CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第一回東北商品買取の巻(13)まどか荒浜 | Main | 第一回東北商品買取の巻(15) 登米大地»
第一回東北商品買取の巻(14)まどか荒浜 2 [2011年05月12日(Thu)]
…さて、今「まどか荒浜」が今どうなっているか車で行ってみようと思います。

「まどか荒浜」まで行って、写真を撮りたいのですが、よろしいですか?」

職員さんの顔が少し曇ります。
「うーん、今は行けないんじゃないかなあ…」

「…道も悪いし」
「多分、警察に止められる、と思いますよ」
「今はほら、野次馬が多くなっちゃって、通行を規制しているんですよ」

そんなに野次馬が多いんですか?
「そう、よそから野次馬が来て、写真を撮るんだよ」


…まあ、行けるだけ行ってみよう、ということで、私とジャンボさん、安間さんで車に乗り込みます。



たしかに道は悪いです。たまに車の底を「ガリッ」っと何かがぶつかります。
「しまった!」ジャンボさんがその度に急ブレーキを踏みます。
ああ、ジャンボさんの車がどんどん傷ついてゆく…申し訳ないです…

途中、警察官の方に止められました。
「ここから先は通れないんだよ」

事情を説明したら通してくれることになりました。
「施設の取材、大変だねえ…」
「私も、茨城から来てるんだよ。ご苦労様」



通行止めされている場所を越えると、一気に津波の痕がひどくなってゆきます。
車の中が無言になります。

「まどか荒浜」につきました。









…外枠はかろうじて残ってますが、中はもう、ぐちゃぐちゃです。
再びこの建物を使うことは、もう出来ないのかもしれません。




隣のガソリンスタドもひどいことになっております。





近くに百合の花が咲いておりました。



津波から2ヶ月、もう花が咲いている。植物は凄いなあ、と思っているとジャンボさんが

「百合はそんなすぐには成長しない!この百合は、誰かが、植えたんだ!弔うために植えたんだ!」





車に戻ります。

車で移動しながら撮影を続けます。





ジャンボさんがずっと無口です。
今回、出発から今まで、車の中では話しっぱなし。
ずっと楽しい空気をつくり続けてきたのですが。


は、と思ってしまいました。
地元の人から見たら、私たちも同じ、野次馬に見えるんだろうなあ。
県外ナンバーの車でやってきて、写真を撮りまくる。

何百人も死亡してしまった地区で、かつて生活していた家を撮る。車を撮る。
野次馬にしか見えないよなあ。

自分の考えにショックを受けて、ここから写真を撮ることができなくなってしまいました。
まどか荒浜の方々に、荒浜地区の方々に、被災した方々に、一斉に非難されたような気持ちになってしまったからです。

ゲストハウスに戻っても気持ちは戻りません。
ジャンボさんは「夜の情報収集」には行かず、布団にくるまってます。

「ジャンボさん、銭湯行きましょう」
「…今日は、いい」

夜は大変寝苦しく、部屋の中にいることができませんでした。
部屋のガラス戸を少しだけ開けて、頭だけ外に出して朝まで過ごしました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント