CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月25日

ワーカーズコレクティブういずさんを訪問

NPO法人ワーカーズコレクティブういずさんの活動する柏市松葉町のギャラリー結を訪問しました。
ういずさんは休眠預金を活用して、3蜜の回避や感染への不安で地域とつながる機会が少なくなった子どもや高齢者にキッチンカーを活用して子ども食堂やあおぞらカフェを開催し、地域に居場所を維持しながら孤立を防ぐための取り組みをされています。
「キッチンカーでGo!〜どこでも子ども食堂&暮らしのサポート〜」
この日は寒空でしたが、あおぞらカフェ、暮らしサポート(相談)、こども食堂が行われ、こだわりの野菜カレーを提供していました。
ほかにも、関係機関と連携してひとり親世帯や単身高齢者宅へお弁当の宅配もされています。
キッチンカーでの活動は、必要としている人たちへの居場所を届けるツールとして考えられていましたが、始まってみると地域の子ども食堂を応援したい農家や店舗からの食材提供などの支援にもつながるという広がりが出てきているそうです。

先日、JANPIAさんを経由して、NEC様より「NEC田んぼ作りプロジェクト」で収穫したお米(無農薬無化学肥料で栽培されたコシヒカリ)を、全国の休眠預金を活用して食支援活動をしている14団体に寄贈いただきました。
その一つにワーカーズコレクティブういずさんを選んでいただき、12月24日、地元NECグリーンロケッツの選手による贈呈式が行われました。
いただいたお米や野菜は、ういずさんスタッフから溢れる「あたたかく、おいしいものを食べてもらいたい」という気持ちも一緒になったお弁当になって、地域の子どもや高齢者に届けられることと思います。

ファイル_002.jpeg


ファイル_001.jpeg


ファイル_003.jpeg
【休眠預金緊急コロナ助成の最新記事】
posted by 公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 at 07:54| Comment(0) | 休眠預金緊急コロナ助成
この記事へのコメント
コメントを書く