CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
おもちゃ修理「電子カルテ」
おもちゃドクターWの診療状況をPDFで保管、公開。
« Newピカピカキーボードだいすき(PIC換装でカスタムメイド) | Main | ものまね フクロウ 左肩脱臼か? »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
2.4GHz R/Cクロスカントリー車(ヒューズ交換)[2021年06月21日(Mon)]

糸魚川にも トレンドおもちゃ が、やって来ました!

「のう病院」で受付入院の、2.4GHz R/C クロスカントリー車
RCカー_00.jpg

症状:前進・後退ができないとのこと
   プロポからの送信電波確認済
   ステアリングはフルアクション動作確認済
治療:いよいよ、本体側も分解点検を実施
   受信機の回路解析中、故障原因を発見
   FETに電源を供給するヒューズが焼損
   より安全なポリスイッチに置き換える


【受付】のう病院では 随時受付
210510_のう病院.jpg
2.4GHzトイラジ
が、ついにやって来た(当クリニック初)

おもちゃリサイクル回収箱「ゆりかご」は、糸魚川市内5か所に常設
2021年5月、「のう病院」=能生児童館に持込みで診察依頼があったもののうち、これは、2.4GHz R/C クロスカントリー車(いわゆる ラジコンカー)
おもちゃなので、通称「トイラジ」と呼ばれる


【問診】by Dr.Toy-zawa

大型ラジコンは走らない(ハンドルは効く)、とのこと
プロポ送信機と充電アダプターも一緒に、セットで預り入院決定


【検査1】by ToyDr.わたなべ

おもちゃドクター"診察手順" を守り、理論的に手順前後しないよう留意
新米の頃は本体から分解したくなるが、まず、送信機からスクリーニング検査


ステアリングは、フルアクション機構
前進・後退は、プロポーショナル操作
RCカー_08.jpg

スロットル部は、5Kオームの可変抵抗あり
操作角に応じてモーター回転数をコントロール
RCカー_09.jpg

操作角に応じて 抵抗値が変化することを確認
送信用 ICは SOP16 、型番がなく詳細は不明
RCカー_10.jpg


続いては精密検査、2.4GHz 帯を検査するためには、チェッカーが必要
目に見えない電波を捉えて、可聴音やオシロ信号を出力してくれる
人間でいえば 聴診器 みたいな役目をする、ドクターの必須アイテム

とは言え、当クリニックでは誰も持っていないではないか。あわてて
先輩ドクター(つつじが丘おもちゃ病院Dr.大泉院長さま)に依頼
RFパワーデテクタ(増幅器付)モジュールを入手、空きケースに収める
RF_checker_amp (1).jpg RF_checker_amp (2).jpg


今回のラジコンはメイドイン・チャイナ、メーカー不詳、2.4GHz だけの情報
送信機のスイッチを入れてから、車体側のスイッチ・オンで、ペアリング完了
RFチェッカーからは、スティック操作に応じて(検知音の)音が変わる
右折・左折のほか、前進・後退も、それぞれ別々の音程に聴こえるので
一応、送信側は正常だと仮定して、本体側の診察に向かうこととする




【検査2】いよいよ、本体側も分解点検

前進・後退は FET(CMP50N03・CMP40P03が 2対)搭載
ニッカド充電池で 9.6V仕様。シルク印刷で 2.4Gとの表示
RCカー_02.jpg


RF受信+デコーダは 型番不詳、ステアリング用は MX622A
AMS1117(レギュレータ)で、RF部に 3.3V を供給している
RCカー_04.jpg

今回のラジコンは「ハンドルは効く」という症状から、RF回路は正常と推測できる

続く精密検査で、3年前のおもちゃドクター養成講座(実践編)で製作の
「ラジコンモーター回路検査具」を使いたいが、使用手順が思い出せない

先輩 Dr.(おもちゃ病院 鴨島診療所Dr.大西さまに相談
今度は別の空きケースに収め、何とか臨床検査の環境を整備
H_Bridge_checker (1).jpg H_Bridge_checker (2).jpg

【治療】

受信機の回路解析中、故障原因を発見


受信機の回路解析、FETドライブで抵抗数が多い
(真ん中あたりのポリスイッチは既存ヒューズの代替)

RCカー_14.jpg

FETに電源を供給するヒューズが、何と 2.5Mオーム
長時間の連続走行に耐え切れず、焼損したものと診断
過電流を遮断する、安全なポリスイッチに置き換える
RCカー_13.jpg RCカー_12.jpg


取りあえず応急処置して、動作確認の途中だが
ここでお客さまに、治療状況を動画で中間報告


H-ブリッジが正常なら、チェッカーのLEDが4個とも半点灯
プロポ操作では、操作角に応じて、LEDの明るさも追従変化
何度見直しても(原理は分からないが)良くできたチェッカー



【退院】

この動画のあと、慎重に組み上げて、実機にて最終チェック
その結果、スロットルレバーで、前進・後退することを確認
さらに、レバー操作角に応じたスピード・コントロールも、確認済

お待たせしました。これにて治療完了

ドクターから連絡があり次第、退院のお迎えに来てください



【ダウンロード】

2.4GHz帯の R/C おもちゃは、当クリニックでは初めての症例
いざ、患者さまが来てから準備開始とは、毎度、お恥ずかしい限り(反省しきり)

今回も、先輩ドクターの皆さまからアドバイスを受けつつ、何とか治療完了までこぎつけた
あらためて感謝申し上げるとともに、さらなる精進を重ねることを誓う

今回の診療にあたって集めた資料は(感謝を込めて)、当方の共有フォルダで公開する

この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/328
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント