• もっと見る

診療記録の検索
検索語句
種類別アーカイブ
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
診療月別アーカイブ
R8C電子オルゴール入門編(スターターセットの頒布) [2024年07月01日(Mon)]

すでに頒布予約の 受付け スタート している。お早めに!

私が愛用する 名張市つつじが丘おもちゃ病院さんの電子オルゴール に感謝を込めて、新曲データ5曲を追加したので、この5曲を含めて、安価なDIPタイプのR8Cマイコンで電子オルゴールが試作できる「R8C電子オルゴール入門編(スターターセットの頒布)」を、7月からスタートする

2024_add_songs.png

おもちゃ修理の過程でCOB不良と診断された際に、「マイコン換装」という治療選択肢を加えていただきたい
サンプルプロジェクトは、電子オルゴールSPI音声再生の2種類、低電圧で省電力設計
SPIメモリもDIPタイプで半田付け簡単、まるで1年前の自分用みたいである

昨年、重症患者をR8C電子オルゴール換装で治療した実症例
音が出なくなったまま22年、「マイコン換装」で新たな命を





【経緯】

名張市つつじが丘おもちゃ病院さんのブログで、「STM32スタートアップセット頒布」がアナウンスされている

ファームウェアの開発に加えての普及啓発まで、一貫した姿勢には敬意を表する
ブログを拝読し、私にもお手伝いできるのでは、むしろ積極的に取組むべきと反省

そこで私の方は 「AVR電子オルゴール事始め(スターターセットの頒布)」 をアナウンス、まだ6月からスタートしたばかりだが、少しずつ頒布依頼をいただいている

頒布の状況からは、やはり細かい半田付けが心配で今一つ踏み切れないでいる傾向が見える
ご本家にも相談のうえ、オールDIPの入門編セットを頒布することになった次第

正式なスタートは7月からであるが、頒布セットとサンプルプロジェクトは準備完了しているので、6月の現時点から先行予約の受付を開始する
頒布の先行予約の際には、この取り組みに対するご意見もお寄せいただければ、ありがたい


【頒布セットと回路図】

頒布セットを使ったサンプルプロジェクトの回路図と部品配置図の参考例
セット品以外の部品は(処分品の再利用などで)、自前でご用意いただく

今回は、試作実験用と、書き込み専用との2つの回路を自作していただくことになる
47×36mmの基板D に余裕をもって配置、オールDIPなのでAVRよりも簡単だ

頒布セットD:(電子オルゴール/音声再生)¥200.-(送料込み)
R8Cは電子オルゴール書込み済、配線が間違いなければ動くハズ
演奏に合わせて音符によってLED5個まで点滅させることが可能

電源は単3電池2本、極性に注意すること
ここまでなら、SPIメモリの配線は不要
R8C_orgel_SW_test.png

プログラムを書き換え、頒布セットDの完成
SPIにはサンプル音声データを書き込み済
R8C_orgel_SW_starter.png

SPIの向き注意、回路図と上下反転している
音声データを書き換えれば、他にも応用できる
R8C_orgel_SW_starter_pb.png


オプション品:(USBーシリアル変換器)¥150.-
(上記に加えて送る場合に限る)
240601_FT232RL.JPG



【R8C事始め】

安価に部品調達するのもドクターの技術スキルのうち、ということで
それぞれが得意な分野で進めても宜しいのではないか、お互いに頑張ろう

部品調達とともに必要なR8Cマイコン開発環境の整備については、この電子オルゴールの開発者 「つつじが丘おもちゃ病院」さん 「R8C事始め」の記事でチュートリアルを熟読されたい

続きを読む...
AVR電子オルゴール事始め(スターターセットの頒布) [2024年06月30日(Sun)]

(正式な頒布は 2024年6月1日から開始している)

【経緯】

名張市つつじが丘おもちゃ病院さんのブログで、「STM32スタートアップセット頒布」がアナウンスされている
マイコン換装に必要な部品が「誰でも買える」ものなら私にもお手伝いできるのでは、むしろ積極的に取組むべきと反省

上記ブログ記事を拝読し、そこまで考えておられるのかと、正直、私は驚いた
ファームウェアの開発に加えての普及啓発まで、一貫した姿勢には敬意を表する
エールを送ることしか出来ない私だが、記事をシェア拡散して情報発信に協力したい

