CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« 地震の翌々日、荒川源流域で植林を「都幾川源流の森づくり」 | Main | 宙に浮く京都修学院離宮 »
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
ぼくの師匠?! ウメサオサダオ展[2011年03月27日(Sun)]

大阪の国立民族博物館で特別展「ウメサオサダオ展」に寄ってきた。

梅棹先生の記録が実物とともに大量に展示されていた。
 ぼくが感激したのは、著書への読者からの手紙をとっていたこと。「知的生産の技術」は1969年刊行、40年前のものである。その後重版を重ねているが、初版当時の読者の手紙を大事に保管していたとは…。

他にも幅広いさまざまなフィールドが大量にあり、一体どこに保管しておいたのだろうと・・・。それだけでぼくはイマジン。

イベントや展示のヒントがいっぱいあった。会場のフロアー部分は資料、その上部は小見出しという感じのキャッチがタペストリーに、さらに上部空間には普遍的にした原理原則が大きくぶら下がっている。久しぶりにいい展示を見ることができた。係の方に精いっぱいの御礼を述べて帰途に着いた。

→梅棹先生はぼくの師匠!かってにそう思っているのだが、著書「知的生産の技術」によってぼくの人生の方向は決まり、そしてぼくはそれを割りと意識して忠実に実行した。だから・・・今がある、とかとか。
6月14日まで開催、もう一度訪ねたい!!

この記事のURL
https://blog.canpan.info/choikin/archive/419
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml