CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
福祉施設商品仕入れ旅〜岩手編(4) 大槌町のこと [2011年09月05日(Mon)]
遠野市にやってきました。
遠野といえば遠野物語ですね。
神秘的な出会いがあるのでしょうか。



なぜ遠野市に来たかというと、私は岩手県のことをあまり知らないので
知り合いを頼ろうと思ったのです。
遠野には私の知り合いが活動しております。

吉田しょうへいさん。



吉田さんは震災直後アメリカから帰国して岩手県大槌町の支援をしております。
彼に話しを聞いたら明日からの活動の参考になるかもしれません。

吉田さんはNGO団体「パレスチナ子どものキャンペーン」のスタッフとして働いておりました。
「パレスチナ子どものキャンペーン」はパレスチナの子どもたちが希望を持って成長できるように教育・保健・福祉の支援と人権擁護を進めている団体です。今回の震災後すぐに東北に入り、今度は東北の子ども達の支援を行っております。


震災直後は避難所近くで宿泊し活動しておりましたが、今は大槌町から車で1時間半ほどの距離の遠野市内の福祉施設に宿泊し、そこから大槌町に通っております。


吉田さんと施設の前で待ち合わせをし、近くの料理屋でお話を聞くことにいたしました。



嬉しいなあ。東北には沢山来るけど観光とか郷土料理を食べるとか時間が無くてできなかった。

(UFOふれあい館だけちょっと観光しましたね)
いつも食事はコンビニ弁当か牛丼、安めの定食屋だったんです。

「本当ですか?じゃあ是非、ひっつみとけいらんを食べてください」



「大きな椀に入っているのがひっつみ、上の小さな椀がけいらんです」

どれどれ、いただきまーす。
おお!ひっつみはモチモチして美味しいね!
けいらんは…つるっとして気持ちいいねえ。
おお!餅の中に餡が入ってる!

吉田さんの震災後からのこと、いろいろ教えてください!

「震災後、パレスチナ子どものキャンペーンにスタッフとして入り、3月20日から岩手に入りました」



「その時の大槌町は大変でしたね。町長と沢山の県職員が津波で流されて亡くなってしまって、町庁舎も壊れて町の機能がストップしてました」

大槌町の人的被害は死者777人・行方不明者952人。
人口は15,277人だったというから、町の1割以上の方がいなくなったことになる。

「大槌町の避難所の城山公民館に役所の機能がうつされました。避難している方に加えて、県の仕事をする方が150名くらい入ったものですから、公民館の中は人でいっぱいでしたね」

パレスチナ子どものキャンペーンは、この城山公民館と安渡小学校で子どもの支援をすることになる。

「人がひしめきあっていて、子どもの遊び場が無かったですね。場所を探して子どもと遊びました」


避難所の一角で子どもとおもちゃで遊んだ。
体育館の裏で肩車やチャンバラをした。
路地裏でサッカーをした。

「遊びながら、子どもにストレスがたまっていることを強く感じました」

子供たちは遊びながらどんどんぶつかってきた。
吉田さんを殴る。あえてミットになった。

「ああ、ストレスがたまっているんだ」

せまい避難所の中、誰もがストレスがたまる。
親が感じたストレスが子どもにうつっていっている。

吉田さんは子どもの暴力を拒否をしないで、ただ受け入れた。
これが今考えると大事だったのではないか、と今では考えている。
子ども達はストレスを放出する方法を知らなかった。
そのままストレスを溜め込んだままならトラウマになっていたかもしれない。
子ども達は不器用ながら、ストレスを吉田さんに吐き出すことができた。

「子ども達は落ち着いてくると、段々と津波の話しをするようになりました。僕はひたすら話しを聞きました。子供たちは津波の話をすることで、それが安定剤の役割をしたのではないかと思ってます」



7月の終わりに避難所が閉鎖されることになりました。
ほとんどの方が仮設住宅に移ってゆきました。

吉田さんは悩みます。
「避難所が閉鎖されて、これ以上やる意味があるのかな…」

迷いながら仮設住宅を1週間に2,3カ所を2,3日ごとにまわった。
子ども達は喜んでくれた。

「仮設住宅をまわりながら考えたんです。いま、子どもが遊ぶ施設がない。学童保育はあるが、もっと自由にいつでも出入りできる施設があってもよいのではないか」

「そうだ、大槌町に児童館をつくろう」

パレスチナ子どものキャンペーンは今、大槌町に児童館をつくる準備をしている。今は場所探しの最中だ。

パレスチナ子どものキャンペーンは来年の3月に撤退することがきまっている。
それまでに児童館をつくりたいと思っている。

吉田しょうへいさんは実は10月でアメリカに戻る予定だ。
「それまでに児童館が形になることを願っています」

「そうだ、茶谷さん、ぜひ釜石に行ってみてください。釜石は大きい町なので福祉施設も沢山あると思うんです。困っている施設もきっと多いと思うんですよ」



「ほら、茶谷さん、見てください。あれホップですよ。ホップってあんなに高く伸びるんです」



「ああ、きれいだなあ。遠野は本当にきれいだなあ」

「茶谷さん、僕は遠野に来てよかった。遠野のこの景色は忘れられないですよ。アメリカに行っても、忘れないだろうなあ」
福祉施設商品仕入れ旅〜岩手編(3) 室蓬館 [2011年09月05日(Mon)]
このあと遠野市に入る予定なのですが、
一関市内にちょっと気になっている作業所があるのでよることにいたしました。

室蓬館けやきベーカリーです。




こちらのロールケーキは人気で、第4回ユニバーサルベーキングカップで銀賞を受賞した実力派のスイーツです。うーん、食べてみたい。

作業所内のショップで購入できます。
駐車場に車を停めていたら地元の方でしょうか。
どんどんお客さんが車に乗ってやってきます。
けっこう山の中の施設なのに、すごいですね。

ごめんくださーい。

自己紹介をすると、職員さんがいろいろ商品の説明をしてくれました。
ロールケーキだけでなく、珈琲、お米、蕎麦もつくっているそう。
気になりますね。

珈琲とロールケーキを購入してご満悦。

この日の夜に食べてみましrた。



いろいろなロールケーキがあるのですが、コーヒーケーキをいただきました。



では、いただきまーす。



食べながら一人で撮影したら、
美味しくて撮影失敗!

いやー、ロールケーキがとろけるんですよ。
食べた瞬間、ケーキがとろーりと溶けるんですよ。
これは新しい体験です!

購入はできませんでしたが、
室蓬館の蕎麦はそば粉と水だけで捏ね上げる、つなぎを一切使わない十割そばです。
こちらも食べてみたかった!
福祉施設商品仕入れ旅〜岩手編(2) マイリバー [2011年09月05日(Mon)]
9月5日

一関市のホテル(なんと1泊3,000円!)を出発し、本日は授産施設マイリバーにお邪魔いたします。
途中、授産品を販売しているショップ「point-1」へ行くも、残念ながらまだ準備中。
うーん、残念。岩手のことを何も知らないので情報をしいれたかったのですが…
車を走らせます。今回は一人で行動しているので車での移動中に写真を撮れないのが残念ですね。

でも、あまりにも一関市がきれいなので車を停めてパチリ。



きれいですねー。稲穂が揺れてます。

さて、マイリバーに到着いたしました!



マイリバーはカシスを栽培して、カシスジャムやカシスドリンクを製造、販売しております。
私が東京阿佐ケ谷で授産品セレクトショップ「にぎやかな風」をやっていたとき、お店の人気メニューでした。
(私にぎやかな風店長だったのですが、2011年3月にぎやかな風から別部署への異動命令がでて経営法人を退職、その後フリーになりミンナDEカオウヤに参加)
あのマイリバーがどうなっているのか、ずっと気になっていたんです。



おおー、マイリバー駐車場がかわいいですねえ。



施設に入ると、施設長の加藤さんが案内してくれました。

「地震がきた後、施設の上水道、浄化槽が使えなくなってしまいまして大変でした。6月までトイレが使えなかったんですよ。見てください、こちら」




うわ!凄いですね…どうしたんですか?

「地震で地面のアスファルトが動いてしまって、建物から離れてしまったんですよ。ひびもはいってしまって」



「10cmぐらいは地面が動いちゃって」



「あそこも見てください」



「あそこに浄化槽があったのですが、みごとに壊れてしまいました。仮設トイレがくるまで大変でした。今でも作業場のトイレは使えないんですよ」

トイレがつかえないって大変ですよね…。それでも3月22日には施設再開したマイリバーさんは素晴らしいですね。

「館内もまだまだ大変です」



うわ!天井落ちそうですよ!

「そうなんです。しかも壁や天井にひびも入ってしまって…」

いやー大変ですね…お仕事の方はいかがですか?
「今年のカシス商品は8月から無事に出荷ができまして、ありがたいことにもう在庫がほとんど無い状態です」



そうですか。それはよかった!
でもカシス商品を販売できず、ちょっと残念…

「せっかくですので、カシス畑へご案内いたしましょう」



おおーこちらがカシス畑ですか!すごいですねー。

「全て無農薬で栽培しております。カシスは手作業で収穫するので1時間あたり1kgくらいしか収穫できないんです」

それは大変ですねえ。

「生産量を上げるために地元の19カ所の農家と、いわてカシス研究会という団体をつくりました。カシスの苗木を無償で提供して栽培してもらい、できたカシスはマイリバーが買い取ります」

おおーすごいですねー。無農薬で栽培してもらっているのですか?

「もちろん無農薬です」



これは来年が期待できますね!来年のカシス製品楽しみにしております!
今日はお時間つくっていただきありがとうございました!

…さて、次の施設へ行こうかと車に乗り込んでエンジンをかけると、加藤さんが施設から走ってやってきます。あれ?忘れ物したかな?

「ハアハア、これよろしかったら、持っていってください」

袋をいただきました。…中にはなんと、カシスドリンク、カシスジャムが!うわー在庫希少な貴重品じゃないですか!ありがとうございます!

そうして加藤さんに見送られながら
ホクホクしながら次の施設に向かったのでした。
福祉施設商品仕入れ旅〜岩手編(1) [2011年09月04日(Sun)]
9月4日

朝、仙台のホテルを出発して盛岡に向かいます。
盛岡でレンタカーを借りて、今日から9月8日まで岩手県の福祉施設をまわります。

しかも、今回は一人でまわります。
いつも同行してくれるジャンボさんは今回はいません。
いやー、不安です。
初めて入る土地で
何をするのも一人ですからね。
実は昨日の夜、熱を出してしまい、一人でうんうんうなされておりました。
一人のなんと心細いことか!

さて、盛岡でレンタカーを借りて、まず目指すは市内の「ふれあいランド盛岡」です。
社会福祉協議会の小笠原さんからの情報で、本日ここで「ふれあいランド祭り」が開催されるそうです。
そこで授産品(福祉施設商品)の販売も行われるとのこと。
これは行かねば!



中に入ると、入り口の近くで「あすなろホーム」が販売しておりました。
あすなろホームはジャンボさんと行きましたねえ。
あすなろホーム訪問時のブログ

あすなろホームの「ピチぷるん」という商品を購入いたしました。
館内を見渡すと他にも沢山の福祉施設がテーブルを出しております。

まず目に飛び込んできたのは北上市にある「いわて共生会あけぼの」さん。

美味しそうな味噌、キムチ、漬け物が並んでおります。
味噌は北上産の大豆使用、手作りの麹、天日塩でじっくりと時間をかけて作り上げた甘口の味噌です。
キムチ、漬け物も素材にこだわった自慢の逸品。



「かりんこ」というお菓子もパリッとして美味しい!




「いわて共生会あけぼの」の商品は近日ミンナDEカオウヤに登場いたします!
わーい楽しみ!

食べるラー油をつくって販売している施設がありますねえ。


この食べるラー油をつくっている「のあ」さんは
『私たちは重い障がいをもつ子ども達が卒業後も自分の力を発揮して生きていくことを願って活動しています』
とのこと。応援してます!

「アイスコーヒーいかがですかー?」



はーい、いただきまーす!
美味しいアイスコーヒーですねえ!
あれ?これは何ですか?



「これは脱臭剤なんです」
「しかも珈琲抽出後のリサイクル品ではなく、この脱臭剤のために焙煎してつくっているんですよ」

ひえー!それはすごい!
さっそくつかってみます!くださーい!



かわいいTシャツ!




パンやクッキーも美味しそうですねえ。

「こちらはSELPわかたけです」

すごい可愛いですねえ!
このミニタオルください!


(すでに右手は購入した商品でいっぱいですね)

こんにちわー。

「いらっしゃいませ工房来夢です」



このガラス製品可愛いですね!



この商品はガラスをリサイクルしたものなんです。
へえーそうなんですか!
ではこの可愛いピンをください!



他にもワークみずさわさんのお豆腐、カナン牧場さんのプリンとチーズケーキを購入いたしました。

さて、これから岩沼市民会館に戻ります!
今日も「みやぎ手をつなぐ夏祭り」が開催されているのです!

車で3時間かかり(途中車の不調、カーナビの不調に泣かされました)、岩沼市民会館に行きますと外にはわらしべ舎さんのカレー移動販売車が!
わらしべ舎さんを訪問した時のブログ

イベントも盛り上がったようですね。残念ながらサルサガムテープのライブには間に合いませんでしたが、笑顔のお客さんの顔には沢山出会えました。

さて、また車に乗り込んで出発。
今晩は一ノ関市の宿泊所に泊まります。

部屋に入って早速本日購入の福祉施設商品をいただいてみたいと思います。

まずは「ワークみずさわ」さんのお豆腐



「ワークみずさわ」さんの大豆は宮城の白目大豆を使用。この白目大豆というのは白目大豆大きめで、かなりの高級品です。そしてキズや変色など少しでも傷んでいる大豆は、絶対に使いません。にがりは赤穂の塩田にがりです。いやーすごいですね。
さっそくいただいてみます。



お!うまい!大豆の味がストレートにうまい!
直球勝負ってかんじですね。
美味さに完封負けです!

「のあ」さんが「食べるらー油ちゃんを豆腐にかけて食べてみてください」と言っていたのを思い出し、食べるラー油を豆腐にかけてみます。





おーピリ辛の中華風になりました!
ひんやりした麻婆豆腐って感じですね!
夏にぴったり!



そろそろデザートをいただきます!
あすなろホームの「ピチぷるん」いただきまーす。


(ふれあいランド祭りで購入した蝶ネクタイ着用)

食べてびっくり!
上は上質なピーチの味、下は濃厚な杏仁豆腐の2層構造になってます!
まさに美味しさ2階建て!



もういっちょデザートいただきます!
今度は「カナン牧場」さんのチーズケーキとプリンです。



いただきまーす!



んん!うんまい!
濃厚なミルクの味!



美味しいですねー。
カナン牧場さんは8日に訪問することになっております。
これは楽しみだ!

さて、明日は一関市のマイリバーさんを訪問いたします。
こちらは美味しいカシスをつかった商品をつくっております。
明日まで、おやすみなさい!
みやぎ手をつなぐ夏祭り [2011年09月03日(Sat)]


只今、宮城県の岩沼市民会館に来ております。
ミンナDEカオウヤ中野店を運営している社会福祉法人愛成会田中様からのご招待で「宮城県手をつなぐ育成会 みやぎ手をつなぐ夏祭り」を見にきたのです。

「みやぎ手をつなぐ夏祭り」のチラシPDF



NHKの歌のお兄さんお姉さんが歌うわけですよ。
サルサガムテープも演奏するわけですよ。
障害者施設の販売や移動販売ラーメンカーによる出店もあるわけですよ。
ベガルタ仙台の ベガッ太君も来るわけですよ。

これはどうしても行きたくなったわけです。
次の週から岩手に行く予定でしたので、これはちょうどよいと宮城県岩沼市にやってきました!

岩沼市民会館のまわりは仮設住宅がずらっと並んで建っております。
移動販売車が準備をはじめました。



これは大阪のハイワークひびきの餃子の移動販売車と、愛知県社会福祉法人むそうのラーメンカーですね!凄い!全国の福祉施設の移動販売車が集まるのか!

さっそく焼きたての餃子を購入!



この餃子「バカ美味ぎょうざ」という名前だそうです。
大阪の社会福祉法人ひびき福祉会 ハイワークひびきがつくっているのですが
素材にものすごいこだわっております。
すべて国産の材料をつかっているのですが

非遺伝子組み換えの穀物だけを食べて育った和歌山県の豚
無農薬有機栽培された白菜
青森県八戸産のニンニク
を使用しております。
どうです?
すごいこだわりでしょう?

さっそくいただきまーす。
ん!薄皮の餃子なので、具の魅力がぐわっと飛び込んできますねー。
この餃子、法人でネットショップを運営しておりますので
ご家庭でもいただくことができます。
ひびきSHOP
是非ともお買い求めください!

さて、つぎはラーメン!
社会福祉法人むそうのラーメンですね!



チャーシューは鹿児島産の黒豚使用、卵は同法人施設で飼育する鶏の卵です。抗生物質を使用しないで餌にもこだわった飼育方法です。

では、いただきまーす。
うん、あっさりと食べやすい醤油スープのラーメンですね!
いやー美味しいですねー。
愛知県の中華茶房うんぷうで、このラーメンをおだししております!
中華茶房うんぷう

おっと、コンサートは始まったようです!



サルサガムテープのかしわ哲さんはじめ、NHKの歌のお兄さんお姉さんが歌ってます!
こりゃあ感激!
実はサルサガムテープのCDは全部持っております。
そんなサルサガムテープファンの私、
宿泊するホテルまでサルサガムテープのバスに乗せていただきさらに感激!
そんなこんなで、明日から茶谷恒治東北の福祉施設商品仕入れ旅、岩手編がはじまります!
気仙沼幸町ブランチ [2011年08月11日(Thu)]


仙台駅に着きました。
明日は気仙沼の作業所、幸町ブランチに行きます。
この作業所はもともと海産物の加工などを行ってきた作業所でした。
地震、津波の被害で作業所は全壊し、現在は市内の老人ホームを間借りしております。
5月に訪問した時には、毛糸をつかってミサンガ、アクリルたわしをつくっておりました。

幸町ブランチ訪問時のブログ

でも市内で材料を買うことができる店は無く、材料に困っている状態でした。
愛知県の社会福祉法人ら・ばるかの夏目さんがブログで読者に毛糸の寄付を呼びかけます。
ブログを読んだ方から毛糸が夏目さんのところに送り届けられました。

夏目さんのブログ

今回は、この毛糸を幸町ブランチの皆さんにお渡しするために宮城県にやってましりました。

仙台市内のホテルで1泊した後、朝からレンタカーを借りて出発です。


東北自動車道を走り続けます。



道中で凄いもの発見!



セブンイレブンの移動販売車です。
この辺は津波の被害でコンビニエンスストアも無くなってしまいましたからね。
これは便利ですね。

「セブン銀行」もちゃんとありました!このトラックの荷台の中がATMになっているんです。



前回来たときにはなかった移動式セブンイレブン。
ちょっと嬉しいですね。

とはいっても街はまだまだ瓦礫の中です。


幸町ブランチに着きました。



職員の方と夏目さんでパチリ。


ちょうどミサンガづくりの作業中でした。


夏目さんが寄付していただいた毛糸をお渡しします。



いやあ、よかったよかった!

前回対応していただいた職員の吉田さんは、体調を崩し退職されておりました。
ならば、と会いにいっちゃいました!



まだまだ体調は回復していないのですが、気仙沼の街を案内していただきました。
無理さしちゃってごめんなさい!



海の方は瓦礫の撤去もされておりませんね。
地盤沈下の影響で地面もぬかるんでます。
潮が満ちると海水が入ってきてしまうので
砂利を敷いて車はなんとか通れる状態にしたそうです。

幸町ブランチまで案内してもらいました。



大変な状態ですね…

職員の迅速な判断で怪我人はでませんでしたが、
一歩間違ったら甚大な被害だったことでしょう。



このあたりは津波の後に火災が発生し、夜中中燃え続けたあたりです。
夜中はずっと空がオレンジ色に染まっていたそうです。



船も打ち上がっております。



吉田さんの家も津波の後の火災で燃えてしまったそうです。
しかし仮設住宅も当たらず、不便な思いをしております。



ここから復興するわけです。
すごい大変なんです。

TVでは早くも復興ムードです。
学校も再開し、ようやく始業式をすることができました。

でも、報道されないところで
まだまだ、ものすごく、大変なんです。

ミンナDEカオウヤ大阪店の上には [2011年07月01日(Fri)]
こんにちは!茶谷恒治です!
みなさん、大阪梅田スカイビルち地下1階のミンナDEカオウヤのお店には行きましたか?
まだの方は是非行ってみてください!



このミンナDEカオウヤのお店が入っているスカイビルには、レストラン、映画館など楽しみがいっぱいなのですが、中でもオススメが屋上の空中庭園なんです。

早速、屋上庭園に愛知県社会福祉法人ら・ばるかの夏目さんと行ってまいりました。



エレベータでスカイビルの上に上がります。



うわー高いですねえ。さすが40階のビル!

屋上庭園にはいろいろ楽しめる場所がございまして。





こんなところとか、



こんなところとかもございます!

そして、あ!



売店でミンナDEカオウヤ商品発見!
ここでも販売していたんですねー。

さあ皆さん、スカイビルにいらっしゃいませ!

福島県の福祉施設商品見つけ旅(11)杜のどーなつ [2011年06月24日(Fri)]
鮫川市はきれいですねえ。



今回の「福島県の福祉施設商品見つけ旅」の行程は全て終えました。
さて、ジャンボさん終わりましたねえ。
せっかく福島に来たから温泉に入りますか!

鮫川市に入る前の道路に、ジャンボさんが「猫啼温泉」と書かれた看板があるのを発見しましたので、猫啼温泉に向かいます。



とりあえず、食事でもしましょうか、と入った定食屋でラーメンをすすります。




ここ鮫川市はほとんど茨城県くらいの福島県の南。だったらいわき市も近いんじゃないか?

いわき市といえば、希望の杜福祉会さんのドーナッツ屋さんがあるところです。

先月、ミンナDEカオウヤプロジェクトの新宿の東北支援イベントに参加をいたしました。
ミンナDEカオウヤプロジェクトのテントの隣で、豆腐やドーナッツを販売していたのが希望の杜福祉会さんです。せっかくだからご挨拶にいきましょう!



時間的に厳しいので温泉には入らず、すぐに出発です。

なんだかんだで60km。2時間ほどの行程です。

山道なのでラジオの電波も入りません。

ジャンボラジオがはじまりました!
ジャンボさんありがとうございます!


※写真をクリックするとジャンボさんの歌声の動画が流れます。要quick time

この時の曲は「組曲・富士山」
ジャンボさんが小学校の時に合唱コンクールで歌った壮大な組曲です。

いわき市につきました!しばらく歩くと希望の杜福祉会のドーナッツショップ「杜のどーなつ」の看板が見えました。



かわいいお店ですねえ。



店内もかわいいですよ。










奥のカフェスペースもかわいいですねえ。





希望の杜福祉会の前身「けやきの会」は1985年につくられました。統合失調症の子供ををもつ父親と、市会議員の方と、精神病院に勤務していた看護師の3人でつくられました。

希望の杜福祉会の作業所ができたのが1988年。福島県で最初の精神障がい者の共同作業所だそうです。

その後、社会福祉法人として認可され、作業所、相談支援事業、地域生活支援センター、グループホームと、障害のある方が地域で暮らすために必要な事業所を次々に開所してゆきます。

お豆腐をつくる「工房けやき」は地元でも人気の豆腐店。
いわき・三和産大豆使用、天然の本にがり、アルカリイオン水、消泡剤不使用の4つのこだわりが人気の秘密です。

「工房けやき」の豆腐のおからをつかったおからドーナッツの店として「杜のどーなつ」は2010年8月にオープンいたしました。

そして、今年3月の震災です。

福島第二原子力発電所に近かった希望の杜福祉会のほとんどの事業所は今県外に避難しております。

「杜のどーなつ」「工房けやき」は原発からも遠く、無事に営業を継続することができております。

店内には希望の杜福祉会の授産事業統括責任者の鈴木さんが私達の到着を待ってくれていました。

調理場の様子を見させていただきました。









うー美味しそうですね!

食べたい!食べたい!

さっそくドーナッツを購入です!


