CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
おもちゃ修理「電子カルテ」
おもちゃドクターWの診療状況をPDFで保管、公開。
« 2020年06月 | Main | 2020年08月 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
診療月別アーカイブ
タンクローリーのミニカー タイヤが取れた[2020年07月28日(Tue)]
発達支援センターめだか園に、久しぶりに連絡して
おもちゃクリニックゆりかご再開報告をしたところ

さっそく予約あり、5件の患者さまを預り入院
今回は、二人のDr.で分担して治療を進めます
タンクローリーのミニカーは、タイヤが・・・
200725_40.jpg

前輪の金属シャフトが曲がり、左タイヤが取れています
タイヤ側のボス(軸を差込む)部分が、軸側に付いたまま
200725_42.jpg

続きを読む...
RC建設車 スーパーショベル 連結板が折損[2020年07月24日(Fri)]

ラジコンのパワーショベル治療の報告
 (Dr.Toy-zawa)

'20/7/19 「のう病院」=能生児童館に持ち込まれ、預り入院
R0014547.jpg

主症状は、「アームが上下に動かない」というもの
前後・左右の動きはOKだが、アームの動きがおかしい
R0014540.jpg

分解したところ中から部品が出てきた。割れた跡がある
困ったのは、その部品が付くところが分からないこと
R0014546.jpg

おもちゃの商品情報や、全国の診療記録を検索して情報収集
7月23日の夕方(児童館の子ども達が帰った後)、臨床研修会
R0014553.jpg
奈良 健やか交流塾 おもちゃ病院ホームページの最下段リンクを参照
「メカの修理のヒント」63.R/Cショベルカーの症例がドンピシャ


割れた部品はブーム連結板で、元の位置はココだと特定
(手で動かして)無理な力が加わり、折れたものと推測
R0014555.jpg

裏側に適当な当て木を添え、0.3mmステンレス線で固定する
小径ドリルやステンレス線は、ぬいぐるみ骨折治療でも必須
R0014556.jpg
刃先がブレずに正確な、プロクソンの小径ドリル
太軸なので通常のドリルチャックでも使えて秀逸


結合部分をエポキシ系接着剤でカバーして固める
超速硬化タイプを使ったので、1分間で硬化開始
R0014558.jpg

続きを読む...
消防車に音と光をプレゼント、「火の用心!」カスタマイズ[2020年07月03日(Fri)]
「火の用心!」カスタマイズ

3か月ぶりの おもちゃクリニック ゆりかご 定期巡回で、「ひまわり病院」を訪問し、消防ハシゴ車を治療しました


取れていたハシゴを、元の位置にネジ止め、
後輪右軸の曲がりを真っ直ぐに修正しました
200627_消防車.jpg

シャーシにはスピーカー穴電池BOXらしき加工が見えます
分解したら電子回路的なものは、どこにも見当たりませんが、
リアバンパーにはスライドSW取付用らしき部分が見えます
スピーカー、電池BOXらしき加工.jpg E_BO_TOYS.jpg

電子回路は見当たらない.jpg スイッチ穴のあるべき場所.jpg



【プレゼント】

いつもは、おもちゃ本来の姿に戻ったら治療完了として退院するのですが、ここで、おもちゃドクターから素敵な提案があります
緊急事態宣言中に技術研修として作った PIC電子オルゴールの曲データを組込み、「火の用心!」仕様にカスタマイズしてみます
お客様のご了解を得て、こっそり電子オルゴールを組込み、子どもたちへのサプライズプレゼントです!
(この改造は、100均の消防車にも応用できます。)

「火の用心!」追加カルテPDF (205KB)は、ココから ダウンロード


消防車を手で押して遊ぶときに、後部両肩のタッチセンスで動作、
車体形状に合わせたセンサーは、左右一対で、確実に感知します
タッチSW加工.jpg

センサーは車体の内部から取付け、ステンレス線で結束固定、
左側はGNDに接地、右側はPICのCPS(センサー入力)に配線
タッチSW実装.jpg

リアバンパーに小さなスライドSWを取付け、
電源の「ON/OFF」ができるようにします
スライドSW.jpg

続きを読む...