CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« 学生と協働-明日源流の森づくり作業 | Main | 上流社会は涼しいぞー »
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
民主党へのお手紙ー闘う相手を間違うな[2010年09月03日(Fri)]

民主党党首選が行われているが、あまりにも低次元な発言が相次いでいるので、思い余って民主党本部と、選挙区の代議士に苦情と要望のメールを出した。

その内容を掲載します。民主党の選挙権は無くとも一国民として見過ごすわけにはいかないし、ましてや先の選挙で投票した人に意見を言うのが筋かと、メールをした次第だ。

件名: 無能化せよ、空き缶首相そして冴えない閣僚たち
一連の党首選を拝見して、管さんの無知、役不足が露見。
この人、元々野党体質であり小団体の代表なら能力を発揮でき適任かも知れない。
しかし、権力を手にした途端迫力が全くなく、日本国をしきるにははっきり言って役不足です。
記者会見など見ていても見るに堪えない…。闘う相手が誰なのかすら分からなくなっている状態では。真の相手は官僚制度や旧権力既得権者であろうに、仲間に感情むき出しの悪態をつく。

早めに辞任して相応の役に付いた方が、能力が発揮できるはずです。うがった見方をすればすでに能力を吐きだしてしまい、残っている能力がナイナイ状態ということですね。
首相には向かないということがはっきりした。このことはよくあることです。あるポジションでは最大の力を発揮しても、ポジションが変わった途端、それも昇任したようなポジションに付いた途端、駄目になる奴って一杯見てきたから。今度もその例ですね。早く気付いてよかったと思えるだけ、国民にとっては幸せなことかと思います。

それにつけても、党内で小沢さんの「資金の問題」を、感情的に発言するのはとても見苦しいこと。推定無罪が原則である法治国家で、また、あの東京地検も無罪と言っているのに、なぜ党内でこんな感情的な女々しい意見を言っているんだろう。これが攻撃と思っているならその人格を疑うね。弁護士出身の参謀きどりの官房長官がいるようですが、本当に噂通りお馬鹿なんですか。

こんなことも分からずに参謀きどりして知恵を授けているらしいが。弁護士らしい法律論を展開してほしいね。感情任せに発言、陰謀していると、ぼくのように前回の選挙で民社党に入れた人たちがどんどん離れていきますよ。覚悟してね。一度も選挙を棄権したことが無いのが自慢だったのにね、今度は考えちゃうな。

さて、話を戻して、マスゴミ・メディアを動員して小沢氏反対キャンペーンを行っているらしいが、この人、民主党員なの??疑問!!!! 閣僚にもおバカ発言を繰り返している人がいるが、ちゃんとした教育を受けているんだろうかーと。法治国家のはずだし、それを掲げてきた党なのに、権力に付くとみんな忘れる、都合のよさ。

これが民主党の限界なのだろうか。自民党とどっちもどっちかなー、と思ってしまいそうな今日のこの頃ですよ。
せっかく官僚主導から生活者・政治主導の政治に60年ぶりに、国家の枠組みを変えるチャンスだったのに、これを無碍にしてしまうなんて。期待感・大大だったのです。

ビジョンを掲げて「PDCA」と「スパイラルアップ」そしてコミュニケーションを

改革をするには当然既得権者の抵抗はあるが、国民の多くが応援しているのです。目指す方向・目標、取るべく手段、現状と進度、課題、国民に望むことなどを「PDCAサイクル」で、国民に四半期ごとに報告していく程度のことはやってください。スパイラルアップでね。北欧では年々国家ビジョン進度を報告してますね。日本国民だって理解できるよ、少なくとも国会議員のおじさんおばさんたちよりは感度がいい人が多いから。

掲げたあるべき方向に向かうなら国民負担もいとわないし、参画・応援するでしょう。賛同を得るには、ビジョンとツーウエィコミニュケーションの徹底です。

真の生活者のための政治をしてください。そして日本の進むべき方向に向けて、強い決意で取り組んでください。
以上が2010年9月3日に民主党に送付したお手紙。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/choikin/archive/308
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
こねろく様、ありがとうございます。
マー、選挙権があろうとなかろうというべきことは「直接」言っておかなくては、なんだか外野席からガヤガヤ言っているような気分になり、落ち着かない。
自民党政権の時も「総理の器じゃない」と何度かメールしました。(^◇^)
効果のほどは何とも言えませんが、「声なき声に耳を傾ける」のが政治の基本と言いますから、聞こえているでしょう1?聞こえた振りふりでもいいけどね。では今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by:健一  at 2010年09月05日(Sun) 22:35

こんばんは、検索していて通りかかりました。すごい!メール出したんですか?!

その手があったんですねぇ〜選挙区の代議士さんは、菅さん支持なんですか?コチラはもっぱらブログでボヤイテます・・・

仮に菅さんが真っ白けっけにクリーンな政治家だとしても、総理としての資質と能力に欠けるようであれば・・・

政治とカネ問題より性質が悪いです。国家・国民のことに関わってるんですから・・・

第一、間近で色々見てきている小沢さんが同じようなことで墓穴を掘るようなことは考えにくい・・・

たとえ菅さんが言葉で墓穴を掘ったとしても・・・

手紙の内容を拝見してて、なんかε=Σ( ̄ )ホッとしました。空き缶には笑ってしまいましたが・・・

一票、投じられないのが((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!です!

では・・・失礼します。v(*'-^*)byこねろく♪
Posted by:こねろく  at 2010年09月05日(Sun) 19:56

プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml