• もっと見る

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
診療記録の検索
検索語句
種類別アーカイブ
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
2023年末、ショベルカー、軸受け破損で再入院 [2024年01月01日(Mon)]

昨年11月末、やまのい診療所にて預り入院の常連さんたち、4点とも再入院。

2点目は、ショベルカー (再入院)
231229_yamanoi (4).jpg

症状:アームの根元が破損した
治療:シリンダの穴径を少し拡げる
   プラ板で欠損部を補強・固定
   金属ワッシャーも併用した
退院:1月9日、やまのい診療所にお届け予定

小さなショベルカーは、子どもたちに大人気
材質は、金属とプラスチックが適所に使い分けられていて、感心する
ビス支点の受け側はプラスチック、可動アームの根元が破損
以前プラリペアで補修しが、再度破損したもの

【根本原因】

タイヤ側がプラ材、アーム側は金属材
231231_bucket (1).jpg

根本原因は、シリンダーピストンの固着
プラ製シリンダーの穴径を右だけ拡げる
231231_bucket (2).jpg

最適な滑り具合を確保しつつ、持ち上げたときにアームが自然落下しないことを確認


【対症療法】

壊れた根元の復元治療を試みる
プラ板で欠損型と補強板を作る
231231_bucket (3).jpg

2液式のエポキシ接着剤で固定、
だがビス受け強度不足で、失敗
231231_bucket (4).jpg

金属ワッシャー2枚重ねを挟んで
復元に再挑戦、写真のとおり成功
231231_bucket (5).jpg

ショベルアームを上下させて機能復元を確認し、これにて退院とする
しばらくはこの状態で、元気に遊んでいただきたい
今回の治療術式でもなお強度不足は否めず、言わばリハビリ状態での退院であり、いずれまた来院されるであろう(予感)


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント