CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
種類別アーカイブ
診療記録の検索
検索語句
タグクラウド
最新の診療記録
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※修理技術に関すること以外で、おもちゃ病院に関するご意見・ご感想等がありましたら、ぜひ下のブログからコメント入力してください。
ゆりかご日記
201223 ミニデジタルピアノ「ポンピー」 [2020年12月26日(Sat)]
能生児童館に寄贈いただいたミニピアノの治療報告

25鍵のうち5鍵の音が出ない。音がとても小さいとのことです。
今回も、Dr.Toy-zawa からの治療報告を画像で公開します。

(画像クリックで拡大)
201223_ポンピー_00.jpg


音が小さいのは、これが原因 でした。
スピーカーのマグネットが外れて位置ずれ。
本体の落下や振動などのためかと思います。
201223_ポンピー_02.jpg

外れたマグネットを元の位置に戻そうとも思いましたが、
ボイスコイルの薄紙の端がめくれ上がっていました。
201223_ポンピー_04.jpg

元のスピーカー(直径 57mm 8オーム 0.3W)を、
ほぼ同規格(0.5W)のスピーカーに取り替えました。
201223_ポンピー_06.jpg

おあつらえ向き。ちょうど、ピッタリ! です。
同規格のスピーカーを持っていたのが幸いでした。
201223_ポンピー_08.jpg



次は、5鍵盤の音が出ない症状の治療です。


基板パターンのクリーニングは、
プラスチック消しゴムが効果的でした。
201223_ポンピー_12.jpg

鍵盤の接点になる導電ゴム部分に6B鉛筆をしっかり塗り付けました。
201223_ポンピー_14.jpg

基板パターンの清掃と共に、これは効果があったようです。
201223_ポンピー_16.jpg

鳴らない鍵盤、音がかすれていた鍵盤など
全部の鍵盤の音が出るようになりました。
201223_ポンピー_18.jpg

3つのスライド接点(電源と音量、音色、録音)も清掃。
スイッチ金具は接点洗浄剤、基板側は鉛筆塗りしました。
201223_ポンピー_20.jpg

治療中に電池マイナス側の黒い配線が切れたので、
電線を継ぎ足して治療完了。動作確認 OK! でした。
201223_ポンピー_10.jpg


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
Dr.Toy-zawa さん、お疲れさまでした。詳しい情報提供をいただき感謝します。
このブログ、おもちゃ修理「電子カルテ」は、私が上越おもちゃ病院で修業中の頃からの個人的メモから始まり、「上越おもちゃ病院」の活動紹介も兼ねて充実してきたもの。
定年退職を機に5年前に独立し、糸魚川を拠点に「おもちゃクリニックゆりかご」を開院してからの症例も、どんどん追加更新していく所存ですので、今後とも宜しくお願いします。
Posted by:ToyDr.わたなべ  at 2020年12月26日(Sat) 09:00