CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
おもちゃドクターWの診療状況をPDFで保管、公開。

« 2022年02月 | Main | 2022年04月 »

<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
診療月別アーカイブ
220303 赤外線リモコンDEMO基板の製作(その2・送信回路)[2022年03月03日(Thu)]

【経過】

おもちゃ修理の練習教材として入手したもので、元々、コントローラーは別売り
昔は、ガラケーの赤外線通信を使って遊んでいたらしいが、、、

タカラトミー Q-STEER インプレッサ(C・Dタイプ)
220221_Q_STEER (3).jpg

220221_Q_STEER (4).jpg


【診察】

症状:前輪の右タイヤが紛失、コントローラーなし
治療:別の不要ミニカーからタイヤを部品取り
   手持ちのコントローラーで、動作確認済
退院:当クリニックのマスコットに就任(前回分ともに)

このあと、PICマイコンでクローン送信機を試作するが、コストが掛かり過ぎて、もはや修理とは言えない
元々のコントローラーが手元に無い状況でのクローン送信機自作は、かなりの割高となり現実的ではない


参考までに、クローン送信機の回路図
コチラはスイッチが負論理入力の場合
TX_509_QSTEER_回路図.png

基板実装図(部品面 TOPビュー)の例
TX_509_QSTEER_プリント基板.png

(2022/3/12 GP4 GP5 外部プルアップを追加)
内部プルアップできるポートが限られていた

現実的には、不要品を再利用してクローン送信機に改造する
電源に余裕あれば、赤外線出力も最大限までアップできる
電源SW付きでスリープ機能は不要、LED点灯で切り忘れ防止

続きを読む...

Posted by ToyDr.わたなべ at 00:00 | A ラジコン、赤外線、リモコン | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)