CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
診療月別アーカイブ
2.4GHz R/Cクロスカントリー車(ヒューズ交換) [2021年06月21日(Mon)]

糸魚川にも トレンドおもちゃ が、やって来ました!

「のう病院」で受付入院の、2.4GHz R/C クロスカントリー車
RCカー_00.jpg

症状:前進・後退ができないとのこと
   プロポからの送信電波確認済
   ステアリングはフルアクション動作確認済
治療:いよいよ、本体側も分解点検を実施
   受信機の回路解析中、故障原因を発見
   FETに電源を供給するヒューズが焼損
   より安全なポリスイッチに置き換える


【受付】のう病院では 随時受付
210510_のう病院.jpg
2.4GHzトイラジ
が、ついにやって来た(当クリニック初)

おもちゃリサイクル回収箱「ゆりかご」は、糸魚川市内5か所に常設
2021年5月、「のう病院」=能生児童館に持込みで診察依頼があったもののうち、これは、2.4GHz R/C クロスカントリー車(いわゆる ラジコンカー)
おもちゃなので、通称「トイラジ」と呼ばれる


【問診】by Dr.Toy-zawa

大型ラジコンは走らない(ハンドルは効く)、とのこと
プロポ送信機と充電アダプターも一緒に、セットで預り入院決定


【検査1】by ToyDr.わたなべ

おもちゃドクター"診察手順" を守り、理論的に手順前後しないよう留意
新米の頃は本体から分解したくなるが、まず、送信機からスクリーニング検査


ステアリングは、フルアクション機構
前進・後退は、プロポーショナル操作
RCカー_08.jpg

スロットル部は、5Kオームの可変抵抗あり
操作角に応じてモーター回転数をコントロール
RCカー_09.jpg

操作角に応じて 抵抗値が変化することを確認
送信用 ICは SOP16 、型番がなく詳細は不明
RCカー_10.jpg


続いては精密検査、2.4GHz 帯を検査するためには、チェッカーが必要
目に見えない電波を捉えて、可聴音やオシロ信号を出力してくれる
人間でいえば 聴診器 みたいな役目をする、ドクターの必須アイテム

とは言え、当クリニックでは誰も持っていないではないか。あわてて
先輩ドクター(つつじが丘おもちゃ病院Dr.大泉院長さま)に依頼
RFパワーデテクタ(増幅器付)モジュールを入手、空きケースに収める
RF_checker_amp (1).jpg RF_checker_amp (2).jpg


今回のラジコンはメイドイン・チャイナ、メーカー不詳、2.4GHz だけの情報
送信機のスイッチを入れてから、車体側のスイッチ・オンで、ペアリング完了
RFチェッカーからは、スティック操作に応じて(検知音の)音が変わる
右折・左折のほか、前進・後退も、それぞれ別々の音程に聴こえるので
一応、送信側は正常だと仮定して、本体側の診察に向かうこととする




【検査2】いよいよ、本体側も分解点検
続きを読む...
27MHz バトルフロント戦車 S−5(修理不能) [2021年04月11日(Sun)]
2020年9月19日「のう病院」に、
でっかい戦車ラジコンが来院
(※追記あり:プロトコル分析の報告)

新品電池でも、全く動かないとのこと。
箱の状態を見るとかなり古いものらしい。
(画像クリックで拡大)
TANK_22.jpg

症状:新品電池を入れても全く動かない
治療:1/12スケール、27MHzトイラジコンを診察
   送信機の操作レバーに応じて電波発信するが
   本体側の受信回路から復調信号が出力されない
   先進病院の紹介・転院も困難な状況下で
   残念だが、当方では修理不能と判断
退院:2021年4月11日、ご自宅にお届け退院済


【入院経過】地元のおもちゃ病院が長期休院

お客さまのお話では、「孫に動く姿を見せてあげたい。
本体のバッテリーが腐食していたので、9.6Vの充電式電池を
ネットで購入して交換したがやっぱり動かない。
マニュアルにある大阪の製造会社は倒産しているようで連絡がつかない。
最寄りの「上越おもちゃ病院」は休院中。困り果ててしまった。
時間がかかってもいいので治療してほしい。」ということでした。

