CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« ちょいとちょい金 | Main | おいしい生活 »
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
帰宅難民のぼくも、無事東京駅着[2011年03月12日(Sat)]
東京への帰途、東海道新幹線三河安城駅で状況確認のため数時間の待機。
この調子じゃ東京に着いてもその先の足がないと判断して、駅近くのホテルを予約。2軒目で無事予約完了。

翌朝、都内の交通機関の運行状況を確認しつつ、豊橋から新幹線に。こだま普通指定席は満席、グリーン車をとる。
新幹線は順調に東京へ。東海道線が途中から運休のせいかこだまは超混雑。

JR東京駅構内は長蛇の列があちこちに。北に向かう新幹線が全休なのだった。並びは何のためだろう…。
動いたらすぐに予約を取るのだろうか。それとも…。確認の術もなく、帰宅を急ぐ。

山手線はかなりの間引き運転。メトロ丸の内線に回る。間引き運転ながらも順順調に走っていて、無事帰宅できた。

ぼくの帰宅難民生活は二日間で終わったが、被害に遭われた方たちの生活がもと通りになるのはいつになるねだろうか。

一昨年行った松島、気仙沼、唐桑半島、陸前高田などなどの町が津波に襲われている。
あのきれいな海が、入り江が、そして船たちも、一瞬にしてクズのように形を変えてしまった。
牡蠣やホタテ、ホヤたちは元気だろうか…と。
この地域は、ここ数年毎年天災がやってきて漁師さんの生活が非常に厳しくなっているようだ。
そしてつい先週訪ねた大崎市蕪栗沼地域。多くの農家の皆さんにお会いしたのだが、みんな無事だろうか…。渡り鳥の雁を守り稲作を続ける皆さんの取り組みを、続けられるように、神様お願い!!!
帰宅難民のぼくも、無事東京駅着[2011年03月12日(Sat)]
東京への帰途、東海道新幹線三河安城駅で状況確認のため数時間の待機。
この調子じゃ東京に着いてもその先の足がないと判断して、駅近くのホテルを予約。2軒目で無事予約完了。

翌朝、都内の交通機関の運行状況を確認しつつ、豊橋から新幹線に。こだま普通指定席は満席、グリーン車をとる。
新幹線は順調に東京へ。東海道線が途中から運休のせいかこだまは超混雑。

JR東京駅構内は長蛇の列があちこちに。北に向かう新幹線が全休なのだった。並びは何のためだろう…。
動いたらすぐに予約を取るのだろうか。それとも…。確認の術もなく、帰宅を急ぐ。

山手線はかなりの間引き運転。メトロ丸の内線に回る。間引き運転ながらも順順調に走っていて、無事帰宅できた。

ぼくの帰宅難民生活は二日間で終わったが、被害に遭われた方たちの生活がもと通りになるのはいつになるねだろうか。

一昨年行った松島、気仙沼、唐桑半島、陸前高田などなどの町が津波に襲われている。
あのきれいな海が、入り江が、そして船たちも、一瞬にしてクズのように形を変えてしまった。
牡蠣やホタテ、ホヤたちは元気だろうか…と。
この地域は、ここ数年毎年天災がやってきて漁師さんの生活が非常に厳しくなっているようだ。
そしてつい先週訪ねた大崎市蕪栗沼地域。多くの農家の皆さんにお会いしたのだが、みんな無事だろうか…。渡り鳥の雁を守り稲作を続ける皆さんの取り組みを、続けられるように、神様お願い!!!
この不思議な世界ウ・タントホール[2011年02月14日(Mon)]

国際森林年キックオフ記念「美しい森林づくり」企業・NPO等交流フォーラムに参加。
ウ・タント国際会議場に入ったら、汗がドット!暑いのである。僕だけかと思い会場を見回すと、写真のように、ワイシャツ姿がチラホラといるではないか!

ぼくの温度センサーはどうやら正常のようだ。国連大のセンサーがおかしいのだ。
まだまだ冬である。今日は雪もフル予報だ。ぼくだって防寒対策に腹巻をし、厚手の靴下を履き、スパッツは当然!懐炉だって着けてきた。
なのにこの暑さ!だからこの暑さ!???

温暖化防止なんて!ほど遠い環境でぬくねくと温暖化防止!!なんて叫んでいる。まさにいまぼくはそこにいる。
イヤ、森が大事だー、危機的状況だー、森を守ろうー、と大都会の暖か過ぎる会議場で叫んでいる人たちが、そこに大勢いた。美しい森を作ろうって、呼びかけている人たちが。

⇒森林の話はどの人も堪らなくつまらない。各論ばかり、的外れー。
イベントをやって終わる森林年かなーとか。
森林年終わって見るとイベントも残らずーなんてならないといいが。

→13日のNPOときがわ山里文化研究所の埼玉NPO大賞受賞祝賀会でお会いした町長さんが、木の村の取り組みを話していたが、このイベントはまったく無関係のようだった。今度町長にもっと詳しく聞いてこよう。
琵琶湖の微熱ー繁栄と陰[2010年10月21日(Thu)]
名古屋をちょい離れて、毎年参加している琵琶湖環境ビジネスメッセを情報収集と見学。 初日から結構な賑わいでビックリ。米原からのバスを降りるとスピーカーからさらに賑やかな呼び掛けが。ずいぶん変わったなーと。

