• もっと見る

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
診療記録の検索
検索語句
種類別アーカイブ
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
231110 ボクは運転手!おでかけドライバーハンドル(各部破損) [2023年11月13日(Mon)]

ボクは運転手! おでかけドライバーハンドル
2023年11月10日、のう診療所受付


【概要】

使い込まれてはいるが、とても愛着があるとのこと、
そうと聴けば、おもちゃDrの治療も、気合が入るのは当然。
いつもお世話になっている、能生保育園から持ち込まれたもの。

231110_DriveHandle (1).jpg

初診担当医の「固定と回転の両立が厄介」との情報で、さあ主治医は頭をひねる。

症状:ハンドル部分が取れた
治療:申告ないが、始動SWがグラグラ
   ウィンカーレバーが紛失している
   ハンドル部は固定用補助板を自作
   始動SWは正常機能を確認
   ウィンカーは接点も折損したため
   代わりに別途ハザードSWを増設
   サプライズプレゼントとする
退院:11月13日、保育園にお届け退院済

【問診・症状分析】

以下、診療状況を手順を追って(写真多めで)報告する。

1歳児クラスの園児が大好きな車のハンドル
取れてしまって危ないので、遊ばせられない
231110_DriveHandle (2).jpg

付け根部分のプラ部品の割れが認められるが
割れた破片がなく、固定されていた状況不明
231110_DriveHandle (3).jpg

単にハンドルを固定すると、回らなくなってしまう
ハンドルが回り、かつ、抜けないようにするには?
231110_DriveHandle (4).jpg

4つの爪のうち2つが割れ、2つは正常のように見える。
割れている2つの爪はどんな形状だったか、欠片もないので不明。

割れた2つの爪が引っかかっていれば、抜けてこないのでは?
正常な2つはどのような役割をしているのであろうか?
爪にこだわらず発想転換が必要かも知れないが、独断で判断しない方が無難。
慎重を期して、セカンド・オピニオンの手順を踏むこととする。

毎月の医局会での臨床研修で、ドクター間の連携医療体制は確立されている。
相談の上、精密検査から主治医をバトンタッチ。


【精密検査】

全体状況を把握のうえ治療方針を立てる
始動SWのバネが弾力性が弱くグラグラ
231110_DriveHandle (5).jpg

既存シールの剥がれ具合から使用感が漂う
ウィンカー部分は、そっくり紛失している
231110_DriveHandle (6).jpg

ハンドル中心のクラクションは正常なので
この機能は残しつつ、治療方針を検討する
231110_DriveHandle (7).jpg


【治療方針】

ハンドルを持ち上げたときに、おもちゃ全体の重量がかかるので、外側に向けて出ていた黄色素材の爪突起部が破損したらしい。(割れた部分が白く見える)
内側の緑色円筒は、外向きの爪が内側に逃げないように、あとから挿入したものと思われる。
折れた部分の厚みが1ミリにも満たないので、ピンを打ち込んでの爪復元は困難と判断。

爪復元に代えて、固定用補助板を試作
ハンドル回転に干渉しないで縛り付け
231112_DriveHandle (1).jpg

試作案は失敗、クラクションが鳴らせない
中心に穴を開けた補助板を型紙で作り直す
231112_DriveHandle (2).jpg

上の写真で点線が補助板の位置、ツバ部は切除
これでクラクション軸に干渉しないことを確認
231112_DriveHandle (3).jpg

レバーはないが、ウィンカーの接点を点検
接触不良、原因は接点根元の半田クラック
231112_winker (1).jpg

修復を試みたが、半田直し作業途中で
板状接点が根元から折損してしまった
231112_winker (2).jpg


【治療完了】

厚さ1.2mmのプラ板で固定用補助板を自作
ハンドル回転、クラクション操作に干渉なし
231112_DriveHandle (4).jpg

直径0.45mmのステンレス線で縛り
結び目はクラクションの中で接着固定
231112_DriveHandle (5).jpg

レバー紛失したウィンカーは復元修理せず
別途、ハザードSWを増設してプレゼント
231112_winker (3).jpg

金曜日に入院預り、月曜日にお届け退院済
保育園からは、驚きと感謝のお言葉を頂戴
231112_winker (4).jpg


【診療後記】

まず、患者さまの基本情報・修理情報をできるだけ集めること。
そして、目の前のおもちゃをよく観察すると、意外な発見もある。

例えば今回のウィンカーSWは、実物のSW配線から追ってみると、
左右接点は共通で、ハザード点滅のトリガとなっていることが判明。
おもちゃドクターにとっては、別途SW増設のヒントとなった。

今回は、おもちゃクリニックゆりかご の誇る連携医療体制が功を奏して、早期退院につながった。

お客さまの望む治療はどこまでなのか、納得診療の大切さも感じられた症例だった。
治癒率向上を目指して既存機能の全回復をする選択肢もあったが、お客さまのニーズや全体状況から見て 冷静な判断 ができたものと、自分自身も納得できる治療だった。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント