CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年11月26日

【開催報告】休眠預金等活用助成事業第2回研修会

ちばのWA地域づくり基金では休眠預金を活用した助成事業「社会的養護下にある若者に対する社会包摂システム構築事業」を実施しています。
先日、今年度第2回目の研修会を開催しました。

日 時:2021年11月24日(水)13:30〜16:00
場 所:メイプルイン幕張2051会議室
参加実行団体(順不同・敬称略):
 ・ちば子ども若者ネットワークコンソーシアム
 ・一般社団法人はこぶね
 ・株式会社ベストサポート
 ・一般社団法人いっぽの会
主 催:公益社団法人ちばのWA地域づくり基金(資金分配団体)
※本研修は休眠預金等活用助成事業として実施しました。
symbol_main_normal_img.png


◆プログラム◆
・チェックイン
・実行団体事業進捗の共有
・事例紹介「居場所・若年女性向けシェルター事業の取り組みについて」講師:特定非営利活動法人ダイバーシティ工房
・質疑応答
・グループワーク

【開催報告】
チェックインとして各グループ内での自己紹介、本研修で学びたいこと等を発表し交流する機会を持った後、各実行団体から活動進捗状況を報告して情報を共有しました。
IMG_1165.JPG

各団体の発表内容は以下の通り。
1)いっぽの会の久保田氏からは、シェアハウス開設の準備、HP公開、チラシ作成作業およびスタッフ研修実施等についての報告があった。
2)子若ネット(コンソーシアム)の安井氏からは、広報・啓発事業に係るシンポジウムを毎月開催していることやWEBサイト開設準備および居場所事業に関連する連携体制構築事業として国、県、市や関係団体の情報収集および連携についての報告があった。
3)はこぶねのぺ・スヨン氏からは、子どものつながりと支援を行うためのオトモダチ作戦としての取り組み状況の報告があった。
4)ベストサポートの竹嶋氏からは、事前に行った施設の子どもたちのアンケート調査結果から子どもたちのニーズを把握してどのように活動に生かせるのかという視点からシェルター事業、居場所事業、就労支援事業の状況について報告があった。
IMG_1158.JPG

次に、先進事例紹介として、 ダイバーシティ工房の立田氏から各実行団体の参考となるシェルター事業、LINE相談事業および地域基盤強化事業についての取り組みを紹介した後、参加者との質疑応答や意見交換を行って共通の理解を深めました。
IMG_1163.JPG

参加者からは、シェルター事業等では、事業運営の持続性の確保や子どもたちの心のケアへの対応、生活支援に関する質疑がありました。
また、LINE相談事業では、相談内容に応じた緊急性が高い場合の対応や他の機関につなげることについての質疑、地域基盤強化事業では、学校や施設など関係機関とのネットワーク化の課題や仕組みについて参加者の関心が高かったです。

最後に3つのグループの各代表者(竹嶋氏、池口氏、安井氏)からグループで話し合ったまとめを発表しました。この中では今後、実行団体の交流の場をつくり、情報を共有化して相互の活動に生かしていくことが重要であるとの意見が多くでました。
IMG_1170.JPG


IMG_1172.JPG

研修会は参加者の満足度も大変高く、主催した私共も大変勉強となる良い機会となりました。
想定以上に参加者からの質問も多く、今後の事業において良い学びの機会となったかと思います。実行団体間での連携の兆しも見えてきました。

次回は3月に外部の方もお招きしての課題共有会議を開催予定です。

休眠預金等活用助成事業「社会的養護下にある若者に対する社会包摂システム構築事業」の詳細についてはこちら
https://chibanowafund.org/?page_id=2552
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 15:39| Comment(0) | 休眠預金助成