さて私も、半田付けが苦手と逃げてばかりは居られない
STM32に限らず、大泉院長のブログに必死になって喰らいついていく所存


【AVR事始め】

安価に部品調達するのもドクターの技術スキルのうち、ということで
それぞれが得意な分野で進めても宜しいのではないか、お互いに頑張ろう

私も、できる範囲でマイコン換装スターターセットの頒布を始める次第

まずはtiny404と変換基板とSPIメモリ(サンプル音声データ入)
そしてtiny1614と変換基板
そして初心者向きに8ピンAVR2個セット
の3種類のセット(いずれもアンプ用Hブリッジ付き)

サンプルプロジェクトは当方共有フォルダにて公開する
ご希望に応じてサンプルプロジェクトを書き込んで頒布することも可能
tinyAVRはSOPタイプなので、基板への半田付け練習には最適

(後日、ここに試作品の動作確認の動画を掲載予定)
240519_Seria.JPG


【頒布セットと回路図】

頒布セットを使ったサンプルプロジェクトの回路図と部品配置図の参考例
セット品以外の部品は(処分品の再利用などで)、自前でご用意いただく

56.5×32mmの基板に組み込むと、有名な清涼菓子の容器にピッタリ入る
単3×2本の電池ケース裏に直接貼り付ければ、100均タッパーにも丁度
なお頒布代金は送料込みで、セット別の内訳は下段の方に記述している

頒布セットA:(電子オルゴール/音声再生)¥300.-
まずは、電子オルゴールのみを書き込んでテストする
SW_tiny404_test.png

電源は単3電池2本、極性に注意すること
ここまでなら、SPIメモリの配線は不要
SW_tiny404_test_pb.png

プログラムを書き換え、頒布セットAの完成
SPIにはサンプル音声データを書き込み済
SW_tiny404_starter.png

SPIの向き注意、回路図と上下反転している
音声データを書き換えれば、他にも応用できる
SW_tiny404_starter_pb.png

頒布セットB:(電子オルゴール+音声再生)¥300.-
オルゴール演奏をメインとするプロジェクトである
orgel_tiny1614_starter.png

160曲以上のレパートリーからご希望の数曲を選択
音声再生とコンカレント動作もカスタマイズできる
orgel_tiny1614_starter_pb.png

頒布セットC::(電子オルゴール/音声再生)¥300.-
初心者向きに8ピンAVR2種類セット、変換基板なし
SISIMAI_tiny402_test_BTL.png

402_test 回路で「メリーさんの羊」など 短い曲演奏を確認
AVR_starter 回路で、「トイストーリー」の音声再生を追加
SISIMAI_tinyAVR_starter_BTL.png

順番に部品追加して、最後に獅子舞プロジェクトが完成する
ご要望に応じて、プログラムの書き込みにも対応可能である
SISIMAI_tinyAVR_BTL.png

下の部品配置図を目指してステップアップ、SPIの向きに注意
SISIMAI_tinyAVR_BTL_pb.png


オプション品:(USBーシリアル変換器)¥150.-
(上記に加えて送る場合に限る)
240601_FT232RL.JPG

続きを読む...
自作アダプタで新型AVRにHVPが成功(tiny202で音声再生) [2024年04月21日(Sun)]

今回の主題は、新型tinyAVRマイコンへの高電圧書き込み(HVP) が、半田付けが苦手なプログラミング初心者の私でも成功した手順を、画像多めで分かりやすく紹介する

自作のHVPアダプタは、ユニバーサル基板に
チップ部品を使用せず、楽々と半田付けできた
UPDI_HVP_FT232.JPG

HVP成功の成果は、先日録音した ウルトラマン目覚まし時計 の音源を使って tiny202で音声再生プロジェクト に実装し、実際に試作したリサイクルおもちゃを例にして報告する

試作した目ざまし機能の確認動画をご覧あれ
ウルトラマンの音量不足は、このあと改善済


今回は、こぢんまりとしたプロジェクトなので、プログラミング初心者の私が新型tinyAVRを使い始める教材としては好適

このプロジェクトを開発された、名張市つつじが丘おもちゃ病院 のDr.大泉院長によると、

tiny202/402などは フツウの
USBシリアル変換器で書き込みが可能
であり、
導入コストを安くできる
反面、tinyAVRのHVPの環境が
おもちゃ病院業界にはあまり普及していない


とのことであり、おもちゃ修理で「AVRマイコン換装」を適応するには、
リセットピン構成をUPDI(出荷時設定)のまま=HVP不要とするか、
この際、安価で簡便な自前のHVP環境を整備することが求められる

私はプログラムを自在に改変する技術がなく、後者=HVPアダプタの自作を選択
これで、多点SW入力や周辺制御出力など、今後の応用範囲が大きく広がる

HV不要のときはHV_ENを切っておく
UPDI_HVP_FT232.png

冒頭写真からスライドSW配線を修正済
UPDI_HVP_FT232_pb.png



【経緯】

最近、ひなまつりの患者さまで アンパンマン めざましとけい の治療 、4月には技術研修で ウルトラマン目覚まし時計 の治療 を経験した

キャラクター音声での目覚ましが特徴のおもちゃで、そのオリジナル音源を録音しておいた

(画像クリックで、それぞれの治療記録にリンク)
240302_himawari (1).JPG 240415_Alarm (0).JPG

もし、おしゃべり音声が復元できなかったら、格好の教材になると思ったのだが、点検整備だけで音声回路は治ったので、貴重な臨床研究はお預け

そこで今回は、簡単な音声再生のマイコンプロジェクトを利用して別の素材でリサイクルおもちゃを作り、いざという時のために基板制作の経験を積んでおきたい
これで、COB故障しても「マイコン換装」で、何とか復元する道が開けると期待


【創意工夫】

当クリニックにとって、「創意工夫」というキーワードは「マイコン換装」と並ぶ、今後の活動指針になる気がする
さらに今年度は、「おもちゃのバリアフリー化」もキーワードに加えたい

先輩Dr.いわく、
「創意工夫」の1つが「マイコン換装」なんでしょうね。

一見、修理不能と思われる症状でも、諦めず何とかしたいと、おもちゃドクターは日頃から情報収集や技術向上に努めている
そして「創意工夫」を凝らして、何とか元どおりに(又は少しでも遊べる状態に)したいと苦労するわけだが、実はこれが楽しい からこそ長続きする(ハマる)ことになる
メーカー修理では絶対にあり得ない手法で、しかも、安価に安全にリサイクルすることができる「おもちゃ病院」という存在を知ってほしい

トグルSWでアンパンマンとウルトラマンを
切換え式で、世界に一つだけのおもちゃに!
onsei_ALARM3.jpg

ひな段付きのディスプレイケースにキャラクター音声再生の試作基板を収納
onsei_ALARM1.JPG

おもちゃのバリアフリー化に対応、PLAYは外付けSWでも遊べる
onsei_ALARM4.jpg

お好みで2頭身の指人形を展示、目覚まし時計外付けSWを接続する
onsei_ALARM2.jpg

続きを読む...
おもちゃ修理の電子カルテ(修理技術の情報交換) [2024年04月01日(Mon)]

おもちゃ修理の情報交換用ブログ − CANPAN ブログ
このブログにコメントを投稿することで、おもちゃ待合室の掲示板としてご利用ください。

EF65(クリックで拡大)
 カテゴリーからおもちゃの種類を選択してください。

ブログ閲覧やコメント入力はユーザー登録不要です。
ぜひ、ニックネームおもちゃ名で、コメントしてください。
(おもちゃドクターの "励み" になりますので)

(3月31日現在、閲覧数:1,296,834回、
コメント:321件)


CANPANユーザーなら、新しい記事投稿や写真画像の添付も出来ます。
(同日現在、記事数:400本)


続きを読む...
240322 すみっこぐらし 音声再生(yurikagoプロジェクト応用) [2024年03月22日(Fri)]

この、おもちゃ修理「電子カルテ」を見て yurikagoプロジェクト を応用して、音声再生するおもちゃを自作したとの報告あり、ご諒承をいただき転載する
音源データを含むプロジェクトもご提供あり、当方の共有ドライブで公開する
なお、これらのプロジェクトは(拙作の曲データも含めて)、複製・改変・再配布は自由であることを、あらためて付け加えておく


プロジェクト名は、yurikago_SW_15325.x
ソースファイルは、yurikago_SW_15325.asm
音声データは、voice_sumikko\W25Q32.hex

==========

すみっこぐらし 音声再生自作おもちゃ
2024/03/17
 (以下、おもちゃ病院相馬さんのブログ記事から抜粋)
                 
来院したご家族のお子さんが退屈しないように遊んでもらうためのおもちゃを自作。
ドラえもんキティーちゃん、についで3作目になります。

2024031510061385a.jpg

今回は、イオンシネマにあった、ポップコーンに付属の物で、かわいらしかったので、つい買ってしまったものです。
音声再生のマイコン回路は、ToyDr.わたなべ様のブログ記事をそのまま使わせていただき、音声データのみが自前です。

ToyDr.わたなべ様のブログ記事は以下になります。
ToyDr.わたなべ ブログ
PICマイコンプロジェクト名(yurikago_SW_15325.X)

このプロジェクトには本家がありまして、いつもお世話になっております大泉ドクター様によるブログが以下になります。
名張市つつじが丘おもちゃ病院
皆様ありがとうございました。

(すみっこぐらし_音声再生_ビデオ動画は、
是非とも、おもちゃ病院相馬さんのブログをご覧ください。)

(中身)

すみっこぐらし_音声再生おもちゃ_基板
202403151006124ce.jpg

すみっこぐらし_音声再生おもちゃ_内部
202403151740364fe.jpg

以前、キティーちゃんで同様の物を作ったときのおもちゃ病院相馬のブログ記事に、ToyDr.わたなべ様から以下のコメントを頂いたことがありました。

***********************************
おもちゃドクターあるある!!!
初めまして。前回のドラえもんを拝見して以来、ずっと注目していましたが、キティちゃんバージョンもありましたね。
私も、身近で安価な材料をリサイクルおもちゃに変身させては楽しんでいます。スイッチにタッチセンスを使ったプロジェクトも秀逸ですよ。
ついつい、使えそうなお菓子を見ると買ってしまうのは、おもちゃドクターあるある!!!
    2022-12-18 06:54 WATANABE Masaru
***********************************

その時のアドバイスにあったタッチセンスは、小さな子供さんが遊ぶのに優しいのでいい感じです。LED点滅もきれいですね。
私の方は、渡辺様の様にプログラムをいじれないので、そのままコピーさせてもらっております。感謝申し上げます。

(回路図、クリックで拡大)
202403151740347bb.jpg

==========
続きを読む...
Snapで新型AVRにHVPが成功した(IR送信機を改造) [2024年02月10日(Sat)]

Snapで 新型AVRに HVPが成功した

当初投稿のタイトル 「240209_赤外線リモコンカーの送信機改造(AVRマイコン換装)」 を変更し、記事のカテゴリも変更する。

タイトル変更の理由は、世の中にはHVPで悩んでいる人が思った以上に多くて、今回タイトルのとおり、「Snapで新型AVRにHVPが成功した」事例は、それほどエポック・メイキングなニュースだと知ったからだ。(先輩ドクターからのアドバイスに感謝)

特に、記事後半の 技術情報 目からウロコのトリビア情報 が掲載されているので、お見逃し無く!

(なお、記事内容は変更なし)



赤外線リモコンカー、車体なし 越年課題が解決

今回の患者さまも、おもちゃドクター手持ちの赤外線リモコンカー、ボタン電池入れっ放し(反省しきり)で、ギリ液漏れ寸前。
リモコンの相手が紛失してしまったコントローラに、新しい命を吹き込むマイコン換装の治療状況を、失敗談も含めて写真多め(くどい説明は少なめ)で報告する。

REALDRIVEnano赤外線リモコンカー
おもちゃDrの技術研修材料として入手
240203_IR_REALDRIVE (1).JPG

1セットは送信機と車体が揃っている
残るは送信機だけ、今回の技術研修用
240203_IR_REALDRIVE (2).JPG

機能別に片面基板が分かれている
Q-STEERより、改造スペースあり
240207_REALDRIVE.JPG

REALDRIVE nano(2024 診療記録より)
症状:赤外線リモコンの車体が紛失
   残された送信機を有効活用したい
治療:AVRマイコン換装で4ch対応の
   互換送信機に変身させる大手術
退院:2月9日、輪廻転生して動作確認済
   当クリニックの広報活動に活用する