おもちゃクリニック ゆりかご では、難民おもちゃを救済すべく入院受付け。


【診察状況】分解点検

購入後、ずっと未開封(棚に飾っていた)だった
送信機から、それなりに電波は出ていることを確認
TANK_00.jpg

お孫さん(5歳)に遊ばせるには、まだ早過ぎる感がある
対象年齢(弾も発射できるため)18歳以上(説明書を参照)
TANK_10.jpg

このエキスパート版は、前後進+左右のほか
砲塔の左右回転+発射の、7操作ができる仕様
TANK_04.jpg

続きを読む...
保育園のパワーショベル修理、R/C(トイラジコン)機能を復元(その2) [2020年11月16日(Mon)]
タッチで操作するトイラジコン送信機、
ツムツム 100円貯金箱に実装


201116_トイラジコン送信機_04.jpg

10月24日、ひまわり病院を定期巡回で受付けたパワーショベル
バケット外れを治療し仮退院したが、R/C 送信機が無かったので、
おもちゃドクターの技術研修として、送信機の制作に挑戦してみた。
201024_パワーショベル_00.jpg



【経過報告】R/C カー(トイラジコン)方式

キャタピラーは外観だけ。実はタイヤ駆動で、R/C カー(トイラジコン)方式と判明
送信機が無かったので、R/C ラジコン操作はできないものと、今まで諦めていた
201024_パワーショベル_03.jpg 201024_パワーショベル_08.jpg

本体基板には MX1508RX というオールインワンの IC。手持ちの 27MHz 送信機でテスト
たまたま、適合する送信機が見つかり、本体は動作確認済。参考回路図を入手しておく
201024_パワーショベル_10.jpg 201024_パワーショベル_15.jpg

適合したのは真っ赤なスポーツカーのラジコン
送・受信基板を調査して、プロトコル解析
201030_トイラジコン解析_01.jpg 201030_トイラジコン解析_03.jpg

送信は 8A977、受信は 8A978 であり、TX2-RX2 と同じプロトコル
ただし、停止コードの送信回数は、15回か16回であることが判明
TOUCH_1822_emulate.jpg


手持ち送信機のエンコード信号は、WAVEファイルで録音して解析することができた。



【診療方針】送信機を制作

だが問題は、送信機の本体が元々無い(紛失した)こと。
洒落たケースやタクトスイッチなどは高価になり、おもちゃ修理には適さない。
先進おもちゃ病院の修理事例を参考にタッチSW による送信機を制作したい。

最近、糸魚川にも出店した100円ショップの商品から閃いた
ToyDr.わたなべ ”楽しみながら”、これを診療材料として流用
201116_トイラジコン送信機_00.jpg



ツムツムの可愛い貯金箱の中から、エイリアンを採用
この子の名前は、リトル・グリーンメンというらしい
頭のツノがアンテナで、胴体に取付けた電極にタッチして操作
201116_トイラジコン送信機_06.jpg

チップ部品での基板回路の本格制作は初めて、とても苦労
部品面(PICの下)も活用し、何とかエンコーダ部が完成
201106_エンコーダ基板.jpg

タッチ電極はステンレス線で内部のセンサー電極と導通している
実機組込みの際にケース内部に隠されて、外側からは見えない
201116_トイラジコン送信機_02.jpg

タッチ SW の構造が分かるように、ペットボトルの輪切りに取付けて、
本来のケースの上で撮影したメイキング動画を公開する。ご参照あれ



電源スイッチ ON で、赤 LED が点灯して、切り忘れを防止。
(スイッチを切る習慣をつけて欲しいため、省略しなかった)
タッチしている間(操作中)は、緑 LED 点灯で「送信中」を表示。


自作基板のエンコード信号を実機で検証、
設計どおりのプロトコルで正常動作を確認
TOUCH_1822_emulate.jpg



【プロトコル解析音声】

解析した音声ファイル(mp3 変換して)は、ココ で試聴できる。
(※ただし、大音量に注意のこと!)

