CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ちょい筋・ちょい菌・ちょい金 ★ ちょい筋文明科学研究所
「ちょいきん」って聞きなれない言葉ですね。それに筋・菌・金と「きん」が三つも並んでいるし・・・。
さて、ちょい筋は私たちの筋肉をもう少し使おう。車に依存しないで移動や作業をするとき、筋肉を使おう。省エネにもつながります。二つ目の菌は、過度に無菌状態を作らないこと。最後の金は、筋肉を使うと節約でき若干お金もたまるということ。
体も心も元気に、持続可能な生活・社会に一歩進みましょう。
« 不規則生活、平衡崩れる | Main | 冬眠??雨蛙 »
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Legit online pharmacies
2009環境展からーキラリ光っている展示から (01/06)
健一
天職への階段 (10/28)
健一
不思議な天気 (10/28)
犬飼孝夫
不思議な天気 (10/28)
最新トラックバック
虫食いの白菜だから[2009年11月03日(Tue)]
久し振りにときがわの畑へ。
こんにゃく芋の茎が枯れ、芋のありかが分からない。感で掘るも外れっぱなし。枯れる前に目印を立てておかねばと反省。写真は掘りあてたこんにゃく芋。 素人の段取りの悪さが露出。


白菜が大きく育っている。虫食い状態だが無農薬・放任だから仕方がないか。自宅近くの農家の畑で見た白菜は、全く虫食いがなかった…。
美味しい野菜を安全に作るって、とても大変なことだー、とつくづく思う。お百姓さんのすごさに脱帽。

今、「リンゴが教えてくれたことー木村秋則さん著」を読んでいるが、自然農法、無農薬の農業の大変さがよくわかる。生活がかかった上での試行錯誤だから、なお苦労が多かったことだろう。決して放任主義ではないということ、そして雑草の大事を感じた。土を肥やしてくれるらしい。またまた課題が増え、興味が増えていく。人生常に学びか・…。これもまた楽しい。
最近購入した農業関係の書籍(あくまでも買ったものです)
・自然農薬の作り方と使い方(農文協)
・森の人 四手井綱英の90年(晶文社)
・四手井綱英が語る 子連の森林づくり(ナカニシヤ出版)
・リンゴが教えてくれたこと(日本経済新聞出版社)
そして、
・動的平衡(木楽舎)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/choikin/archive/151
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

健一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/choikin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/choikin/index2_0.xml