(後ろに座ってらっしゃるのが鈴木さんです)

この美味しいドーナッツ!ミンナDEカオウヤでも販売いたします。
お楽しみに!

ミーンナDE、カオウヤ!
福島県の福祉施設商品見つけ旅(10)鮫川たんぽぽの家 [2011年06月24日(Fri)]
おはようございます!
昨夜も福島市にある、ジャンボさんのおばあさまの家に宿泊させていただきました!

美味しい朝ご飯ありがとうございます!



今日はこれから東白川郡鮫川村まで行ってまいります。

運転はジャンボさん!よろしくお願いいたします!



こまごましたことは私、茶谷恒治!助手席での電話連絡とか経費の計算などです!



さすがに福島市から鮫川市へは遠いですねえ!



福島市から離れると、とたんに車のラジオが入らなくなります。
ジャンボさんは大のラジオ好き。
ずっと、ラジオが入るチャンネルを探しております。


「さあ、はじまりました!ジャンボレイディオ!」
番組探しを諦めると、ジャンボさんのラジオがアカペラではじまります。
エア・ラジオ、とでもよべばよいでしょうか。

今日は演歌中心の選曲です。



鮫川市に入りました。ここまで来るとほとんど茨城県ですね。
原発事故の影響もほとんどありません。



鮫川たんぽぽの家に到着いたしました。



職員の方々が出迎えてくれます。

とにかくここは、いろんなものをつくっております。



こちらはうどんをつくる機械です。



本物のうどんを追求しよう、ということで、讃岐うどんの製法でつくっております。実際に食べてみまいたが、たいへんコシがつよい!いや一度は食べてみてほしいですねえ。



うどんは、パッケージをデザインしてオリジナル商品にすることも可能です。
引き出物やプレゼントにいかがでしょうか?






こちらではドレッシングをつくっております。



このドレッシングは「福島特選品コンクール」で優秀賞を受賞した商品!美味しいですよー。

じゅうねんドレッシングの「じゅうねん」とは荏胡麻のこと。食べると十年長生きできるからだそうです。



あじ味噌もつくっております。

イチゴジャムも濃厚に美味しいですよ!

自分達で栽培して自分達で加工して、すごいですよね!」

すごいのがこれ!



かぼちゃを栽培して、地元の酒造会社に焼酎にしてもらっております。

かぼちゃの焼酎なんて珍しいですよ!
飲んでみましたが、ほんのりかぼちゃの香りがして美味しいですよ。





荏胡麻や豆も栽培して販売しております。

ちかくで鮫川たんぽぽの家で栽培、製造された食品をつかったうどん屋さんも経営されております。

鮫川たんぽぽの家の商品、どれも美味しいので是非食べてびっくりしてください!
福島県の福祉施設商品見つけ旅(9)福島市 太陽学園 [2011年06月23日(Thu)]



しまった!

UFOふれあい館で写真を撮っていたら
次の施設との約束の時間に遅れそうだ!

すみません!ジャンボさん運転お願いいたします!



つぎはまた福島市です!

しかし、なんだか福島県を行ったり来たりしてますねえ。
もう福島県を何周ぶんまわったんでしょうか。

…ああ、間に合いました!



施設前で福島のNPO法人の方と合流し、3人で太陽学園に入ります。

ごめんくださーい。

園長の武田さんと職員の渡辺さんが出迎えてくれました。

いやあ、大きな建物ですねえ。

聞くと、太陽学園の開所は昭和42年!
いやあ、ベテランですねえ。

措置制度、支援法、自立支援法ってどんどん法律がかわって、大変ですよね。

「そうなんです。やってることは、かわらないんですけどね」

作業場を案内していただきました。



こちらでは縫製を行っているのですね。





刺し子ですね!丁寧だなあ。

「こちらではパン、クッキーをつくっております」





「施設の前にお店があるんです。見にいきませんか?」

はい!ぜひぜひ。



かわいいお店ですね!おじゃましまーす。

「いらっしゃいませー!」





パンもクッキーも美味しそうですね!

「これがイチオシのパウンドケーキなんですよ」





いろいろな商品があるんですねえ。







「これが一番売れている商品なのよ!これで腕の日焼けもばっちり!」