しかしちゃんと聞いてみると、この地域にある大手企業シー社とワイ社で働く・働いていた方達が、雇用問題で訴訟係争中で、会社の不当行為を訴えているのだった。
環境に優しい企業は働く人には冷たいのか、CSRを標榜しているが本当かー。
会場の周囲にガンガンと鳴り響いていた。

繁栄とその陰。みんなが元気に暮らせる社会には程遠い。
例えばかたつむりのように[2010年08月18日(Wed)]
のろまの代名詞のようなかたつむり。牛歩と言われる牛。かたつむりの漢字は蝸牛。鍋のような甲を被った牛なのだなー。

でもね、かたつむりは足跡を残しているね。鈍くだっていい。一歩ずつ前進していれば。
生と死ペーパーカントリーニポン[2010年08月11日(Wed)]
100歳以上の行方不明者が日に日に数を増している。
住民台帳は正確だなんていつから信じたのだろうか。
役所は紙で管理すれば万全だと考えていたのだろうか?
住民台帳の棚卸しー帳簿と実態の照合ーなんて何らかの方法でもやっていなかった事が露呈。
この国はペーパーカントリー・ニポン大国だった。
生と死の境界がますますわからなくなってしまった。
不可思議な権力のあり方[2010年02月02日(Tue)]



















普天間、検察とマスメディアーこの国のどうしようもない単眼的偏屈権力。

今回の普天間、小沢幹事長の一連の報道を見ていると、この国の新聞・テレビなどの大手マスコミと、いわゆる米国通、検察などの旧権力の癒着ぶりがひどい。この国の大手メディアってほとんど信用できない状態に。

普天間基地では偏った取材源や誤訳を意図的にしたとしか言えないような記事、小沢問題でも検察などの権力に偏った「自分たちに都合のいい情報のみ」報道し、もう一方の言い分や多面的な報道を全く報道しない。こんなの報道機関とは絶対言わない。

まさに偏向としか言いようのない記事しか書かない新聞社、そしてそのおこぼれで番組を作るテレビ局、番組のシナリオに沿った発言をする多くの御用評論家やどうでもタレントたちetc。

みんな食うための仕事なんだろうけど、意思はあるのだろうかな。

最近、僕はこの種のテレビ番組や新聞記事は見出しを見て全部スルー。時間の無駄、不要物リストに入ってきている。買わなくていいもの、見なくていいものになってきている。

最低限度、複眼での、過去・現在・未来を見据えた報道をしないと報道機関とは言えない。単なる機関紙でしかない。社内報だって自社と業界、社会動向はフォローするよね。

いま、僕は、情報バランス、いや精神的バランスと言ってもいいが、日刊ゲンダイ、きっこの日記、TBSラジオ武田記者、ジャーナリスト上杉隆さん、国際ジャーナリスト小西克哉さん、ノンフィクションライター魚住昭さんを意図して聞くように、見るようにしている。後、毎日新聞かな。

続きを読む...
元気になる絵[2010年01月22日(Fri)]


絵を見て元気になってしまった。なぜか村々いえムラムラする絵である。
たまたま通った東京芸術大学美術館で開催していた「絹谷幸二、生命の軌跡」。退任される記念展である。最終日とあってか先生も来場。あの自由奔放な、真っ赤な色遣いはどこから創られるのだろうか。
元気を勇気をそして創作の自由をたっぷりいただいて帰った。
時々会いたい作品も多くあり、再訪したかったが、すでに遅し。心に残像を残しておこう。
開催間近―木材の来た道上映会[2009年06月24日(Wed)]
僕たちが使っている家具や木材製品の原料は、いったいどんな森で伐採されているんだろうか、なんてこと考えたことはありませんか。
木材製品が私たちの元に来るまでをたどる上映会があります。

開催は6月25日(木)午後7時から、会場は、東京丸の内さえずり館、要事前申し込み、参加費500円
フェアウッド・パートナーズ
フェアウッド上映会&トークショー「木材の来た道―ways of experiencing wood 完全版」


「剣岳 点の記」そしてリチャード・ギア似??[2009年06月23日(Tue)]
山岳映像が美しいと評判の「剣岳 点の記」を見た。前列だったせいか山が迫ってくる錯覚にしばしば襲われた。ロケは大変だったろうなと、物語より撮影に心が揺れてしまった。

さて、「HACHI―約束の犬」を予告上映していた。
日本の「ハチ公物語」をハイウッドで映画化したものだ。主演はリチャード・ギア。先日、野菜を直売している農家の元気なおばさんから、「若いころのリチャード・ギアに似ている。私ファンだったの」と突然言われた。誰がって、もちろん僕に向かってです。僕はリチャード・ギアの顔が浮かばなかった。しかし、そういうのだから、まして若いころのというのだから、きっとそうなのだろう。

何でも駅ですれ違った時、リチャード・ギアが出ていた映画のシーンにそっくりで、ビックッとしたと後日言われたのだ。それ以降リチャード・ギアが気になっている。
念願かなって?!スクリーンで会えた。似ているかどうかの判断はお任せします。

ついでに陸上の朝原選手に似ているでしょうと早朝すれ違ったおばあさんに、突然言われびっくりしたこともある。朝は驚きが多いのだ。

| 次へ
プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml