CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« 桜咲くー憲政会館 | Main | ぼくの師匠?! ウメサオサダオ展 »
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
地震の翌々日、荒川源流域で植林を「都幾川源流の森づくり」[2011年03月27日(Sun)]

荒川支流の都幾川源流に植林。
取り付け道路からさらに上って、植林地へ。山の背の広場に荷を置き、急斜面に植林する。

前々日の突然の「東北地方太平洋沖地震」の影響で急遽大学生の参加が困難となり、今回の活動はNP0の会員のみが参加して広葉樹の苗木約400本を植えた。

 苗木はクヌギ、コナラ、ブナ、ヤマザクラ、エゴノキ、トチノ木、ケヤキの7種類。山の日陰には残雪があったが、風も無なく日差しは暖かく絶好の作業日和。昼にはイノシシ鍋、力仕事の後は特に美味しい。大学生の植え付けは後日、日程を調整して植える予定。

名前を記した立て札を立てながら、名前を書いてきた気仙沼の「森は海の恋人」室根山を思い浮かべた。あの山の下流域が津波でやられた。豊かな森の力で蘇って欲しい。きっと蘇る、森の力を信じよう。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/choikin/archive/418
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml