みを変えるチャンスだったのに、これを無碍にしてしまうなんて。期待感・大大だったのです。

ビジョンを掲げて「PDCA」と「スパイラルアップ」そしてコミュニケーションを

改革をするには当然既得権者の抵抗はあるが、国民の多くが応援しているのです。目指す方向・目標、取るべく手段、現状と進度、課題、国民に望むことなどを「PDCAサイクル」で、国民に四半期ごとに報告していく程度のことはやってください。スパイラルアップでね。北欧では年々国家ビジョン進度を報告してますね。日本国民だって理解できるよ、少なくとも国会議員のおじさんおばさんたちよりは感度がいい人が多いから。

掲げたあるべき方向に向かうなら国民負担もいとわないし、参画・応援するでしょう。賛同を得るには、ビジョンとツーウエィコミニュケーションの徹底です。

真の生活者のための政治をしてください。そして日本の進むべき方向に向けて、強い決意で取り組んでください。
以上が2010年9月3日に民主党に送付したお手紙。
谷川俊太郎「急ぐ」に投影する[2010年07月05日(Mon)]


谷川俊太郎「急ぐ」より


こんなに急いでいいのだろうか
田植えする人々の上を
時速200キロで通りすぎ

私には彼らの手が見えない
心を思いやる暇がない
(だから手にも心にも形容詞はつかない)

この速度は速すぎて間が抜けている
苦しみも怒りも不公平も絶望も
すべては流れていく風景

こんなに急いでいいのだろうか
私の体は速達小包
私の心は消印された切手

しかもなお間にあわない
急いでも急いでも間にあわない


今朝(2010.7.5)の毎日新聞「風知草」山田孝男記 の記事を読んで、感銘。
時間があるのに時間もない状態」が精神的にずっーと続いている。誰もが時に感じているのだろうが、常に何かに焦っている自分が、この詩に投影されている。

→写真はイメージ、十和田市現代美術館で撮影
ナイスな人々[2010年02月11日(Thu)]
早朝のウォーキングの時、ラジオを聴きながら「ちょい筋」している。ラジオを聴きながらは、脳を活性化すると研究者のレポートがあってから続けている。

さて、二日に「不可思議な権力なあり方」で、今、傾聴に値するメディアや人を報告したが、追加で何人か。他の人とは視点の幅が違うことを感じるだろう。

二日に紹介した分) いま、僕は、情報バランス、いや精神的バランスと言ってもいいが、日刊ゲンダイ、きっこの日記、TBSラジオ武田記者、ジャーナリスト上杉隆さん、国際ジャーナリスト小西克哉さん、ノンフィクションライター魚住昭さんを意図して聞くように、見るようにしている。後、しいて言えば毎日新聞かな。このところさえないが…。

→追加したナイスな人々
宮台真司さん、小沢遼子さん、江川紹子さん、ニューヨークタイムス東京支局長マーティン・ファクラーさん
江川昭子さんのブログでは、今のマスコミ問題を鋭く指摘しています。ぜひご一読を。
足を引っ張るマスコミ[2010年02月05日(Fri)]
政治や相撲の世界で、大波がやって来て、ひとまず収束に向かっているように感じる。
しかしながら、この大波は繰り返しやってきそうだ。
政治の世界では、対米関係に変化をもたらす勢力が、つねに狙われている。
また、官僚の著しくバランスを欠く既得権を平均化しようとすると、てきめん検察がいちゃもんをつけてくる。既得権にあぐらをかいた官僚どもと、ウィンウィン関係にある大手報道機関が、いま身もだえている。
相撲世界もそうだか゛、彼等には自浄作用が働かない。改革をしようとすると、メディアが足を引っ張る国って、どう考えても、異常としか言えない。
変われない日本、足を引っ張る人[2010年02月04日(Thu)]
気になる情報

前回、複眼での報道をなんてことを書いたが、社会現象の背景・裏事情を体系的に解説しているウエブがあった。★阿修羅♪

いま起きている現象は、なぜあんな風になっているのか、裏で糸をひいているのはだれなのか…、読んでみて「なるほどね・・・」と納得。
変われない日本の足を引っ張っている奴らは、一体誰なんだ、なぜなんだかが、とても理解できる。

ぜひご一読を。僕らは真じられるものがあるのか。
電気自動車が迫ってくる[2010年01月22日(Fri)]

埼玉県庁駐車場に、電気自動車充電設備があり、コンセントが付いていた。電気自動車の波が県庁までやってきた。次は市役所、出張所、そしてコンビニか。ガソリンステーションが電気ステーションに転換されるのも、時間の問題か。

車を持たない僕としては、ちょい筋ステーションを設けて、歩行者が一息つけるスペースが欲しいが。
ネットワークがつながらない[2010年01月20日(Wed)]
僕のインターネット環境は、マンション型光ブロードバンドなので、動画も快適この上ない。かつ月の使用料も3千円弱で、つましい生活を目指している僕としてもありがたい。

しかし、時々マンションのサーバーに不具合が発生して、接続ができないことがある。今年2回発生した。それでブログのアップはパソコンからできず、原稿がたまってしまった。
メールは携帯からPCメールにアクセスできるからフォローできるからいいが、銀行振り込みなどは手間がかかる。PCからの振込はATMに待たずにできるので、また、いつでも振込ができるので重宝しているが、インターネットにつながらないどうしようもない。

安定したインターネットのありがたさが身に沁みるここ数日である。
| 次へ
プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml