CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
クリスマス帽の犬のぬいぐるみ Gemmy 210307 [2021年03月08日(Mon)]

電話連絡にてリモート問診を実施
今回も、ショートメールであいさつの後、お客様のご自宅からお電話をして貰ったので、落ち着いてご相談を聴けたのがありがたい。(リモート方式での思わぬメリットを実感)


2021年3月6日、「ひまわり病院」に3点の診察予約あり
診察申込書は ひまわり保育園からToyDr.の自宅に FAXで転送
210306_ひまわり_00.jpg

クリスマス帽の犬のぬいぐるみ Gemmy、音楽が鳴らない
クリスマスの曲に乗ってのダンスも、全く動かない
210306_犬のサンタ08.jpg

内部基板が固定枠から外れて、電池の(ー)黒配線が宙ぶらりん状態
赤は(+)、青と橙はモーター、茶は板バネスイッチ、白が耳スイッチ
210306_犬のサンタ00.jpg

基板があちこち動いて断線したと思われる
スピーカ配線も、今にも切れそうに見える
210306_犬のサンタ04.jpg


【治療状況】


左上穴の下のランドパターンが GNDで、リード配線の切れた痕跡が見える
この際、電池の(−)端子から基板までの配線を、新品に交換する
スピーカ配線もハンダ付け直して、どちらもグルーガンで動かぬように固定

治療中に他の配線が切れても復元できるよう
まず「手術前」の写真記録を忘れないように
210306_犬のサンタ06.jpg

白い配線を辿ると耳スイッチに接続されている
スイッチは分解清掃、配線を導通チェックする
「G」マークの内側に縫い付けて、動作確認済
210306_犬のサンタ02.jpg



【退院が待ち遠しい】

季節外れのお客さまでしたが、、、元気になって嬉しそうに、キレキレのダンスを披露してくれました!
今週末の 3月13日(土)、「ひがし病院」=糸魚川東保育園にて退院のお迎えを待っています。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/charts/archive/314
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント