CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年04月13日

【お知らせ】使用済みインクカートリッジ回収ボックッス新規設置

新たに四街道市みんなで地域づくりセンターにインクカートリッジ回収ボックスを設置していただきました。

みんなで地域づくりセンターは、地域づくり、まちづくりに関する様々な情報を広く集めて発信し、団体と市民、行政機関をつなぎ、市民みんなが関わる地域づくりを推進しています。
元気なコーディネーターが迎えてくれる支援センターです。

こちらのセンターで回収されたインクカートリッジ分は弊財団が設置する「子どもの今と未来を考える基金」に寄付されます。そして子どもを取り巻くさまざまな課題、とくに貧困・虐待・孤立の実態に向き合い解決に取り組む活動の支援のために使われます。
インクカートリッジの回収にはどなたでもご協力いただけますので、ご不要な使用済インクをお持ちの方はぜひお運びください。
IMG_6852.JPG

●場所
四街道市みんなで地域づくりセンター(四街道市大日396(文化センター1階)
開館日:火曜日-金曜日 9:00-20:00 土曜日 9:00-17:00
↓四街道市みんなで地域づくりセンターHP↓
http://minnade.org/

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。
※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。
 ちばのWA地域づくり基金事務局
info@chibanowafund.org
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 09:52| Comment(0) | 寄付促進

2018年04月11日

【ご報告】遺贈寄付促進について相続診断士会でご紹介

先日、千葉県相続診断士会第22回定例会にお招きいただき、遺贈寄付について弊財団の取り組みをご紹介させていただきました。

*相続診断士とは、「相続」が「争族」にならない為に、笑顔で争族を迎えるお手伝いをするのが「相続診断士」の求められる社会的役割です。相続の基本的な知識を身につけて相続診断ができる資格です。(一般社団法人相続診断協会HPより http://souzokushindan.com/

*『相続診断士会の目的』
相続診断士会は、『日本から争いを無くし笑顔相続を広める』という相続診断協会の崇高な目的に賛同し、その目的達成のために志の高い相続診断士が集い、情報交換や勉強会などにより自己研さんを行う事を目的とします。
「教える事は学ぶ事」の精神で、己の利益は追求せず、ボランティアの精神で相続診断士の仲間と学ぶ姿勢のある方が参加資格を有します。(千葉県相続診断士会より)

ということで、税理士、行政書士、生命保険や不動産関係の方など相続診断士が参加し、毎月「相続」にまつわる旬なテーマで勉強会をされているそうです。
この日は相続の新しい選択肢としての家族信託と遺贈寄付がテーマでした。
まずは行政書士で相続診断士の先生から家族信託について講義とワーク。
30411765_1720981834633629_5612750368644530176_n.jpg

その後、弊財団の紹介と遺贈寄付促進のための取り組みについてお話させていただきました。
内容は「遺贈寄付」の現状について、今後遺贈寄付が拡がる可能性があること、一方で当事者の不安や不安を解消する仕組みが整備されていないこと。
そして、不安を解消し、安心して「思い」を実現できる様々な取り組みについて、です。
30594805_1721557304576082_2843974558539579392_n.jpg

「遺贈寄付についてクライアントからの要望があったが、どこに繋いだらいいのかわからず実現できなかった。」
「相続人がいない人が増えている中で遺贈寄付について知ることができてよかった」
「相続だけでなく信託と遺贈寄付は相性がいい」
など、ご意見をいただくことができました。
多様化する社会の中で、選択肢も増えていることを多くの方に知っていただく活動を連携して進めていきたいと思います。(志村)

************
ちばのWA地域づくり基金では、全国レガシーギフト協会が各地に設置している「いぞう寄付の窓口」の一つとしてご相談を受け付けています。
遺贈寄付を希望する人の多くが、その「人生の集大成のひとつとしての社会貢献」を実現させるために安心して相談できる仕組みであり、信頼できる団体や専門家のご紹介、冠基金の創設のお手伝いもさせていただいています。
お気軽にご相談ください。
電話ちばのWA地域づくり基金 TEL:043−239−5335
サーチ(調べる)一般社団法人全国レガシーギフト協会「いぞう寄付の窓口」
https://izoukifu.jp
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 13:53| Comment(0) | 寄付促進

2018年03月28日

【お知らせ】支援ベンダー新規設置

「ちばのWAの自動販売機で飲料を購入すると千葉の未来づくりへの寄付になる」

新たに弊財団オリジナルラッピング支援ベンダーが千葉市花見川区㸿橋町の有限会社飯田産業様に設置されました。
iidasangyo.png


iidasangyo2.png


このデザイン、自動販売機や風景にマッチしてとてもいいそうですよ。とキリンビバレッジのご担当者がつぶやいていました。
ちばのWAの支援ベンダーを見かけたらぜひご購入を。そして、新規設置してくださる場所も探しておりますので、ご関心ありましたらご連絡ください。
TEL:043-239-5335(ちばのWA地域づくり基金:志村)
TEL:047-479-5540(東京キリンビバレッジサービス株式会社:矢口様)
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 10:49| Comment(0) | 寄付促進

2018年03月08日

【ご報告使用済みインクが寄付になる!〜回収結果ご報告(生活クラブ千葉様)〜

■101個のインクカートリッジが集まりました■ 

1/22(月)〜2/18(日)の期間限定で、生活クラブ千葉様のデポー(直営の小売店)3店舗で店頭回収にご協力いただきました。
 デポー店頭に置かせていただくのは初めての試みで、呼びかけに応じて下さる組合員の方がどのくらいいらっしゃるのか不安もありましたが、短い期間にも関わらず、多くの方にご協力いただきましたことを感謝申し上げます。
(写真はデポーみつわ台店での回収の様子)

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。

※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。回収に必要な資材などは協力会社から無償で提供されます。費用は一切かかりません。
 
 ちばのWA地域づくり基金事務局
 info@chibanowafund.org
 043-239-5335

201801〜02生活クラブ千葉3デポー実験回収の様子(みつわ台).jpg
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 17:08| Comment(0) | 寄付促進

【ご報告】捨てないで!使用済みインクが寄付になる!〜ご寄付ありがとうございました〜

NPOクラブ様(千葉市)のご提供くださった使用済インクが
■525円のご寄付になりました(2017年12月分)■ 

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。
※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。回収に必要な資材などは協力会社から無償で提供されます。費用は一切かかりません。
 
 ちばのWA地域づくり基金事務局
 info@chibanowafund.org
 043-239-5335
newチラシ原稿.jpg
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 17:00| Comment(0) | 寄付促進

2018年01月26日

【お知らせ】使用済みインクカートリッジ回収します

【使用済インクカートリッジが寄付になります】
生活クラブ千葉様のデポー(直営の小売店)3店舗で店頭回収に期間限定でご協力いただけることになりました。
デポーでのお買い物は組合員の方に限られますが、食の安全にこだわった品物のみを揃えていらっしゃいます。インクカートリッジの回収にはどなたでもご協力いただけますので、ご不要な使用済インクをお持ちの方はぜひお運びくださいませ。

●日程
 1/22(月)〜2/18(日)
●場所
 デポー真砂店 千葉市美浜区真砂5-21-12
 デポーみつわ台店 千葉市若葉区みつわ台3-14-5
 デポー園生店 千葉市稲毛区園生町1107-7
《開店時間は曜日、店舗によって異なりますので公式HPでご確認ください》
↓生活クラブ千葉公式HP↓
http://chiba.seikatsuclub.coop/

ちばのWAでは、寄付を身近に、気軽にしていただきたいと、使用済インクカートリッジの回収に取り組んでいます。回収されたカートリッジは専門業者に買い取られ、ちばのWAの事業を支える寄付となります。

※回収BOXの設置にご協力くださる団体様や企業様などがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。
ちばのWA地域づくり基金事務局 (眞柳)
info@chibanowafund.org
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 08:01| Comment(0) | 寄付促進

【ご報告】ソーケン製作所@市川市 様からご寄付いただきました

ソーケン製作所斎藤様が来訪され、弊財団の「子どもの今と未来を支える基金」に¥25,009のご寄付をいただきました。

これは、ソーケン製作所様で1/13(土)に行われた《新春地域感謝祭》で集められたものです。写真つきの報告書をいただきましたので早速拝見!ソーケンの皆様が地元地域の方々と楽しい時間を過ごされたことが伝わってきますね。

お預かりしました寄附金は…
●生活困難家庭の子どもの学習支援活動
●ひとり親家庭、在住外国人家庭など孤立に陥りがちな子どもを支援する活動
●地域ぐるみで子どもの居場所づくり、相談を行う活動など

上記のような活動を行うNPO団体等への助成原資として役立てられます。

ソーケン製作所の皆様、温かいお心をお寄せくださりありがとうございました。

ちばのWA 眞柳

26814486_1043208772487334_9050647242763692132_n.jpg


26814422_1043208812487330_1189260876617105655_n.jpg
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 07:57| Comment(0) | 寄付促進

2017年10月05日

【参加者募集】専門家向け遺贈セミナー開催

遺贈セミナー
〜一人ひとりのお気持ちに寄り添うために〜

人生の締めくくりにあたり、遺言を書かれる方が増えています。
そのご相談にのる専門家は、ご本人の人生を一緒に振り返り、締めくくりの計画をともに考えることになります。その中で「遺贈」について検討されることが増えてきています。お世話になった社会への恩返しや、遺されるご家族へのご配慮など、ご本人は様々なことに思いを巡らせられるでしょう。
同時に遺贈寄付の相談に乗る際には、法務・税務を始め、実際の寄付の活用方法、家族とのトラブル回避など幅広い知識が必要となります。
本セミナーでは、遺贈寄付の実務を行う際に必要となる知識を専門家からお伝えします。

日 時:2017年11月22日(水)13:45〜17:30(13:30〜受付)
会 場:クロス・ウェーブ幕張 中研修室
(千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンA棟 JR京葉線「海浜幕張駅」北口徒歩3分)
対 象:弁護士、司法書士、税理士、金融機関、公的相談機関の方など
講 師:山北洋二さん(一般社団法人全国レガシーギフト協会理事 NPO法人日本ファンドレイジング協会理事)
樽本 哲さん(弁護士 赤坂シティ法律事務所・NPOのための弁護士ネットワーク)
参加費:3,000円
定 員:30名 ※要申し込み
●内 容
 ・遺贈寄付の現状と留意点(山北洋二さん)
 ・遺贈をめぐる法的論点(樽本哲さん)
   遺贈寄付の法律の基礎知識/遺贈寄付にまつわる実務上の課題
 ・遺贈寄付の事例紹介
 ・遺贈寄付を全国に拡げるための取り組み・財団紹介

共 催:一般社団法人全国コミュニティ財団協会、一般社団法人全国レガシーギフト協会
助 成:公益財団法人トヨタ財団
※当セミナーは公益財団法人トヨタ財団から助成を受け、遺贈寄付の普及を目的に提供しているため、通常提供価格16,200円(税込)のところ、特別に今回の費用となっています。

主 催・お申し込み:公益財団法人ちばのWA地域づくり基金(担当:志村、竹内)
〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日1丁目20−15篠原ビル301
Tel:043-239-5335 Fax:043-239-5336
Email:info@chibanowafund.org
お名前、ご所属・肩書き、メールアドレス、連絡先電話番号をお伝え下さい。

*******************************************************
ちばのWA地域づくり基金は、市民の寄付により設立されたコミュニティ財団です。地域における資金循環の仕組みを構築し、持続可能な地域社会づくりに取り組んでいます。昨年からは遺贈推進の全国組織「全国レガシーギフト協会」の千葉県における相談窓口となっています。http://chibanowafund.org
※個人情報は、本事業運営及び関連するご連絡のみに使用いたします。
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 08:27| Comment(0) | 寄付促進

2016年11月25日

【NPO三尺店】物品提供のお知らせ(ダイニングテーブルセット)

[ダイニングテーブルセット 2016年11月25日] 終了しました
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ様より物品提供がありました。
要件をご確認の上、ご希望の団体はお申し込みください
要件の確認についてはこちら https://blog.canpan.info/chibanowafund/archive/63


◆申し込み方法:下記の「物品提供申込書」にご記入の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
TEL/FAX:043‐270-4640(平日9:30〜18:00)
E-mail:info@chibanowafund.org
「申込書」 shigen_moushikomi.doc
◆申し込み締め切り  2016年12月6日(火)(申し込み先着順)
◆引き取り場所:千葉市花見川区検見川町3-159-2 多世代交流拠点おおなみこなみ
◆引き取り期限:12月9日(金)まで 引き取りについては後日日程を調整させていただきます。

※お申し込みにあたっては、団体情報の最新情報が公開されていることが条件となります。
 また、物品の提供を受けた場合、活用報告書を提出していただきます。


ひらめき67 ダイニングテーブルセット(ダイニングテーブル1台 ダイニングチェア4脚) 
テーブルは若干低めです。テーブルの大きさ 200p×100p×高さ65p

ダイニングセット.jpg


ダイニングチェア.jpg



posted by Takeuchi at 11:28| Comment(0) | 寄付促進

2016年11月22日

ラッピング支援ベンダー第1号設置しました

ソーケン製作所様、キリンビバレッジ様のご協力のもと、ちばのWA地域づくり基金オリジナルラッピングの支援ベンダー第1号ぴかぴか(新しい)を設置させていただきました。
場所は市川市田尻です。
後ろの緑の壁になじんでいい感じですね~。
こちらの自動販売機で飲料を購入すると一部が千葉県内の地域課題解決の支援金になりまするんるん
毎日何気なく購入している缶コーヒーやお茶で社会貢献ができるのですexclamation

161122_ソーケン製作所_1.jpg


161122_ソーケン製作所_2.jpg


この後、船橋市、千葉市の企業様のご協力のもと順次設置を進めています。
自動販売機の新規設置を検討されている方、ぜひこのちばのWA支援ベンダーを置いてみませんか?
お問い合わせは、ちばのWA地域づくり基金(志村/竹内)電話043-270-4640
または東京キリンビバレッジサービス株式会社千葉西営業所(平出)電話047-479-5540
までお気軽にどうぞ。



posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 15:16| Comment(0) | 寄付促進