【改造START】

4chに対応できるようにしたい
改造の主役はATtiny202
240209_REALDRIVE (1).jpg

SnapからUPDItiny202
(インターフェース基板で)HVPに成功
240209_HVP_program (1).JPG

既存基板のウラにtiny202を貼付け
DIP変換基板上の部品コストは約85円
240209_REALDRIVE (2).jpg

ところが設計ミスで、最初の改造は大失敗!
SW入力には、プルダウン抵抗が必要だった
240209_REALDRIVE (3).jpg


【方針変更】

片面基板で簡単な回路だと甘く見ていたのが、失敗の原因。
焦って手直しの途中でも、セラコンを過熱ショートする医療事故が発生し、さすがに失敗の連続で治療中断して頭を冷やす羽目に。
やはり私には、確認のためのルーチンで回路図の作成が必要と痛感した。

Q-STEER と違いch設定は固定されている
その分、配線はシンプル、SW入力は正論理
REALDRIVE_TX_pb.png

なるほどch切替えSWなし、その他は
Q-STEER と同じ回路構成であると確認
REALDRIVE_TX.png

抵抗増設よりSW論理を反転させる方が簡単
SW5個の共通端子をローサイドに接続する
REALDRIVE_TX_modify_pb.png



【改造再開】

改造基板上のマイコンは、回路に組上げた状態でファームウェアを書き直すことができる。
いつもながら、ファーム開発者の素晴らしい設計に、感謝する。

さて改造再開では慎重に確認しつつ配線変更
SW共通端子をGND側に配線(黒色)接続
240209_REALDRIVE (4).jpg

過熱ショートさせたセラコンは交換するも
マイコンの電源端子間にもセラコンは必須
IR_REALDRIVE_TX_tiny202.png

基板上のマイコンにUPDI配線を接続、
Snapから(非公認の手法で)HVP成功
240209_HVP_program (2).JPG



【輪廻転生】

これ1台で4ch対応の万能送信機が完成。
完成した万能送信機を使って、Dchの実機GT−R車体を操縦できた。

ch設定に必要なPORスライドSW付き
内側ケースに片方のビスだけで仮止めする
240209_REALDRIVE (7).jpg

もう片方のビスは外側ケースにはめてから本締め
省電力設計なので元のボタン電池2個で運用可能
240209_REALDRIVE (5).jpg


記事の後半では、Snapから 新型AVRに HVPが成功した 手順を詳しく紹介する。
続きを読む...
2023年末、先進おもちゃ病院の修理事例(マイコン換装)をバーチャル体験 [2023年12月03日(Sun)]

CH32V電子オルゴールで3線SPI音声再生

この記事は、先進おもちゃ病院の修理事例を参考に、おもちゃドクター技術研修として、手近で安価な素材を用いて修理事例をバーチャルに体験し、その成果品をオリジナルの「リサイクルおもちゃ」とするものである。

100均の キティちゃん貯金箱 に組込んで、試作完成。
最初に、動作確認の動画から先にご覧あれ。

実装音声・曲目は、CH32V換装のデビューに
敬意を表して、オリジナルのまま制作している。


当方のキティちゃんの貯金箱も、単4電池3本
20mmスピーカは、後ろ頭の硬貨投入口に固定
231120_kitty.jpg


使わせていただいたプロジェクトは、ブレーキ出力にし、タッチセンスのチューニングを微調整。
SPI音声 67%、オルゴール 100%に音量変更。

省電力に設計されているので、電源SWは省略する。
ハートマークの内側にアルミテープを貼ってタッチパッドにして、タッチと同時にアース線も触れるように、背中側にメッキ線1本を、外付けした。


【経緯】

技術研修の課題は、マイコン制御のおもちゃ修理で、COB不良でも治療不能とせず、廉価なマイコンで代替回路を作って、何とか楽しく遊べるようにすること。
名張市つつじが丘おもちゃ病院 のブログ記事を、参考にさせていただいた。