 ・最初の4種類は単独操作。先頭から順に、前進・後退・右折・左折
 ・続いて同時操作前進+右折・前進+左折・後退+右折・後退+左折

続きを読む...
保育園のパワーショベル修理、R/C(トイラジコン)機能を復元(その1) [2020年11月01日(Sun)]

パワーショベルは、ショベルバケットがすぐ外れる
10月24日、ひまわり病院を定期巡回で受付け

201024_パワーショベル_00.jpg


仮退院までを(その1)として報告する

バケット側の爪は、前回の治療で復元済。
アーム側の先端(受部分)を、ドライヤーで熱しながら
外側に広げ、ショベル脱落を防止する。
201024_パワーショベル_02.jpg

キャタピラーは外観だけ。実は、タイヤ駆動で、
27MHz の R/C カー(トイラジコン)方式
201024_パワーショベル_03.jpg

保育園に、利用者から寄付されたもの。
メーカー不明。寄付時から本体だけだった。
201024_パワーショベル_04.jpg

送信機が無かったので、R/C ラジコン操作は
できないものと、今まで諦めていた。
201024_パワーショベル_08.jpg

続きを読む...
190803 室内用ヘリコプター 充電できない [2019年08月13日(Tue)]
リチウムポリマー電池は日進月歩。
極小サイズのバッテリー、再発売を待ち望みます。

190803ミニヘリ_00.jpg
室内用ミニヘリコプター

2019年8月3日、まちや病院・夏で入院。全く動かない。

メーカーは東京マルイ、赤外線リモコンの「mini X」。
送信側から赤外線の発光は確認できるが、本体反応なし。
190803ミニヘリ_02.jpg

コックピットに、リチウムポリマー電池を内蔵しているが、
この極小バッテリー(3.7V、70mAh)が、充電されない。
190803ミニヘリ_04.jpg

続きを読む...
190201 「ラジコン戦車」 走らない [2019年02月01日(Fri)]

「ラジコン戦車」 前後に走らない
2019年1月26日、「まちや病院・No.8の診療記録


無線操縦で砲身は動くが、前後に走らないという症状。
自動小銃(機関銃と呼ぶのかな)は台座から外れています。
モデルガンなどは、教育上の配慮から治療を見合せますが・・・、
190126_ラジコン戦車_14.jpg

この「ラジコン戦車」は弾が出ないので、受付けます。
電池種類がバラバラで容量不足。8本全部を一斉交換してください。
190126_ラジコン戦車_12.jpg


続きを読む...
180317 リモコンパワーショベル [2018年03月18日(Sun)]
2018年3月17日(土) 11:00〜12:00、「まちや病院」も臨時巡回しました。

180317_00.jpgまちや病院では、待望のお客さま。
「リモコンパワーショベル」


リモコンコードが断線しているので、動かないとのこと。

お任せください。

まちや病院には診察室がないため、全て入院扱いです。
おもちゃドクターが大切にお預りし、
集中治療室(自宅)にてジックリ診療します。
続きを読む...
150454 RCハマー 電池液漏れ [2015年04月26日(Sun)]
2015年4月26日(毎月第4日曜日)、上越市市民プラザで定例病院。

RCハマー(クリックで拡大)
RCカーの患者様、車種は「ハマー」です。
本体側電池パック内に電池液漏れによる腐食があり導通不良でした。
研磨・清掃して、接点復活剤スプレーで、動作は復活しました。


あとは、ゴムタイヤの亀裂を何とかして、退院。
続きを読む...
131247 やわらかRCシリーズ しょうぼうしゃ [2013年12月22日(Sun)]
やわらかRC前進しますが、後進の時に回転しなくなったとのこと。
周波数:40MHz。


006P(9V)電池1個で送信していますが、電池の消耗が割と早いので要注意です。
電波の届く距離は短いことも、ご承知ください。
続きを読む...
| 次へ