CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年11月26日

【開催報告】休眠預金等活用助成事業第2回研修会

ちばのWA地域づくり基金では休眠預金を活用した助成事業「社会的養護下にある若者に対する社会包摂システム構築事業」を実施しています。
先日、今年度第2回目の研修会を開催しました。

日 時:2021年11月24日(水)13:30〜16:00
場 所:メイプルイン幕張2051会議室
参加実行団体(順不同・敬称略):
 ・ちば子ども若者ネットワークコンソーシアム
 ・一般社団法人はこぶね
 ・株式会社ベストサポート
 ・一般社団法人いっぽの会
主 催:公益社団法人ちばのWA地域づくり基金(資金分配団体)
※本研修は休眠預金等活用助成事業として実施しました。
symbol_main_normal_img.png


◆プログラム◆
・チェックイン
・実行団体事業進捗の共有
・事例紹介「居場所・若年女性向けシェルター事業の取り組みについて」講師:特定非営利活動法人ダイバーシティ工房
・質疑応答
・グループワーク

【開催報告】
チェックインとして各グループ内での自己紹介、本研修で学びたいこと等を発表し交流する機会を持った後、各実行団体から活動進捗状況を報告して情報を共有しました。
IMG_1165.JPG

各団体の発表内容は以下の通り。
1)いっぽの会の久保田氏からは、シェアハウス開設の準備、HP公開、チラシ作成作業およびスタッフ研修実施等についての報告があった。
2)子若ネット(コンソーシアム)の安井氏からは、広報・啓発事業に係るシンポジウムを毎月開催していることやWEBサイト開設準備および居場所事業に関連する連携体制構築事業として国、県、市や関係団体の情報収集および連携についての報告があった。
3)はこぶねのぺ・スヨン氏からは、子どものつながりと支援を行うためのオトモダチ作戦としての取り組み状況の報告があった。
4)ベストサポートの竹嶋氏からは、事前に行った施設の子どもたちのアンケート調査結果から子どもたちのニーズを把握してどのように活動に生かせるのかという視点からシェルター事業、居場所事業、就労支援事業の状況について報告があった。
IMG_1158.JPG

次に、先進事例紹介として、 ダイバーシティ工房の立田氏から各実行団体の参考となるシェルター事業、LINE相談事業および地域基盤強化事業についての取り組みを紹介した後、参加者との質疑応答や意見交換を行って共通の理解を深めました。
IMG_1163.JPG

参加者からは、シェルター事業等では、事業運営の持続性の確保や子どもたちの心のケアへの対応、生活支援に関する質疑がありました。
また、LINE相談事業では、相談内容に応じた緊急性が高い場合の対応や他の機関につなげることについての質疑、地域基盤強化事業では、学校や施設など関係機関とのネットワーク化の課題や仕組みについて参加者の関心が高かったです。

最後に3つのグループの各代表者(竹嶋氏、池口氏、安井氏)からグループで話し合ったまとめを発表しました。この中では今後、実行団体の交流の場をつくり、情報を共有化して相互の活動に生かしていくことが重要であるとの意見が多くでました。
IMG_1170.JPG


IMG_1172.JPG

研修会は参加者の満足度も大変高く、主催した私共も大変勉強となる良い機会となりました。
想定以上に参加者からの質問も多く、今後の事業において良い学びの機会となったかと思います。実行団体間での連携の兆しも見えてきました。

次回は3月に外部の方もお招きしての課題共有会議を開催予定です。

休眠預金等活用助成事業「社会的養護下にある若者に対する社会包摂システム構築事業」の詳細についてはこちら
https://chibanowafund.org/?page_id=2552
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 15:39| Comment(0) | 休眠預金助成