その記事の末尾では、次のとおり感想が述べられている。

「COB不良でも修理を諦めないで、一歩進むことが重要だと思う。
そんな志のあるドクターには、つつじが丘おもちゃ病院は支援を惜しまない。」

何という、心強いお言葉であろうか!
早速、私も真似したいと申し出て、ご指導いただいた次第。

おもちゃ病院には、どんな症状のおもちゃが、いつ来院するかも分からない。
COB不良のおもちゃに遭遇しても慌てないために、バーチャル診療を体験しておきたい。


【特徴】

今回のマイコン換装では、ターゲットにCH32V003J4M6を採用、SOP8なので老眼ドクターでも何とかDIP8変換基板に手半田ができるサイズ。
電源条件をクリアし、3線SPI音声再生、LED点滅付き、しかも電子オルゴールも同時に実装されている。
電池3本を入れたら、操作はタッチパッドが1個だけ。

マイコン書込みに使ったのは、WCH−LinkE
私は秋月で購入(750円)、たった、これだけ!
230224_WCH_LinkE.jpg


公開されているプロジェクトをそのまま試作するだけなら、プログラミング初心者でも意外と簡単。
書込み環境の整備は、開発者のブログをご参照あれ。


以下、それぞれの特徴点を詳しく見ていただきたい。
続きを読む...
2023 年末に向けて、リサイクルおもちゃの準備 [2023年11月09日(Thu)]

そろそろ年末に向けて、おもちゃ病院の患者さまも、クリスマスツリーやお正月飾りなどのおもちゃが多くなってくる頃。
おもちゃドクターとしても、日頃からお世話になっている保育園や育児支援施設へのクリスマスプレゼントを、準備しておきたい。

キャラクター商品が豊富な100均ショップで、
リサイクルおもちゃ制作に使えそうな材料を調達
230928_制作材料.jpg

角型シール容器は、2個セットで110円
CH32V電子オルゴールを組込んでみた
231004_J4M6_BTL3.jpg

ガムボトルをリサイクルして、容器代を節約
「宝石箱」タイプで、光でまほう遊びが可能
SW_J4M6_CdS231018 (3).JPG

タッパー容器は大・小セットで、110円
R8C電子オルゴールでは、30数曲入り
230822_CVD_single.JPG

オルゴール曲のレパートリーは、クラシックから童謡まで幅広く160曲余りあるが、今年はラテン系やハワイアンなどの新曲データを中心に選曲して実装する予定。

続きを読む...
231021 CH32V電子オルゴールは4和音でも高音質 [2023年10月30日(Mon)]

ここで CH32V電子オルゴール2023 レパートリーを試聴できる


【経緯】

私が愛用する電子オルゴールは、「つつじが丘おもちゃ病院」の大泉院長が開発された PIC電子オルゴール に始まり、R8C電子オルゴールCH32V003電子オルゴール でも開発され、広く公開されている。

多彩な音楽表現も、PICやR8Cから引き継がれていて素晴らしい!

個人的な CH32V事始め として、SOP8のJ4M6でLチカまでは何とか進んだ折に、電子オルゴールでJ4M6サポート は、高齢の老眼ドクターにとっては何よりの朗報だった。
開発者に感謝申し上げる。ありがとうございました。



【2023 レパートリー試聴】

感謝を込めて、J4M6電子オルゴール完成記念 に、ハワイアンの曲データを作ってみた。
曲目は 真珠貝の歌(3和音)、アロハ・オエ(3和音) の2曲で、連続演奏もできる。

【現87歳のスティールギタリスト】、3年前の動画に癒される。
(参考)~ Aloha Oe ~関万里子 スティールギター講座 は、コチラ

開発者にも報告済、もし、お気に召していただけたら幸いである。
CH32Vは、コスパはもちろん音質の良さも、もっとアピールして欲しい。
雑音がなく、高音まで澄んだ音色で、おススメ。


(左クリックで再生 音量注意、右クリックで 名前を付けて保存

    曲名      ファイル名     演奏時間  mp3サイズ

るんるん 真珠貝の歌(3和音) CH32V_SINJUGAI3.mp3 01:35 647KB

るんるん アロハ・オエ(3和音) CH32V_ALOHAOE3.mp3 01:59 814KB



【技術情報】

参考回路図のとおり シングル出力 で試作、ブレッドボード上で演奏試聴は成功。
(楽曲試聴の mp3 は、この状態で録音したもの。)

SW_J4M6_single.png

SW_J4M6_single_pb.png

続きを読む...
| 次へ