2021年11月12日

【開催報告】休眠預金等活用事業コロナ緊急支援枠 事業完了報告会

10月26日(火)、休眠預金等活用事業コロナ緊急支援枠の事業完了報告会を開催しました。

日時 2021年10月26日(火)13:30〜16:30
会場 ホテルメイプルイン幕張
参加者 40名
主催者 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
※本報告会は、休眠預金等活用助成事業コロナ緊急支援枠として実施しました。
図1.jpg

◆プログラム◆
第1部:6団体による報告・質疑応答 ※zoom配信
1. 開会・事業概要説明
2. 6実行団体による報告・質疑応答
・特定非営利活動法人ダイバーシティ工房 「居場所がない子ども・若者の居場所事業〜リスクの高い若年女性向けシェルター運営〜」
・特定非営利法人ケアラーネットみちくさ 「コロナ禍を乗り越え、共生社会をめざして〜住民と専門職とがつくる互助センターの創設〜」
・特定非営利活動法人 生活困窮・ホームレス自立支援 ガンバの会 「仕事や住まいを無くした人の地域定着支援〜ひとりにさせない伴走型支援〜」
・特定非営利活動法人子どもの環境を守る会 J ワールド 「地域と連携した貧困脱却のための自立支援〜見えない壁を打ち壊すために〜」
・特定非営利活動法人ワーカズコレクティブういず 「キッチンカーでGO!〜どこでもこども食堂&暮らしのサポート〜」
・企業組合労協船橋事業団 「新型コロナにより住居を失った人の支援事業〜シェルターの運営と地域への定着〜」
3. 審査委員よりコメント
第2部:交流会〜会場の皆様との交流会〜

【開催報告】
弊財団では昨年より休眠預金を活用し、「地域連携型アフターコロナ事業構築事業」として、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止対策や経済活動の停滞により経済的、精神的、身体的影響を受けたひとり親家庭、子ども、高齢者、生活困窮者など社会的孤立リスクの高い層のニーズに対応する支援活動に対し、家族環境、生活環境や経済状況、地理的環境によって格差が拡大しないよう、また当事者を支える支援事業が消滅または後退することによって二次的被害が生じることがないように地域を支えていく事業を千葉県内の6つの団体と推進して参りました。
当初の予測より大幅に長引くコロナ禍ですが、今般、1年の事業期間を9月30日で終えました。
事業期間は完了となりますが、今回実施した事業のニーズは引き続き強いものであり、各団体でそれぞれの事業は引き続き運営されていきます。

助成期間を終え、この度休眠預金等活用事業コロナ緊急支援枠の事業完了報告会を開催致しました。
ウィズコロナ/アフターコロナを見据えた1年という短い期間の事業でしたが、実行団体の努力や多くの関係機関の協力により、事業開始に想定していた以上に活動が必要とされ広がり、ボランティアや支援の輪も広がる事業となりました。
当日は会場とZOOM配信のハイブリッド開催となり自治体、支援機関、企業など計40名の方にご参加頂き、各団体の取り組みや受益者の変化などをご報告を聞きました。
IMG_0959.JPG


IMG_0970.JPG


IMG_0967.JPG


この事業の選考の際、審査員をしてくださった岩村様からは「1年前の審査の時には、はたしてコロナ禍で思い描く活動ができるのか、大規模な資金をきちんと活用できるのか、目標を達成できるのかなど不安な部分もありましたが、今日みなさんのご報告を聞いて周囲の変化に対応しながら着実に活動を積み上げられ目標以上の成果を上げられたことを頼もしくありがたく思いました。」とのコメントをいただきました。
IMG_0974.JPG


第2部での交流会では、コロナ禍ではなかなか実現することのできなかった対面での実行団体同士や地域企業様との交流や情報交換を行うことができました。
IMG_0977.JPG


各団体の詳しい事業の詳細、報告については事業報告書をご参照ください。
この1年で築き上げた事業スキームや環境整備など今後活かして活動を継続していくわけですが、ひとまず実行団体のみなさま、1年間お疲れ様でした!
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 06:48| Comment(0) | 休眠預金緊急コロナ助成