CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
診療月別アーカイブ
保育園のパワーショベル修理、R/C(トイラジコン)機能を復元(その2) [2020年11月16日(Mon)]
タッチで操作するトイラジコン送信機、
ツムツム 100円貯金箱に実装


201116_トイラジコン送信機_04.jpg

10月24日、ひまわり病院を定期巡回で受付けたパワーショベル
バケット外れを治療し仮退院したが、R/C 送信機が無かったので、
おもちゃドクターの技術研修として、送信機の制作に挑戦してみた。
201024_パワーショベル_00.jpg



【経過報告】R/C カー(トイラジコン)方式

キャタピラーは外観だけ。実はタイヤ駆動で、R/C カー(トイラジコン)方式と判明
送信機が無かったので、R/C ラジコン操作はできないものと、今まで諦めていた
201024_パワーショベル_03.jpg 201024_パワーショベル_08.jpg

本体基板には MX1508RX というオールインワンの IC。手持ちの 27MHz 送信機でテスト
たまたま、適合する送信機が見つかり、本体は動作確認済。参考回路図を入手しておく
201024_パワーショベル_10.jpg 201024_パワーショベル_15.jpg

適合したのは真っ赤なスポーツカーのラジコン
送・受信基板を調査して、プロトコル解析
201030_トイラジコン解析_01.jpg 201030_トイラジコン解析_03.jpg

送信は 8A977、受信は 8A978 であり、TX2-RX2 と同じプロトコル
ただし、停止コードの送信回数は、15回か16回であることが判明
TOUCH_1822_emulate.jpg


手持ち送信機のエンコード信号は、WAVEファイルで録音して解析することができた。



【診療方針】送信機を制作

だが問題は、送信機の本体が元々無い(紛失した)こと。
洒落たケースやタクトスイッチなどは高価になり、おもちゃ修理には適さない。
先進おもちゃ病院の修理事例を参考にタッチSW による送信機を制作したい。

最近、糸魚川にも出店した100円ショップの商品から閃いた
ToyDr.わたなべ ”楽しみながら”、これを診療材料として流用
201116_トイラジコン送信機_00.jpg



ツムツムの可愛い貯金箱の中から、エイリアンを採用
この子の名前は、リトル・グリーンメンというらしい
頭のツノがアンテナで、胴体に取付けた電極にタッチして操作
201116_トイラジコン送信機_06.jpg

チップ部品での基板回路の本格制作は初めて、とても苦労
部品面(PICの下)も活用し、何とかエンコーダ部が完成
201106_エンコーダ基板.jpg

タッチ電極はステンレス線で内部のセンサー電極と導通している
実機組込みの際にケース内部に隠されて、外側からは見えない
201116_トイラジコン送信機_02.jpg

タッチ SW の構造が分かるように、ペットボトルの輪切りに取付けて、
本来のケースの上で撮影したメイキング動画を公開する。ご参照あれ



電源スイッチ ON で、赤 LED が点灯して、切り忘れを防止。
(スイッチを切る習慣をつけて欲しいため、省略しなかった)
タッチしている間(操作中)は、緑 LED 点灯で「送信中」を表示。


自作基板のエンコード信号を実機で検証、
設計どおりのプロトコルで正常動作を確認
TOUCH_1822_emulate.jpg



【プロトコル解析音声】

解析した音声ファイル(mp3 変換して)は、ココ で試聴できる。
(※ただし、大音量に注意のこと!)

 ・最初の4種類は単独操作。先頭から順に、前進・後退・右折・左折
 ・続いて同時操作前進+右折・前進+左折・後退+右折・後退+左折

続きを読む...
保育園のパワーショベル修理、R/C(トイラジコン)機能を復元(その1) [2020年11月01日(Sun)]

パワーショベルは、ショベルバケットがすぐ外れる
10月24日、ひまわり病院を定期巡回で受付け

201024_パワーショベル_00.jpg


仮退院までを(その1)として報告する

バケット側の爪は、前回の治療で復元済。
アーム側の先端(受部分)を、ドライヤーで熱しながら
外側に広げ、ショベル脱落を防止する。
201024_パワーショベル_02.jpg

キャタピラーは外観だけ。実は、タイヤ駆動で、
27MHz の R/C カー(トイラジコン)方式
201024_パワーショベル_03.jpg

保育園に、利用者から寄付されたもの。
メーカー不明。寄付時から本体だけだった。
201024_パワーショベル_04.jpg

送信機が無かったので、R/C ラジコン操作は
できないものと、今まで諦めていた。
201024_パワーショベル_08.jpg

続きを読む...