CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
220107 ピカピカキーボードだいすき 分解点検 [2022年01月07日(Fri)]

アンパンマン ピカピカ キーボードだいすき

2022年の技術研修始め、最初は定番のキーボードだが、随分と年代物である


【経緯】

代替の完動品を保育園に寄贈し、この故障品は お下がりでご寄付 いただいたもの
おもちゃクリニックの冬休み期間中に、おもちゃドクター技術研修として 分解点検

時節柄、作業の前後には必ず 除菌 が必要
220107_anpanBOARD (1).jpg


【外観点検】

同シリーズの新型タイプのキーボードは、昨年の春先に治療 した経験はあるが
そのタイプより前の旧モデルで、鼻が電源スイッチで、操作ボタンの数が多い

電池BOX点検、少し電池液漏れ跡あるがスプリングは健在
220107_anpanBOARD (4).jpg

新品電池で機能点検、アンパンマンの鼻を押すと 電源スイッチ の入/切は良好
音階キー鍵盤 のうち2個だけ反応が悪いが、強く押すと音が出る程度で軽症
操作ボタン は、全般的に反応が悪いが、強く押すと感知はしていることを確認
COB基板や電子回路は正常だが、経年劣化によるスイッチ部の接触不良と推測

この旧タイプは、おもちゃ病院「ゼンマイ」さんが 詳しく回路解析済み



【分解点検】

持ち手部ネジの受側ボス破損、接着補強する
220107_anpanBOARD (5).jpg

主基板にはディスクリート部品、垂直のサブ基板はCOB搭載
220107_anpanBOARD (6).jpg

思ったよりキレイで、チップ部品は一つもない
220107_anpanBOARD (7).jpg


【整備治療】

20年前の基板、くし型の銅パターン面をプラ消しゴムで清掃
220107_anpanBOARD (8).jpg

電池端子は一旦、BOXから外した方が作業性が良い
220107_anpanBOARD (9).jpg

ルーターで研磨清掃後、接点復活剤をスプレー
220107_anpanBOARD (10).jpg


【整備完了】

このあと再組立てし、全機能が復活した ことを確認(最後の 除菌 も忘れずに)
おもちゃクリニック「ゆりかご」の新規開設を目指す保育園に デモンストレーション として持参し、そのまま寄贈 してくる予定


Posted by ToyDr.わたなべ at 00:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/353
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント