• もっと見る

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
診療記録の検索
検索語句
種類別アーカイブ
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
AVR電子オルゴール事始め(スターターセットの頒布) [2024年06月01日(Sat)]

AVR電子オルゴール事始め(スターターセットの頒布)

(2024年6月1日から頒布開始、在庫限り)

【経緯】

名張市つつじが丘おもちゃ病院さんのブログで、「STM32スタートアップセット頒布」がアナウンスされている
マイコン換装に必要な部品が「誰でも買える」ものなら私にもお手伝いできるのでは、むしろ積極的に取組むべきと反省

上記ブログ記事を拝読し、そこまで考えておられるのかと、正直、私は驚いた
ファームウェアの開発に加えての普及啓発まで、一貫した姿勢には敬意を表する
エールを送ることしか出来ない私だが、記事をシェア拡散して情報発信に協力したい

さて私も、半田付けが苦手と逃げてばかりは居られない
STM32に限らず、大泉院長のブログに必死になって喰らいついていく所存


【AVR事始め】

安価に部品調達するのもドクターの技術スキルのうち、ということで
それぞれが得意な分野で進めても宜しいのではないか、お互いに頑張ろう

私も、できる範囲でマイコン換装スターターセットの頒布を始める次第

まずはtiny404と変換基板とSPIメモリ(サンプル音声データ入)
そしてtiny1614と変換基板
そして初心者向きに8ピンAVR2個セット
の3種類のセット(いずれもアンプ用Hブリッジ付き)

サンプルプロジェクトは当方共有フォルダにて公開する
ご希望に応じてサンプルプロジェクトを書き込んで頒布することも可能
tinyAVRはSOPタイプなので、基板への半田付け練習には最適

(後日、ここに試作品の動作確認の動画を掲載予定)
240519_Seria.JPG


【頒布セットと回路図】

頒布セットを使ったサンプルプロジェクトの回路図と部品配置図の参考例
セット品以外の部品は(処分品の再利用などで)、自前でご用意いただく

56.5×32mmの基板に組み込むと、有名な清涼菓子の容器にピッタリ入る
単3×2本の電池ケース裏に直接貼り付ければ、100均タッパーにも丁度
なお頒布代金は送料込みで、セット別の内訳は下段の方に記述している

頒布セットA:(電子オルゴール/音声再生)¥300.-
まずは、電子オルゴールのみを書き込んでテストする
SW_tiny404_test.png

電源は単3電池2本、極性に注意すること
ここまでなら、SPIメモリの配線は不要
SW_tiny404_test_pb.png

プログラムを書き換え、頒布セットAの完成
SPIにはサンプル音声データを書き込み済
SW_tiny404_starter.png

SPIの向き注意、回路図と上下反転している
音声データを書き換えれば、他にも応用できる
SW_tiny404_starter_pb.png

頒布セットB:(電子オルゴール+音声再生)¥300.-
オルゴール演奏をメインとするプロジェクトである
orgel_tiny1614_starter.png

160曲以上のレパートリーからご希望の数曲を選択
音声再生とコンカレント動作もカスタマイズできる
orgel_tiny1614_starter_pb.png

頒布セットC::(電子オルゴール/音声再生)¥300.-
初心者向きに8ピンAVR2種類セット、変換基板なし
SISIMAI_tiny402_test_BTL.png

402_test 回路で「メリーさんの羊」など 短い曲演奏を確認
AVR_starter 回路で、「トイストーリー」の音声再生を追加
SISIMAI_tinyAVR_starter_BTL.png

順番に部品追加して、最後に獅子舞プロジェクトが完成する
ご要望に応じて、プログラムの書き込みにも対応可能である
SISIMAI_tinyAVR_BTL.png

下の部品配置図を目指してステップアップ、SPIの向きに注意
SISIMAI_tinyAVR_BTL_pb.png


オプション品:(USBーシリアル変換器)¥150.-
(上記に加えて送る場合に限る)
240601_FT232RL.JPG


書き込みソフトは、新型tinyAVRのUPDI対応のものが必要
つつじが丘おもちゃ病院さんの、下記ブログのダウンロードに同梱されている
\AVRdude\ISP\bin\avrdude.exe というGUIソフトが便利

なお、当方のAVRスターターセットでは、HVP(高電圧書込み)は必要ない

書き込み時の接続は、AVRDUDEのマニュアル によれば、簡単に自作できる
なお、もっと 綺麗な接続図 は、各自でネット情報などから検索してほしい


【スターターセットの内訳】

頒布セットA: AVRスターターセットA(電子オルゴール/音声再生)
(セット内訳)  ¥300.-(送料込み)
 ATTINY404-SSN 1個、 DIP変換基板14ピン用 1枚
 HブリッジMX612E 1個、 DIP変換基板8ピン用 1枚
 メモリW25Q32FV 1個 (ICの足が折れやすいので注意)

頒布セットB: AVRスターターセットB(電子オルゴール+音声再生)
(セット内訳)  ¥300.-(送料込み)
 ATTINY1614-SSN 1個、 DIP変換基板14ピン 1枚
 HブリッジMX612E 1個、 DIP変換基板8ピン 1枚
 (内部メモリを使うため、外付けメモリ無し)

頒布セットC: AVRスターターセットC(電子オルゴール/音声再生)
(セット内訳)  ¥300.-(送料込み)
 ATTINY202-SSN 1個、 ATTINY402-SSN 1個
 HブリッジMX612E 1個、 (変換基板は付属しない)
 メモリW25Q32FV 1個 (ICの足が折れやすいので注意)

オプション品: USB-シリアル変換器(上記に加えて送る場合に限る)
(セット内訳)  ¥150.-
 FT232RL(非純正品) 1個
 (ピンヘッダは一旦抜いた状態で送るので、到着後に半田付け必要)

240601_setA_B (1).JPG

240601_setC_Opt.JPG


【問い合せ、留意事項】

数量は、1人1セットで、当面20セットを予定している
先着順で、無くなったら、この代金額での頒布はお終い

頒布依頼やお問い合わせは、メールでのみ受け付ける
(下記アドレスの@を半角に置き換えること)
記事へのコメント投稿で頒布依頼を書いても対応しない
toydr.watanabe[@アットマーク]outlook.com

頒布セットは郵便書簡で送り、封筒自体が納品書を兼ねて支払案内を記載している
頒布代金は、到着後2週間以内に、ゆうちょ銀行の指定口座あてにお振込みいただきたい
振込手数料は頒布先負担とする
若しくは、頒布代金合計分の切手を、当方あてに郵送して貰っても良い

頒布の条件は、当ブログの善良な読者であること。その判定は当方の主観による

スターターセットはジャンク品扱いであり、その機能や性能等を保証しない
返品や返金等にも応じないことを、ご承知あれ

郵送に関わるトラブルについては当方は一切の責任を負わない

【ダウンロード】

サンプルプロジェクトは当方共有フォルダにて公開する。今回のプロジェクトでは、
HVP書き込みは不要であり、廉価なシリアル変換器で手軽に書き込みができる
さらに、ご希望に応じてサンプルプロジェクトを書き込んで頒布することも可能だ


チップへ書き込むプログラムファイルは、プロジェクト別に

 \orgel_SW_404_test\Release\orgel_SW_404.hex
 \orgel_SW_404_starerr\Release\orgel_SW_404.hex
 \orgel_SWCVD_1614_starerr\Release\orgel_SWCVD_1614.hex
 \SISIMAI_tiny402_test\Release\orgel_SW_402.hex
 \SISIMAI_tiny402_starter\Release\orgel_SW_402.hex
 \SISIMAI_tiny402\Release\orgel_SW_402.hex
 \SISIMAI_tiny202\Release\orgel_SW_202.hex


AVRの書き込みで懸念されるのは「ヒューズビットの書き込み」関連だと思われるので
今回は、あらかじめ電子オルゴール用のヒューズビットを書き込んで頒布する

チップへ書き込むヒューズビットファイル(AVRDUDEを使う場合)は、
 上記プロジェクトに共通して、プロジェクトフォルダ内の

  \Release\AVRDUDEfuseUPDI.hex

サンプルの回路図や部品配置図は、ドキュメントフォルダにある


今回はスターターセットなので、音声データはDIPタイプのSPIメモリに書き込み済
音源の録音方法、音声データの作り方、SPI書き込み方法などはコメント欄をご参照あれ

メモリに書き込み済のSPI音声データは、

 \voice_ToyStory\W25Q32_8ksps.hex


今回も、つつじが丘おもちゃ病院 さんの ファームウェアを使わせていただいた
この場を借りて、感謝申し上げる。ありがとうございました。
tinyAVR電子オルゴール のほかのデバイスでもファームウェアが開発されている
公開済みファームは日々進化しているので、最新版は下記URLをご参照あれ



マイコン換装は、まだ症例件数こそ少ないが、お客様からの喜びの声と感謝のお言葉は、ドクター冥利に尽きる
おもちゃドクターとしても達成感が味わえるし、何より、やっていて自分も楽しい

未経験のドクターにも、ぜひ最初の一歩を、踏み出して欲しいと切に願う

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
2024年秋から郵便料金が改訂され、郵便書簡も 63円から 85円に(22円の)値上がり。
部品は在庫確保してありますが、郵便料金だけは上乗せとなりますので、ご承知ください。
10月以降の発送分から、それぞれ 22円を上乗せして頒布継続します。
Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2024年07月01日(Mon) 20:14
トドお父さん、お褒めのコメントに恐縮です。
他のドクターからも同様の質問がありますので、私の環境を披露します。
SPIの書き込み器は、私はCH341Aを使っています。
まあ、おいしいコーヒーが飲める程度の金額ですよ。
https://ja.aliexpress.com/item/33054397283.html
書き込みソフトは、以前に大泉院長から教えていただいた巷のものが、
Win11でも使えております。
当方の、頒布セットのサンプルプロジェクトにも同梱しておきます。
今一度、再ダウンロードしてご確認いただきたくお願いします。
なお、SOP8タイプのSPIを使われるときは変換基板に載せてからか、
SOP用のICソケットアダプタがあれば重宝します。
Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2024年05月27日(Mon) 10:00
Dr.わたなべ様
AVRスターターセットの頒布準備、大変お疲れ様でした。

AVR系のATTINYはPICに比べると、使いやすいし書き込み機が中華製のUSBシアルでできるからいいですね。スタータセットで最初の一歩が踏み出せれば、あとはお互いに互助していければいいですよね。
私も微力ながら応援したいと思います。

さて質問ですが、フラッシュメモリICへの書き込みはどうされてますか?
私はTL866IIという中華製パラレル書き込み機(6500円くらいで数年前に購入)で、TINY85も含めHEXファイルを書き込んでいます。いまは値上がりしているので、ここも敷居が高いかもしれません。
また、SOP8なので、一旦DIP変換基板に載せて書き込みをしないといけません(専用の基板を作ると、一旦変換基板に載せて書き込み、外して専用基板に実装となります)
お手すきの時に、ご教示いただけますと幸いです。
Posted by:トドお父さん  at 2024年05月27日(Mon) 09:40
壊れる前のオリジナル音源を電子データで保存しておけば、いざ「マイコン換装」の際に役に立ちます。
実は、4月に新パソコンに更新してから、満足な録音が実現できずに困っております。
そこで今度から、スマホで簡単に録音する方法を勉強中です。
できれば、おもちゃのスピーカ出力端子から直接ライン入力で録音できれば最良です。
皆さまは、どんな方法ですか?
パソコンでの動画音声の録音については、下記の動画がすごく参考になりました。
https://youtu.be/9jRQ6osMsUM?si=4YDIZTbBIxtUAyNT
音声データへの変換方法は、つつじが丘おもちゃ病院さんのツールを利用しています。
ご本家の電子オルゴール+音声再生のプロジェクトのダウンロードに同梱されてます。
Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2024年05月27日(Mon) 00:00