• もっと見る

診療記録の検索
検索語句
種類別アーカイブ
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
診療月別アーカイブ
240118 赤外線リモコンカーのプロトコル分析(CH32Vマイコン換装) [2024年01月18日(Thu)]

2024年 最初の患者さま Q-STEER

実はおもちゃドクター手持ちの赤外線リモコンカー
240115_QST_TX (2).jpg

赤外線コントロールチョロQで、当時は携帯電話でのコントロールが人気だった。


【経緯】

2年前のドクター自主研修以来、ボタン電池を入れっ放しだったので、3台とも危機的状況になっていた。これでは、おもちゃドクター失格である。面目ない。

老後の趣味として、生き甲斐を得るために始めたが、現在の私の心境は「おもちゃドクターは私の全て」、ドクター失格したまま、ここで辞めるわけにはいかない。
周囲の皆さまに支えられ良き師に巡り合えたことで、数年前から60の手習いでマイコン換装の真似ごとを始めている。基礎知識が全くない私だが、今回はCH32Vマイコン換装に挑戦したい。

赤外線リモコンカー (2024 診療記録より)
症状:電池液漏れで危機的な状況
   これでは、おもちゃドクター失格
   ここで、辞めるわけにはいかない
治療:3セットのうち、1セットは
   液漏れが基板まで浸潤、修理不能
   2セット目は、COB不良だが
   CH32Vマイコンで換装する
   3セット目は、正常動作確認済。
   (ボタン電池は抜いておく)
退院:1月18日、治療完了して動作確認済
   当クリニックの広報活動に活用する


【送信機の解析】

1セットは修理不能で部品取り用、2セット目はCOB不良をマイコン換装で修理予定、3セット目は(元旦の地震で散らかった集中治療室を片付けていて発見)正常動作品。
このブログでは、2セット目の Q−STEER コントローラの基板回路を解析する。

典型的なボタン電池の液漏れ症状
漏れ出た電解液が基板にまで浸潤
240115_QST_TX (1).jpg

2台目は両面ともレジストでカバー
されていて、かろうじて基板は無事
240115_QST_TX (3).jpg

COB不安定のため回路解析を進める
COB貫通の配線は、導通点検で発見
Q_STEER_TX_pb.png

SW入力は正論理、IR出力も正論理
(電流値は正常動作品での測定値)
Q_STEER_TX.png


【マイコン換装回路】

そして、マイコン換装の回路図を作成、実機基板パターンを一部改造して取付ける。

CH32Vマイコン換装回路
周辺部品はできるだけ再利用
Q_STEER_TX_J4M6.png

さあ、あとは狭小スペースの中に、いかに上手く収めるかが問題。
続きを読む...
231102 ダートマックスjr 27MHz 全く動かない(SW接点洗浄) [2023年11月03日(Fri)]

地元のおもちゃ病院にも顔を出している「新人Dr」からのヘルプで、
当クリニックでは助勤医師として一緒に集中治療している。

なお、おもちゃ病院界隈での「新人Dr」とは、単に経験年数が浅いことでしかなく、
実際は人生の先輩ではあるが、その真摯に学ぼうとする姿には、敬意を表する。


【概要】

当クリニックの治療例では、幼児向けおもちゃが多く、トイラジコンは少ない。
先進おもちゃ病院の診療記録も参照しつつ、常に治療技術の向上に努めている。

ダートマックスJr JOZEN 27MHz R/Cカー
231102_oumi (1).jpg

症状:全く動かず、あまり遊んでない
治療:送信機の電波をチェッカーで確認
   車体の基板まで電源が来てない?
   シャーシウラのスライドSW点検
   SW接点洗浄後、接点保護スプレー
   デコーダー3番ピンで信号を確認
   これで車体が前後左右に動き復活
退院:お客さまに動作確認して貰って退院予定


【診療状況】

基板シルクで27MHzで間違いないことを確認
黄色いポリスイッチと並んで、H−Bridge
231102_oumi (2).jpg

基板レジスト面にはSMD部品が整然と並ぶ
V+とV−の2点間に、電圧が来ていない?
231102_oumi (3).jpg


なお精密点検のため、基板の下にあるスライドSWの導通チェックをしていたら、突然動くようになった。
このスライドSW接点が導通不良とみて、接点洗浄後、接点保護スプレーして、正常に回復した。
続きを読む...
230805 Jeepラングラー 27MHz RC、全く動かない(電池容量不足) [2023年08月12日(Sat)]

8月5日〜6日、「まちや病院・夏」では 14件を受付け、外来で問診するときに、できれば子どもさんから診察体験をして貰う。

Jeepラングラー 27MHz R/C CCP
230805_natsu (3).JPG

症状:全く動かない
治療:こどもさんに、電池チェック体験して貰う
   車体側の電池容量不足を発見してくれた
   ついでに、分解点検のお手伝いも!
   あとは入院預りで、ビス締め再確認
   単3×6本を新品電池に交換して完治
退院:8月8日、ひまわり診療所にて退院済

車体分解するときに、ビス4本を外すお手伝い。
230805_machiya (1).JPG

1本目は心もとなかったのが、4本目では堂々とした手つきになっている。
小学生の吸収力は素晴らしい!
(本当はもっと、バラバラになるまで分解したそうだったが、、、)
続きを読む...
230805 ミニマリオカート RC ピーチ姫、充電できない(取説を熟読) [2023年08月11日(Fri)]

2023年8月5日、「おもちゃドクター体験会」に参加した小学生が持ってきた 京商のミニマリオカート R/C ピーチ姫

充電できず全く動かない ということで、まずはサポート担当ドクターに使い方を説明。
1年以上前に、購入してから3日目で動かなくなり、ずっとそのままだったという。
一生懸命に不具合を伝えようとする姿に、おもちゃへの愛着を感じる。
同シリーズの別のキャラクターのミニカーもあるが自宅に置いて来たとのことで、急遽、お母さんが自宅まで帰って、もう1台の マリオ を連れて戻ってきてくれた。

小さなドライバーで、さあ自分で分解してみよう。
230805_natsu (2).JPG

手のひらサイズの全長7cmで、何しろ小さい!
子どもドクターは、興味津々で見入っていたが、内蔵 リポ電池 の消耗が疑われるので、結局、入院預り、あとは担当ドクターにお任せあれ。

【おもちゃドクターからのアドバイス】

このおもちゃに使われているのはリチウムポリマー電池(通称リポ電池)で、こんなに小さいので、30分で充電満了で、たった7分間しか遊べない。(取説より)

お母さんに、リポ電池の充電方法をレクチャー。
「基本的に 取説を熟読 願います。特にリポ電池は、遊んだ直後は高熱になっていることが多く、すぐには充電しない方が良いようです。(30分後、通常温度まで待つことと)取説に書いてあります。」


【入院治療】

当クリニックとしては、リポ電池を使ったおもちゃに関する勉強不足、治療経験不足を痛感した症例だった。
診療記録としては、入院治療で翌日に完治退院となったが、技術的な課題も見えた。

果たして今回の治療で正しかったのか、そもそも治療しても良かったのかとの疑問さえ残る。
今後のためにも、ここはぜひ、全国のおもちゃドクターに「お知恵を拝借」したいと思う。
お気づきの点があれば、ぜひコメント・フォーム入力にて、ご指導いただければ幸いである。

5 マリオカート R/C ピーチ姫 京商
症状:全く動かない、充電できない
治療:リポ電池の消耗も考え、入院預り
   充電端子と基板との導通アリ
   接点清掃後にも、短時間しか充電しない
   時間を空けて短時間ずつ、数回充電
   休眠バッテリーが復活、充電満了
   ペアリング後、コントローラで動作確認済
退院:翌8月6日、まちや病院にて退院済

分解点検で、充電端子と基板との導通アリを確認
230805_natsu (1).JPG


続きを読む...
230805 RC マリオカート マリオ、全く動かない(板状スイッチ折れ) [2023年08月10日(Thu)]

RC マリオカート マリオ JAKKS

「まちや病院・夏」の最初のお客さまが、ウッディ人形と同時に持ち込まれたもの。
言わずと知れたN天堂の、RCカートだが、全く動かないとのこと。
「動かないので、電池は外してあります。」と、素晴らしい保管状況!

まずコントローラーの方から、電池接点を確認し単3電池2本を入れてRFチェッカーで送信チェック。
レバー操作に応じて、電波は出ているようだが、実は、前進・後退の左レバーの効きが不安定だった。

電池ホルダの電極を研磨清掃し、動作確認する
コントローラーに単3×2本、車体に6本必要
230805_machiya (3).JPG


すると、動いた! が、
前後左右のうち「前進・後退」の動きが、何となくぎこちない。
コントローラーのレバースイッチの故障が疑われるので、分解点検する。

水色のレバースティックの下では、金属板が折れて変形
金属疲労で折損しないよう慎重に、先端部も形状を矯正
230806_natsu (1).JPG

レバー接点は金属片を押し付けたり離したりする構造で、使っているうちに曲がってしまったことが原因と判明。
ここは、曲がりを戻してもまた曲がってしまい金属疲労で折損する恐れがあるため、この箇所の曲がり矯正は最低限にとどめ、ほんの少し外れた金属片の先端寄りの形状を接点端子に近付けて、確実に接点オンになるように加工。

車体側の方は、スリムな外観から充電式かと思い込んでいたが、テール部分に縦に装着する方式だった。単3電池6本を装着して、さあ、動作確認。



続きを読む...
230501 往年の日本メーカー製RCカーが入院(誤操作) [2023年05月31日(Wed)]

往年のスポーツカーが入院 5月1日、ひまわり診療所

赤のスープラ NIKKO 40MHz R/Cカー
日本メーカー製、右・左折が効かない
230501_himawari (1).jpg

お孫さんが、昔のおもちゃ箱から発掘!
30数年前の車体は、あちこちでヒビ割れ
230523_Clinic (3).jpg

操作スティックどおりに動かないとの訴え
前進後退するので、送受信は機能している
230523_Clinic (4).jpg

往年のNIKKO製の基板は、これが標準的な姿
前進後退と同時なら、右・左折もOKだった
230523_Clinic (5).jpg

ヘッドライトはポップアップ式だが、
ヒビ割れ各所を造形補修接着していく
230523_Clinic (6).jpg

続きを読む...
230423 ラジコン風レーシングカー(ギヤ割れ、各所断線) [2023年04月28日(Fri)]

2022年から始めた、Web予約システムからの入院3点


コチラの患者さまは、Web予約ではラジコンと記入されていたが、実は有線リモコンだった

ラジコン風レーシングカー、有線コントロール
前輪は動くが、後輪の前後操作には無反応
230426_remot_CAR (1).jpg


ギヤ割れ、各所断線を修復して治療完了、1週間後に元気に退院!
(退院の翌日、今度は別の場所がこわれたとして、また入院するのだが)後日報告


ギヤボックス内部のビスも外して、原因を発見
動輪軸の平ギヤ、モーター軸のギヤがヒビ割れ
230428_REMOT_car (15).jpg

後輪ギヤボックス分解、矢印ギヤがヒビ割れ
小さい8歯は交換、平ギヤ28歯は部品なし
230428_REMOT_car (16).jpg

モーターも要分解整備、グリスは老朽硬化
金属ブラシは、意外にスリ減ってはいない
230428_REMOT_car (17).jpg

モータ接点をアルコール洗浄後グリスアップ
平ギヤは根元をステンレス線で縛り接着固定
230428_REMOT_car (18).jpg

本物のラジコンではないので、車体側だけで動作テストができる
無事に動作確認できたところで、今度はリモコン側の治療を開始

まず電池ボックスの点検、単3×4本で6ボルト仕様
電極は赤サビてるが液漏れ跡なし、清掃後オイル塗布
230426_remot_CAR (2).jpg

コントローラーの電池フタが紛失している
プラ板の端材で代用品を自作し、取付ける
230428_REMOT_car (20).jpg

当然、エンコーダーやRF送信などの基板はない
いわゆる「フルアクション制御」のスイッチ構造
230428_REMOT_CAR (2).jpg

前後レバーSWのリード断線、ハンダ付け直す
ちなみに「ターボ」は飾りで、実際の機能なし
230428_REMOT_CAR (3).jpg

奥に見える前後SW断線個所、時々接触してた
左右レバーSWを分解、清掃後オイル塗布する
230428_REMOT_CAR (4).jpg

続きを読む...
220928 スピードレーシング RCカー(コントローラ破損) [2022年09月30日(Fri)]

のう診療所にて入院受付 9月28日

スピードレーシングは、2.4GHz、R/Cカー


【問診】

コントローラ、本体のラジコン車とUSB充電アダプター付で入院
「使用年数は2年、コントローラのまわす所が折れた」との訴え

全長23cm、スピードレーシングカー
2.4GHz R/C ステアリング用ノブ破損
220928_RC_00.jpg


【検査】

まずセオリーどおりに、送信側から検査・治療を進める
RFチェッカーで、電波は出ているらしいことを確認

コントローラーを分解点検、2.4GHz R/C
前後左右フルアクション、ターボ機能なし
220928_RC_02.jpg

ステアリングは、回転部の中心軸が折損
よほど強い力が掛かり、ネジ切れた様子
220928_RC_04.jpg


【治療1】

破損部は、繰り返し無理な力が掛かる場所であり、
生半可な接着では、到底持たないことは明白

5ミリのプラスチック丸棒を、中心に貫通
軸の側面からピンを2本打ち、回り止め
220928_RC_06.jpg

軸全体の周囲を、エポキシ接着剤で固定
これで仮退院、さあ元気に遊んでください
220928_RC_08.jpg

治療完了後に、組み戻し直前の写真
基板上には、型番不明のチップのみ
220928_RC_10.jpg

続きを読む...
220606 どうぶつミニカー R/C 充電できない [2022年06月09日(Thu)]

プレゼントしたおもちゃは、子どもたちに大人気

能生児童館2階の子育て支援センター内「幼児ことばの教室」から預り入院


赤外線感応 どうぶつミニカー 2.4GHzRC
子どもたちに大人気、充電できなくなった
220607_FUTURE (1).jpg

充電用のUSBコネクターは、microB規格
USBジャックの部品が見えなくなっている
220607_FUTURE (2).jpg

本体ケース内で、コネクタ・ジャックを発見
基板上に表面実装のハンダ外れ跡が見える
220607_FUTURE (3).jpg
続きを読む...
| 次へ